もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Andre Clouet (アンドレ・クルエ) AOC Champagne Brut「Grande Réserve」NV 





 【Xmas特別企画】「ハレの日に飲むシャンパーニュ/ワイン特集」
シャンパーニュ特集2016_1
 Tag



 前回の「ナチュール」に引きつづき、アンドレ・クルエの、ヴァージョン違いの「グラン・レゼルヴ・ブリュット」を頂きます。違いは「ドサージュ」と呼ばれるリキュールによる「糖類添加」の有無で、これは「有り」のヴァージョン。

「糖類添加」と聞くと、日本酒党の人は「邪道な!」と思われるかもしれないけど、シャンパーニュでは、醸造レシピとしてはそれが普通で、むしろ「糖類無添加」のヴァージョンの方が圧倒的に少数派です。意識的かつマニアックにシャンパーニュを愛飲している人間でもなければ、まず「ナチュール=ドサージュ無し=糖類無添加」のヴァージョンを飲む機会はないでしょう──と言えるくらい少数派です。



 ▼こちらが同じシャンパーニュの「ナチュール」版。
 



 ご存知の通り、読者のサンジュリアンさんが薦めてくれた、日本酒で言うと、家族経営の地酒のような、小規模醸造所のシャンパーニュです──2000年代に入るまで、こうしたシャンパーニュのほとんどは、一般的な市場に出回っていなかったそう。

 シャンパーニュの原料には「白葡萄 (シャルドネ) 」と「黒葡萄 (ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ) 」があって、市場に出回るほどんどのシャンパーニュは「白黒のアッサンブラージュ (ブレンド) 」なんですが、このアンドレ・クルエは「黒100%」──つまり「ブラン・ド・ノワール」です。「ナチュール」よりも酸味が弱いけど、Bodyはふくよかみたいなので、そこを意識しながら飲んでみます。

 シャンパーニュについて語れるボキャブラリーが全くないので、今回は写真多めで (笑) 。




Andre_Clouet_brut6.jpg
 ▲コルクの上面に付いてるキャップをコレクションしている人も多いそう。


Andre_Clouet_brut1.jpg

Andre_Clouet_brut2.jpg
 bottle size:750ml






◤本日の1曲♪ <場外市場>


 ▶︎Robert Kraft - What Price Glory (1982)
 

 ちょっと気取ってセテー (City) なAORなんぞを。





◤アンドレ・クルエ AOCシャンパーニュ ブリュット「グランド・リゼルヴ」NV

ANDRE CLOUET (by 株式会社ヴィントナーズ) :http://www.vintners.co.jp





 今回も下の動画のおかげてスマートに開栓できました。あれですよ、ポンポンと栓をロケット発射してるうちは素人ですよ──知ったかウザイ (笑) 。


 シャンパン──音を立てないスマートな開け方3つのポイント
 (RIEDEL OFFICIAL BLOG)


 
 ▶︎http://www.riedel.co.jp/blog/others-blog/2014/cork-sparklingwine (テキスト)



 立ち香──まずは瓶口から。おう、これは明白に「ナチュール」より香りの発散がキャッチーで華やか。リンゴの蜜、洋梨、優しいフローラルなアロマ。確かに鋭い酸の先読みはないかも。相変わらず「安い白ワイン」のような酒感が皆無です。無理しても疲れるので、写真メインで参ります。




Andre_Clouet_brut3.jpg




 まずは「日本酒用」のグイ呑みで含みます──。

 あ、これは何ともカジュアルなサイズ感。酸の出方が優しく感じるし、Bodyに球体感があって、オレの知ってる日本酒に喩えると、柑橘系の酸の出てる「冩樂」なんかを少し思い出した──もちろん、シャンパーニュの方が何倍も酸っぱいけど、Bodyの佇まい的に。

 moukan1973♀は♡☺♡「ああ、これは飲みやすい! ていうか、よく知ってるシャンパンの味!」と言ってる。

 オレとしては、先に「ナチュール」という葡萄100%のピュアVerを呑んでるので、少し飲むという行為に対するエンタテインメント性──笑っちゃうくらい酸っぱいとかの騒ぎっぷり──が削がれてしまうような気がするが、香りや味わいの広がりは圧倒的にこっちの方がある。




Andre_Clouet_brut4.jpg




 リーデルで──。

 香るねえ。♡☺♡「すごいリンゴを感じる!」──日本酒のリンゴ的ニュアンスとは違うけれど、酸に象られた (かたどられた) フルーティネスのコアに蜜様の甘み、少しオイリーなヌメリがある。

 ♡☺♡「わたし、シャン、好きかも。ALC.度数が低いから気軽に飲めるのがいいし、気分もなんだかゴージャスになれる。冷蔵庫に常にストックしてカジュアルに朝から呑んでるデューク更家の気持ちが今わかったかも (笑) 」──わかったの、そこかい。




Andre_Clouet_brut5.jpg




 確かにBodyは「ナチュール」よりある。そして凝縮へと向かう曲線はなだらか。「ナチュール」の一点に向かって全てがビッグクランチするような凝縮感も好きだけど、これは何も考えずに飲めるタイプかもしれない。アフターに安っぽい白ワインのような「酒感」が全くないのがいい。果実酒としてのストレートな無垢さを感じるよ。そう、エレガントというよりは、ピュアで飾り気のないルック。

