◤東洋美人 - 純米大吟醸 特吟 播州愛山40 27BY ── dಠಠb「蔵で寝かし杉、愛山40の高級酒に余計な熟香は死んでも要らない」#High Grade 




toyobijin_tokugin27by2.jpg 山口の東洋美人です。つい最近、12月15日に行われた「日露首脳会談 (ワーキングディナー) 」にて「東洋美人 - 壱番纏」が出されたことでも話題になってました。

 ◎SANSPO.COM
 プーチン氏、日本酒に関心「銘柄は?」「獺祭」ではなく「東洋美人」


 2013年の7月28日の大水害 (Wikipedia) で蔵が甚大な被害を受け──人気だった「番地シリーズ」の米を作っていた田圃も被害を受け、25BYからは商品数を絞り、「原点」という銘柄を、26BYからはその原点からの第一歩という意味を込めて「一歩 (IPPO) 」という銘柄を主軸に、米違いで (麹米は全て山田錦40で) リリースしてます。そのへんの苦労や葛藤や感動秘話は『日本酒ドラマチック 〜進化と熱狂の時代〜 山同敦子 著』という本の中で熱く書かれています。


東洋美人_澄川杜氏 また、杜氏の澄川氏 (写真右=moukan1973♀と同い年) については、かの十四代の高木氏が「唯一の弟子」と認めているエピソードはあまりに有名──東京農大3年の時に研修生として高木酒造で学ぶ機会を得て、また、当時28歳の高木氏にとっても、研修生を受け入れたのは後にも先にも澄川氏ただ一人であり、その際、彼はマンツーマンで酒造りに関する専門的なことを丁寧に教えたらしい。

 そんな「十四代の秘奥義」を知る数少ない造り手として東洋美人が世に問う特別の酒──それが今回の「特吟 愛山40」というわけ。この特吟は2013年以来リリースがなかったみたいだけど、去年に復活。オレの買った店のポップには「3年ぶりに発売となりました」とあったけど、ちょっと調べたら去年も出てるし、うちの読者さんも去年のリリースを確認してます。

 4合瓶で4,320円 (税込) なので、不味かったら「金返せ!」という怒りが込み上げる、極めて危険ゾーンな酒ではあります。




 ▼澄川酒造場 (東洋美人)

 photo: 山口県酒造組合/山口県酒造協同組合


toyobijin_tokugin27by1.jpg

toyobijin_tokugin27by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆

【260】東洋美人 純米大吟醸 特吟 播州愛山40 27BY <山口>

株式会社 澄川酒造場 (by 山口県酒造組合/山口県酒造協同組合):http://y-shuzo.com


Moukan's tag:




※実は土曜に開けてます。「篠峯 八反26BY」の後なので少し分が悪いですが。


toyobijin_tokugin27by4.jpg 立ち香──香りは穏やか。わりとズキューンと小さな的を射抜くような力強い酸も感じるけど、やはりフルーツ換算だと、疑いようもなく白桃。これは冷たすぎるとツンケンしそうだ。ワンテンポ遅れて、ムワチャカ (まさか) の〝いなたい熟香〟も出てきたような、ないような。これは雲行きがヘジャー (ひじょう) に怪しくなってきた。

 覚悟を決めて含みます──。

 はい、これは明らかに、出荷までに寝かしすぎ。しっかり熟香が付いてます。別にそれ自体は苦手じゃないし、むしろ好きなくらい。でも、これを「古酒」や「熟成酒」を謳ってない「通常品」のカテゴリーの、しかも「愛山40」でやっちゃダメ。こういう味にしたいのであれば、買ったこっちが自分の嗜好に合わせて勝手に熟成されればいいだけの話。こういう高い酒で──特になんの説明もなく、一方的な熟成キャラクターを押しつけちゃいけない。

 全体的な香りや味わいの輪郭は紛れもない「東洋美人」だけど、ここまで余計な熟香が付いてると、「どうしようもない美人」になってしまう。「桃のお酒」というニュアンスはハッキリあるけれど、どうにも渋いし、この、まるで火入れの純米酒を常温で半年放置したみたいな〝米感〟は明らかに余計。ひとまず初日はダメ。


toyobijin_tokugin27by5.jpg リーデルで──。

 はい、よりハッキリと熟香がわかります。何度も言うけど、別にこれ自体が嫌いなわけじゃない。ただ、4,320円の愛山40で最初からこれがあると分かってれば絶対に買わないという話な。

 ここで一つの仮説を立ててみる。

 これ、本当に27BY? 

 正規特約店で発売と同時に買って、ラベルのクレジットは「'16. 11.」なので、普通に考えれば、27BYと誰もが思うわけだが、仮に最終仕込みで5月頃に搾って蔵で寝かせてから──味を乗せてから出荷させるにせよ、冷蔵管理であるなら、わずか半年程度で火入れの酒がここまで熟すかという話。つまりさ、前説で触れた<買った店のポップに「3年ぶりに発売となりました」と書いてあったというエピソード>──実はこれ、あながち間違いではないんじゃない?

 ズマチ (つまり) !

