◤今年最後の本日の1曲♪【感動VOCAL HOUSE】Heather Headley - I Wish I Wasn't (Darryl James Mix) 2003  

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B HOUSE

 年末年始の営業方針▶︎

▪︎毎度アクセスありがとうございます。本来は「日本酒ブログ」ですが、先日、気まぐれを起こして「音楽>テクノ」のジャンルでランキングに参加したら──「道場破り」を仕掛けたら、「テクノ」のジャンルで1位 (290人中) になってしまいました。オレが1位とか、一体どんだけマイナーなんだよ (笑) 。しかも当然「ハウス」のカテゴリーなんかねえし。せめて「クラブ、DJ」くらいは用意してくれよ。



techno_no1.jpg



▪︎とりあえず、2016年の「本日の1曲♪」は今日で最後。再開は2017年1月5日を予定してます。たぶん酒は毎日飲むので、酒の記事の中で溜まってる候補曲なんかを挟み込もうかな。日本のポピュラー音楽を聴いてる人には信じられないだろうけど、我々のような──DJ的な音楽の聴き方をしている人間は万単位で好きな曲があるので、ネタにはしばらく困りません。ヴァージョンやリミックス違いを含めると、1曲で2〜3曲分の情報量になることもしばしばだし。

▪︎「音楽」経由でアクセスしてる人が何人いるか不明だけど、音楽派の皆様は、お手数ですが、酒の中の記事か、TOP画面の「LATEST UPDATE」の一覧をチェックしてみて下さい。気が向けば、そこで酒記事の中のYouTubeフレームに直リンクします。「本日の1曲♪」って、実は一番面倒なのは「画像集め」なんだよ。特にアンダーグラウンドなHouse系のクリエイターは検索しても画像がなかなか見つからない (笑) 。なのDE、年末年始でも、「LATEST UPDATE」の更新くらいならできるかな。

▪︎さて、2016年のトリを務めるのは、ブロードウェイ女優から歌手に転身してグラミー賞なんかも取ってるイイ女Heather Headleyの大ヒット曲の、CD/レコード共にPROMO盤にしか収録されてない、オレの好きなNYのクリエイターDarryl James (写真右下) が手がけた「I Wish I Wasn't」のHouseヴァージョンです。Heather Headley自体を知ってる人は多いとは思うけど、このヴァージョンを聴いたことある人は限られるでしょう。Houseリスナーには大人気でBoot盤なんかも広く出回ってました。

▪︎技術的な解説も全然できるんだけど、その辺はおいおい。簡単に言うと、原曲はSlowバラードなので、メロディーの歌い回しは基本そのままで、BPM (曲のテンポ) を倍の速さで取ってます。逆に「Chante Moore - This Time」なんかは、原曲の方がテンポは遅いのに歌い回しが早いため、Houseヴァージョンでは半分の速さで歌を乗せます──これをオレは昔から「バラード・ハウス」と定義してるんだけど──実は初期Darryl Jamesの傑作リミックス作品の中にHouse史に残る「名バラード・ハウス」があります──、これについての詳しい技術的解説は、いずれ『REMIX講座』でじっくりやります──いい加減、年末年始のどこかで更新したい (笑) 。

▪︎それでは皆様、来年もどうぞmoukan1972♂による「本日の1曲♪」を宜しくお願い致します。最近Houseばっかだけど、まだまだ終わりは見えないぜよ。

▪︎昨日の「Jasper Street Company - To God Be The Glory」に引きつづき、こんな奇跡の名曲が驚くことにYouTubeに1つしかUPされてなく、しかも音が悪いので、今回もオレの持ち出し。しかもファイルサイズが5M以上なので、Yahoo!ボックスに入ってます。聴きたい人はダウンロードしてね。












 ▶︎しまいには泣くぞゴラア。
 Heather Headley - I Wish I Wasn't (Darryl James Mix) ♪


 ▶︎Album Version──これが↑になっちゃうんだから。
 

 ▶︎ウホっ、イイ女。
music_heather_headley1.jpg
 photo: Singersroom


VOCAL_HOUSE DOWNTEMPO_HOUSE

Comment

Add your comment