◤白瀑 - 山本 和韻 (わいん) 純米吟醸 生原酒 半年熟成Ver 27BY ── d౬౬b「これは何とも得難い体験をしたもんだ、まさか☆5からの転落酒と遭遇するなんて」 




yamamoto_wain5.jpg 山本の和韻です。今年の6月に全く同じモノを呑んでます。☆5です。際立ってスゲえ酒ではないけど、カジュアルな旨さを完璧に体現しているという意味では、満点で80点のような酒──個人的には「新政www」という感じで、実際「NO.6」なんかより遥かに旨い。

 昨日「ふくはら酒店」の「而今 - 特別純米 無濾過生」の抽選に参加するついでに──ついに当たったぜ!──東上野の「かき沼」に「町田酒造」の新酒を買いに行ったら、まさかの売れ残りを発見!──720mlが5本だけ──買うつもりはなかったんだけど、我慢できず、こういうことに。

 出荷から半年ほど寝てるので、そこはどう出るか。詳しい商品の説明やコンセプト等は過去記事を御覧ください。ややこしいことに、全く同じラベルで「生原酒」「火入れ」「ワイン樽熟成」の3種類があって、これは1発目の生原酒ヴァージョンね。お間違えのないよう。



 



 蔵元のイベントに参加した酒屋だけが扱いを許された試験醸造酒で、ブルゴーニュ地方のシャルドネ種を使用したワインに使われる酵母に秋田の新酵母「UT-2」をブレンドして酸っぱくなり過ぎるのを抑えているところがミソ。ラベルには未記載だけど、使用米は「秋田産・酒こまち」、数値は「日本酒度:−3.0、酸度:2.0」みたいね。生原酒でALC.14度。

 過去記事を読み返さず、感じたままを今日も書くぜい。どこまで熟成が進んでるか、注目です。




yamamoto_wain4.jpg
 ▲貴のゴリ。今でも6ヵ国に輸出されてんだって。今回は澄川先輩 (東洋美人) にプーチン酒を持っていかれたな。[記事ソース

 ▼ゴリだけだとムサいからと思ったのに、まさかの逆光・・・。
yamamoto_wain6.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【255】白瀑 -しらたき- 山本 和韻 (わいん) 純米吟醸 生原酒 半年熟成Ver 27BY <秋田>

白瀑・山本合名会社:http://www.shirataki.net


Moukan's tag:




yamamoto_wain7.jpg 立ち香──おっと、少し酸っぱいニュアンス──少し渋い感じが前面に。ああ、ちょっと熟してるかなあ。

 うん、思い出カラー (セピア調) な味わい。

 まず、当時 (フレッシュ・コンディション) の面影は全くない。酸味&渋味が育って、甘みは激減・・・。ガスは残ってない。旨みがファットに育つこともなく、むしろスリムでタイトに成長してる──「やいモウカン、それは成長じゃなくて、劣化だろ!」とアナタが言うのなら──うん、そこは黙って受け入れようじゃないか。基本バカ舌のmoukan1973♀ですら、

 ♡☺♡「ん? また飲みたいとは思わないでしょ?」──と言った。


yamamoto_wain8.jpg 「ワイン酵母」使用の生原酒だからなのか、この変化の具合は、まるで他の生酒とは違う。なんかフレッシュ・コンディションよりも逆に痩せてスカスカになってるよ。しかも、熟成によりアルコール度数が上がってるのか、まだ1合も飲んでないのに、さっきから、なんかスゲえ酔うんだけど (笑) 。

 ダメだな。最初は「食中酒としてなら、まあまあか?」などと、無理矢理に前向きな気持ちも抱いてはいたが、徐々に、まるで「よく効く薬」のような苦みが・・・。


 これは何とも得難い体験をしたもんだ。まさか☆5からの転落酒と遭遇するなんて。こういう変化を知ってしまうと、いろいろと怖くなる──オレがこれまでに低評価を下した酒の中にも、もしかしたらフレッシュ・コンディションでそこそこ旨い酒があったのではないか──という想いに馳せた時の、何とも言えぬ得体の知れない恐怖が今・・・。

 日本酒──特に生酒は難しい!