 26BYの売れ残りの案内を一部の店に送って、それで注文を受けて、「'16. 11.」の判を押して出荷したと。そうじゃなきゃ、普通ここまで熟すか? ま、それを差し引いても大した酒じゃないんだけど。

 愛山40だろ? 味や香りが薄くてもいいから、せめて流麗な味曲線でウットリさせてくれよ。田舎臭い香りの付いた渋い桃フレイヴァーな純米大吟醸なんて、マジ要らねえから。月曜に蔵元に電話して真相を突き止めてみようか。もしもこれが27BYなら☆2ですね。高い酒に余計な香りを付けちゃ、絶対にいけない





── 2日目の昼。



toyobijin_tokugin27by6.jpg



 夜も少し味見するけど、軽く昼間に試飲。

 ひとまず、香りからは──完全ではないが──、熟香は取れた・・・と思う (思いたい) 。全体としては、相変わらずいつもの「東洋美人」的なピーチなニュアンス。ややミルキーな膨らみも出てきたけど、「Ippo (一歩) 」との明白な違いまではわからん。

 少し渋いかなー。というより、「愛山40ならもう少し麗しい透明感を見せてくれよ」と言いたくなる時間帯ばかり。そう考えると、「雨後の月 - 純米大吟醸 愛山」はあれでもマシだったんだと感じる。

 ダメですね。非常に〝雑な味わい〟です。「愛山100%使用」ではないにせよ──麹米:山田錦40──、1800mlで3,240 円の「Ippo 愛山50」よりも、「愛山100%使用」の、この720mlの方が高いとか、本当にあってはならない話だと思います。あなた、高い酒を造りたいの? それとも旨い酒を造りたいの? どっちなのさ。



── 2日目の今。

 こんな酒を晩飯と一緒に飲みたくないので、今ここで最終確認。

 香りからは明確な熟成香は消えた──薄らいだけど、含むとハッキリと熟味を感じる。これ、本当に要らない。やっぱ少し渋い。愛山らしいエレガンスからは程遠い。造った本人はこれを飲んで本当に「旨い」と思ってるのだろうか。ややアルコールの浮きもある。だったら最初からアル添にしてツルツル&スベスベな大吟醸にしてくれよ。


 書ける──能力があるから書いてるけど、一言で済ませるなら、高くて旨くない酒です。以上。

 月曜に蔵に電話して「27BY」なら☆2に格下げします。宝剣の「桃の天然水」における〝元ヤンの背伸び〟の方がまだツッコミ甲斐があったわ──見所はないけど。

 今オレが心の底から思うのは、これ、プーチンに出さなくてよかったね──ということ




── さっき蔵に電話した。


 結論から言うと、27BYで間違いないそうです。

 電話に出た男性が澄川杜氏かはわからんけど──たぶん別の蔵人だと思う──だって、これ「まだ飲んでない」と言ってたもの──、わかる範囲でオレの質問には答えてくれた。正確な搾った時期は調べないとわからないけど、少なくとも仕込みを終える4月・5月の時期までには搾って、瓶で囲って蔵で冷蔵貯蔵して11月に出荷したとのこと。

 dಠಠb「かなり熟成香が付いてるんですけど、そういう商品なんですか?」
 蔵人一応、そういう商品ではあります・・・
 dಠಠb「つまり、ある程度、蔵で味を乗せてからこの時期に出荷するっていう」
 蔵人はい、そうです

 なんかオレ一人がベラベラ喋って終わった5分弱だったけど、一応、言いたいことは全部言った。



▪︎まるで火入れの純米酒をJO (じょうおん) で半年放置したみたいな熟香が付いてる。
▪︎熟成香それ自体は嫌いじゃないけど、素敵な値段の「愛山40」でこれは要らない。
▪︎商品コンセプトが「熟成」にあるなら、ラベルで説明するべき。
▪︎予めそれがわかってれば買わない。
▪︎「東洋美人」のお酒は基本的には好きなので、28BYの仕込み頑張ってください。




 もちろん、ちゃんと丁寧に朗らかに言ったぞ (笑) 。720mlで4,320円もする純大──しかも「東洋美人」の愛山40で、この熟香は絶対に要らない。だったら「お燗用」に1,200円の火入れ純米酒でも買って、残りの3,000円で一升瓶のIppoを買うわ。中には「古酒」が好きな人もいるだろうし、逆にそういう人向けにこそ、そこはちゃんと説明してコンセプトを明快に伝えた方がいい。ま、「古酒」まで行ってりゃ、それはそれで別の楽しみ方もあるけれど、基本的な香りや味の輪郭が「東洋美人」で、そこに中途半端な熟成香と重たい渋みが付いてる酒をこの値段で買うバカはいないでしょという話。

 ☆2に格下げします。


moukan1972♂






日本酒 東洋美人 愛山

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To Guestさん

メッセージありがとうございます!
moukan1972♂です。

以前はmoukan1973♀ (妻) の感想を再構成して、僕がナリスマシで書いたりもしてたんですが、いろいろありまして、最近は「ほぼ100%」僕の感性で書いてますが、一緒に飲める時は、これでも彼女に感想を振ってはいるんです。

ですが、ボキャ貧なので、なかなか記事にできるようなワードを語ってくれないんです (笑) 。ちょこちょこ引用するようにはしてますが、正月休みになったら、少し意識して彼女の感想などもカットインさせてみようと思います。

個人的に「対話文」とか書くの、ヤバイくらい大得意なんですが、それをやると一つ一つの記事が創作物 (脚本のよう) になってしまい、記事を書き上げるのに時間がかかってしまうんですよ (笑) 。

でも、なるべく意識してmoukan1973♀の感想を拾ってみますね。リクエストありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

moukan1972♂

2016.12.26 Mon 19:27
Edit | Reply |  

Name - Guest  

Title - 

良いブログを発見できました。
これから定期的に見ます。
普段嫁と飲むので、奥様のコメントも多くみたいです。
2016.12.26 Mon 19:18
Edit | Reply |  

Add your comment