 温度が上がってくると、確かに少し焦げたトーストの表面ようなイースト香を感じる。ハッキリとオイリーなヌメリも出てきた。奥からナッティーな、丸みのある甘みも。

 ♡☺♡「焼きたてのトースト、わかるぅ〜。油っぽい感じある〜」──と、バカ舌 (だがパン好き人間) のmoukan1973♀ですら分かるレベルにハッキリとある。

 ここらで☆3コンビに再登場願おうか。



 ◤天明 - 中取り零号 純米 瑞穂黄金 おりがらみ本生 28BY
Andre_Clouet_brut7.jpg


 ◤豊盃 - 純米大吟醸 大寒仕込み 27BY
Andre_Clouet_brut8.jpg




 まず「天明」だけど、この順番でも最後が苦いな。ダメだ。むしろ、雑さが全面に出ちゃう。ピュアさから程遠い味わい。これ、火入れをお燗にして飲むべき酒のような気がして来た。

 次に「豊盃」だけど、シャンパーニュの後でも特別に「甘くて華やか」というわけでもない。やっぱ最後が渋い。この流れの中で飲んでもどちらもイマイチ。

 ♡☺♡「オイ、酒ねえぞ〜!
 dಠಠb「ビール、飲んじゃう〜?
 ♡☺♡「いいね!



 伊勢角屋麦酒 - ブラウンエール
Andre_Clouet_brut9.jpg

Andre_Clouet_brut10.jpg




 ウホ、こりゃ、そこらの国産大手の黒ビールくらいのBodyがあるわ (笑) 。黒も買ったけど、この分だと、そっちは逆にどうなるんだ!?

 定番の「ペールエール」より苦味のパンチもあって、やや中途半端な位置付けなのか。このタイミングで飲むには少し重いか (笑) 。

 あ、横で寝てますよ、moukan1973♀。

 dಠಠb「おいっ!
 ♡☺♡「んっ


 少し飲みすぎましたが、日本酒は少しだけなので、すぐに冷めました。なんだかんだでシャンパーニュは軽いし、食事のお供としての気分の高揚感もあるので、たまに飲むと楽しいかも。個人的には前回の「ナチュール」の方がインパクトあって楽しめたけど、こっちは王道というか、バランス感のある、極めてこなれたカジュアルさが魅力。もう一度買うならオレは「ナチュール」かな。


moukan1972♂






ブラン・ド・ノワール Andre_Clouet

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

サンジュリアンさん、あけましておめでとうございます。
本年も我々夫婦を新たなる美酒に導いてください。
月一シャンパーニュは程よい息抜きになります。
日本酒と違って露骨にハズレないのが安心できます。

なんかバタバタして新企画の準備は全くしてませんが、moukan1973♀の実家からお歳暮の「白鹿 純吟 生貯蔵」という地雷酒を持ち帰ってきたので、まずはこのへんからチャレンジですね。

そう、これは飲み手によるチャレンジ酒 (笑) !


2017.01.01 Sun 12:30
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 謹賀新年

モーカン夫妻
謹賀新年 今年もよろしくお願いします。
誰か忘れましたが、ワイン評論家が所謂高級ワインで最もCPが高いのがシャンパーニュであると言ってます。ブルにしろボルのワインだと畑が特定できる物だと、デパート価格最低¥5kは出さないと手に入りません。
地理的及び品種的にシャンパーニュに一番近いブルの白と比べれば、同等クラスの物が半値以下で手に入ります。作る手間、コスト、そして何よりも素敵なバブル付きの豪華さ、シャルドネの一級なら¥10kオーバー、特級ならその2-3倍しますが、上手に買えば¥5k以下で特級(GC)が買えるシャンパーニュはもっと注文すべきワインだと思います。奥方と共に月一位でシャンパーニュを取り上げて日本の呑んべい向けに布教活動して下さい。
2017.01.01 Sun 09:29
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

やめて下さい、買わずにはいられなくなります (笑) 。

シャンパーニュも日本酒の合間に気分転換に呑むにはなかなか楽しいですね。赤や白の同じ価格帯のモノより気軽に飲めますね、なぜか。赤白のスティルで4,000円オーバーは少し肩に力入りますが、シャンパーニュだとスイスイと。

ヴーヴ・フルニは人生初の「ブラン・ド・ブラン」なので楽しみですね。次は「ドサージュ有り」から飲んでみます。「ナチュール」が先だと、なんか「ドサージュ有り」が少し退屈に感じてしまいそうなので。
2016.12.31 Sat 23:19
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

この系列の最高峰はエグリ ウーリエだと思います。BBのセロスBNウーリエがRMの最高の作り手だと認められて居ます。
特にBNで今まで飲んで最高と思ったのが、ピノムニエ100%のこれ
http://item.rakuten.co.jp/donguriano/swr01030401/
ピノノアールのBNは高すぎて買う気にならないですが、これだとまだ手が出ます。
2016.12.31 Sat 14:49
Edit | Reply |  

Add your comment