 そうかと言って、特に新酒なんかは、逆に早飲みしすぎて味が全然乗ってないというパターンもあるから、ますます「最適な飲み頃」の判断が難しい。これは下手すりゃ☆2まで転落してしまいそうだ。まだ半分ほど残ってるので、月曜あたり、あらためて呑んでみて、そこでダメなりゃ、その時は辛い判断を下さねばニャルミャイ (なるまい) 。

 そう考えると、やっぱ「篠峯」の生酒の強さは異常だと思うわ




── 3日目。



yamamoto_wain9.jpg



 めげずに参ります。

 立ち香──そんなに悪くもない。少なくともこれだけ嗅いだら、ここからマズイ酒が出てくるとは誰も思わないはず──もちろん、フレッシュ・コンディションで飲んだ時とは違うけれど。ややナッティー&オイリーでチョークな感じもあるが、いわゆる、そこらのイマドキの日本酒の生酒が熟した感じとも、また少し違う。フルーティネスがZEROだとも言わない代わりに、瑞々しくフルーティーだとも言えない。ま、元気のない酒ではあります。

 含みます──。

 おおう、初日よりはジェンジェン (全然) 飲める。GA!──正直、別に思わず笑顔が飛び出すほど旨くはないわな。あえて「イマドキ日本酒リテラシー」に則して表現するなら、「少し渋めのマスカット・ジュース」みたいな感じかね。ややポヨっとした液面と舌触りがあるので、ここに熟成は効いてる模様。




yamamoto_wain10.jpg




 ややチョークっぽい粉っぽさも感じるけど、ミネラル感ゴリゴリな芯はヌワイ (ない) ので、ややボヤけた味風景。「果実味」と言うには少し甘みの膨らみ&伸びが足りず、明白に「まるでブドウ!」とはならない。

 ☆3ですね。初日のスパルタな苦みはだいぶ逃げたけど、粉っぽい渋みとして亡骸が残ってる感じかね。全体に「やる気はないけど、そこそこ真面目な振りをして掃除してる中学生」みたいな味わい──ってわかるか (笑) ! やや甘口のドイツワインをロックで飲もうとして飲むの忘れて数時間後に飲んだらこんな感じがするかも──とも。

 ま、今日は普通には飲めます。残り1合、どうするかな。「炭酸水」と「カルピスの原液」が余ってるので、得意の「日本酒カルピスサワー」もありだし、この後に飲む某純大とブレンドして300mlの小瓶に詰めてLabo行きもアリ。常温で1ヶ月くらい放置したらなんか良さそうよ。


 可愛いくない酒には旅をさせよ──。


moukan1972♂






日本酒 山本

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To ぐらふさん

ぐらふさん、こんにちわー。


──日本酒の生 は、保存がどう出るか 酒ごとに違いすぎるので 分からないですよね。

まさにその通りですね。
まあ、だいたいは「熟しすぎ」による、味わいのチョコ化、香りのドライフルーツ化など、それなりに想定内での変化で、違いと言えば「変化そのもののスピード」くらいなんですけど、今回はたまたま全く同じモノをフレッシュ・コンディションで飲んでいたので、この劣化には正直ビックリしました。そう考えると、これまでにも劣化していた状態で飲んでいたものがあったかもしれません。怖い話です。。。

「詰め日」と「出荷日」を両方ラベルに書くことは法整備でどうにでもなるはずなんですけど、実際には蔵任せですよね。細かい日にちも、別に他の食品や飲料品では当たり前のことなのに、酒類はそこが曖昧というかラフなんですよね。これからの課題だとは思います。そもそも「賞味期限」がないので、そこが改革の余地を狭べてるんですかね。

ところが、実際には熟成させた方が旨くなる酒も多いので、本当に悩ましいです。。
2016.12.18 Sun 17:22
Edit | Reply |  

Name - ぐらふ  

Title - 

こんにちは。 日本酒の生 は、保存がどう出るか 酒ごとに違いすぎるので 分からないですよね。冷蔵庫に入れておいても 旨みや甘味が消えて 辛いだけの分からないものになってた事も。(この時は、未開封で冷蔵庫に2、3ケ月) 購入時蔵の人に聞いても 冬場なら 春まで問題ないという方もいますし 1月以内に飲んで欲しいという方も。個人的には、酒販店で保存されているものは、注意が必要だと思ってます。デパート系は、一ケ月 持たない感じですね。(扉が無かったり お客が開け閉めするせいもあるのでしょう)
持たない酒は、出荷の日にちまで 入れて欲しいですね。
2016.12.18 Sun 13:42
Edit | Reply |  

Add your comment