ტ 本日までの留学生 ── dಠಠb「基本、オレはシツコイんだよ」#シャンパーニュ, シャンパン, アンドレ・クルエ, ヴーヴ・フルニ 




 【Xmas特別企画】ハレの日に飲むシャンパーニュ/ワイン特集!
シャンパーニュ特集2016_1




 毎度アクセスありがとうござます。

 つい先日「アンドレ・クルエ シルバー・ブリュット・ナチュール」を飲んで、素人丸出しに「シャンパンは何を飲んでもシャンパンだ」みたいなことを言ってましたが、まだ750mlボトルを丸々しっかり家呑みした経験は──記憶にあるだけで3回か4回くらいしかないので──、この機会に一気に畳み掛けます。

 思いのほか、シャンパーニュを飲んでる間に「イマドキ日本酒の生酒」を挟み込むのが面白かったので──スゲえ香るし甘く感じる──、週末の新たな楽しみになる可能性もあります。それにシャンパーニュはALC.度数が日本酒に比べて低いので、間接的な休肝になるしさ (笑) 。




本日までの留学生2016_12_22





ტ 本日までの留学生


◤アンドレ・クルエ グラン・レゼルヴ・ブリュット NV
◤ヴーヴ・フルニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット・ナチュール NV
◤ヴーヴ・フルニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット NV


※写真クリックで購入ページにJUMP。尚、アフィリエイトはやってません (笑) 。


 購入ポリシーは明確で、まず、前回の「アンドレ・クルエ」が「ドサージュ無し (澱引き後のリキュール添加無し=糖類添加ゼロ) 」という、日本酒で言うところの「純米酒」──つまりシャンパーニュにおける「純葡萄酒」だったので──ただしシャンパーニュ全体においては「ドサージュ無し」というジャンルは圧倒的に少数派──、今回は、それの「ドサージュ有り」(写真左) ──つまり、一般的なスタイルのモノを比較目的で買ってみた。

 確かに「ナチュール (ドサージュ無し) 」の、まるで焼いた海苔のように舌の表面が収縮する鮮烈な酸というは、初心者にとっては少し面食らうレベルではあったけれど、「ドサージュ有り」だと、それがどう緩和されているのだろうか──全く「違い」がわからなかったりして (笑) 。


 あとは、葡萄品種の違いです。前回と今回のアンドレ・クルエは「ブラン・ド・ノワール」──つまり黒葡萄 (ピノ・ノワール100%) 使用です。一方、ヴーヴ・フルニの「ブラン・ド・ブラン」は白葡萄 (シャルドネ100%) 使用の、いわゆる〝白の白シャン〟で、その同じ造り手の同じランクの商品の、「ドサージュ無し」(写真左下の紫ラベル)「ドサージュ有り」(写真左の白ラベル) をそれぞれ買ったというわけ。

 どう? 別に難しい話でもないでしょ? いちいち「日本酒」に置き換える必要もないけど、まあ、簡単に言うと、前回は「雄町」の純米を飲んだから、今回は「雄町のアル添」と「山田錦の純米&アル添」を買ったと、ざっくり言えばそういうこと。


 ただし!


 ロゼを除くシャンパーニュの場合、市販に出回ってるほとんどのタイプは白黒のアサンブラージュ (ブレンド) です。なので、黒100%、白100%のシャンパーニュ自体、実はかなりマニアックだそうです。さらにそれらの「ドサージュ無し」ともなると更にマニアックというわけ。なので、正しく「日本酒」のそれと比較する意味はないのだけれど、造りのスタイル面での対比は可能だと思ったので、引用してみました。


 すでに買ってある「ガストン・シケ スペシャル・クラブ 2008」(写真右) は白黒アッサンブラージュの「ドサージュ有り」なので、実はこれが最も一般的なタイプということになるんだけど、まずはここに辿り着くまでに外堀から攻めてみようかと、そんな方針です。普通は一般的なタイプから入って、そこから徐々にコアへと深化していくんだろうけど、たまたま読者さんに詳しい人がいたので、そーゆー面倒な遠回りはスっ飛ばして、まずは全タイプを体系的に網羅しようかなと、そんな感じです。

 あ、シャンパーニュ好きの人には当たり前のことですよね? うち、基本「日本酒のブログ」なので、自分の頭の整理も含めて、初歩的なことを説明してます。


moukan1972♂






Comment

Name - サンジュリアン  

Title - 

日本酒とワインの最大の違いは酸味なんですよね〜
今日も新ちゃんの亜麻猫 開けたのですが、日本酒らしからぬ酸味のある酒をうちのおばさん何も言わず普通に飲んでいましたよ。シャブリやBBシャンパーニュなど最も酸味のあるワインを飲み続けて35年間、門前のワイン小僧らしく酸味に鈍感になってるんですね。
モーカンさんはクルエの評価からして多分酸味に対しては私より+40位敏感なのだと思います。
2016.12.22 Thu 21:20
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

ヴーヴ・フルニのノン・ドサージュはかなり振り切れてますね!
アンドレ・クルエのナチュールでも相当高密度に酸っぱかったんですけど!
(思い出しただけでも条件反射で唾液が出そうです。。。)

ひとまず、1週間ほど休ませた後、アンドレ・クルエを開けてみます。
2016.12.22 Thu 21:03
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

モーカンさん
中々 私が紹介した中でも、おタッキーなチョイスされましたね〜
これらを 酸味/甘味/ボディ で0-100点で点付ければ
酸味 甘味 ボディ N:ナチュール B:Brut SC:Special Club
クルエ N 60 60 80
クルエBR 40 80 100
フルニ N 100 20 20
フルニBR 80 40 40
シケ SC 30 80 80
シケ BR 20 60 50
ドンペリBR 20 50 60
こんな感じでしょうか? シケのNVとドンペリ辺りが標準的?なシャンパーニュと思ってます。
2016.12.22 Thu 20:25
Edit | Reply |  

Add your comment