ტ 本日までの転入生&面接試験 ── dಠಠb「御徒町→二木の菓子→かき沼→赤武NEWBORN&而今の特別純米おりがらみ生を試飲」 




二木の菓子1



 毎度アクセスありがとうござます。

 誰でも知ってることだからわざわざ伏せないけど、御徒町駅の「二木の菓子」→東上野の「かき沼」を経由して、「ふくはら酒店」の「而今 - 特別純米 無濾過生」の抽選に参加してきました。これで5回目くらいだけど、まだ一度も当たったことない。やはり、本気で「飲みたい」という想いが足りないのか、酒の神様はよくお見通しで (笑) 。試飲の感想は記事の最後で。




本日までの転入生2016_12_16a

本日までの転入生2016_12_16b




 昭和40年代生まれのお口の恋人、サクマの「キャンロップ」は400gで400円くらい。個人的な目玉は三幸製菓の「贅沢かき餅」──これ、最近あまり見ないんだよ。世の中的には「亀田製菓」や「岩塚製菓」の方がメジャーだけど、我が家は夫婦で圧倒的に「三幸製菓」派です。特に「熟成サラダ」(写真左) は亀田のサラセンよりも遥かにレアなので見つけるのに苦労します。うちの近所で買える店が1つだけなので大変です。もしかして、これ、どうでもいい情報?

 コーラに例えるなら、「亀田」がコカ・コーラで、「三幸」はペプシみたいなもん。日本酒に例えるなら、「亀田」が而今で、「三幸」が──そう、篠峯みたいなもん (笑) 。音楽に例えるなら──それは大人ないからやめておこうね。

 日本酒並みに煎餅類の消費が激しい我が家。あまり高級なヤツは好きじゃなくて、軽くてカジュアルな大手メーカーのモノで十分。特に「サラダ煎餅」類は見たことないメーカーのモノを見つけるとつい買ってしまう。

 DE、なんの話だっけ? そうだ、プーチンが東洋美人の「壱番纏」を飲んで「旨い!」と言った話だった。[記事ソース



 





ტ 本日までの転入生


◤町田酒造 限定にごり 特別純米55 五百万石 28BY <群馬>
◤白瀑 山本 和韻 (わいん) 純米吟醸 生原酒 27BY <秋田>
◤赤武 -AKABU- 純米酒 NEWBORN 28BY <岩手>



 町田酒造は28BYの1発目。ここから始まる「直汲み物語」──五百万石・美山錦・山田錦・雄町──は27BYでも全部呑んでるけど、ニゴリVerは初めて。しかも、27BYは「五百万石」だけ4合瓶だったので、今回はドカーンと一升瓶で。昨日の「姿」や「キャモケン (賀茂金秀) 」もそうだけど、もしかして4合瓶の方がガスが強くて味の質が落ちるとかない?という疑念を最近持ち始めていて、なるべくガッシーな酒は一升瓶で買おうかなあ、とか。小左衛門の蔵元さんも4合瓶の方がガスが強いみたいなこと言ってたし、シャンパーニュも1500mlのマグナム瓶の方が美味しいらしいからさ。もう少し酒が強ければ全く同じロットで両方買って飲み比べるんだけど、来年はどこかでそれやってみようか。実際、同じ店で同じロットで両方買った酒の話をすると、「鍋島 - New Moon」と「屋守 - おりがらみ」に関しては、明らかに一升瓶の方が旨かったからね──どちらも☆2酒というオチが素敵にワイルドだけど (笑) 。

 山本の和韻は全く買うつもりはなかったんだけど、「町田酒造」を買いに行ったら「かき沼」に4合瓶が5本も売れ残ってて、思わず買ってしまった。これ、旨いんだよねえ〜。ややこしいことに、全く同じラベルで「生原酒」「火入れ」「ワイン樽熟成」の3種類があって、これは1発目の生原酒ヴァージョン。6月出荷なので半年ほど寝てるけど、さてどうだろう。当時moukan1973♀は開けたてを呑んでないので、ちょっとそれもあって、異例の二度買い。あとは、あれが半年経つとどうなるかを知りたいというのもある。ガス残ってっかなー。



 


 赤武は初呑み。マチダヤでも扱いあるし、高原商店の店主がブログで印象深い記事を書いてたので、前から気になってた。まるめち氏や日誌係氏もそこそこ評価してたし (笑) 。実はこれ、磨き50の純吟と60の純米を「ふくはら酒店」で有料試飲やってて、本当は「1杯 - 200円」なんだけど、dಠಠb「少しずつでいいから1杯100円でやってくれませんか?」とリクエストしたら快くOK。というわけDE、200円で両方とも試飲して来た。コンディション問題もあるけど、純吟は線が細いだけに、少しガッシーが邪魔。純米は派手に甘いけど、せっかくなので、こちらを買ってみた。ま、☆4はあると思うけど。純吟は開けたてなら印象も違うと思うけど、今回のコンディションでも普通には旨かったよ。少なくとも次に試飲した「デコン (而今) 」よりは遥かに旨かったことは真実



 ▼なぜか1杯300円・・・。
jikon_tokujun_origarami28by1.jpg



 いつ開けたかも分からない、残り3合程度というBadコンディションだったけどまあ、旨くない。咄嗟に思い出したのは「屋守 - 純米おりがらみ生 27BY」の、あのグレープフルーツみたいな苦みと酸味。それに、少し木香っぽい渋みもあった。一応、抽選は通常Verにしたけど、これで「開けたてが旨い」という状況はイメージしずらい。全く甘くないし──元々そういう酒じゃない?──、おそらく長年の而今ファンなら、「赤武 純米 NEWBORN」の甘みの方がよっぽど「而今っぽい」と言うんじゃない? 実際、オレも26BYで飲んだ「而今 - 純米吟醸 山田錦火入れ」の甘みを、逆に「赤武」を飲んで思い出したもの。ちなみにブログで記事にしたのは27BYね。これは26BYと比べて、極めて退屈でソツのない平凡な良作。杜氏も年々軽い酒を嗜好するようになってるみたいだから、28BYは更に「おスマートでお上品」な酒質になるかもね。

 ま、これは参考程度で。開けたては旨かったかもしれないしね。とはいえ、たぶん誰も本当のことは言いずらいだろうから、オレが正直に書いといた。


moukan1972♂






日本酒 而今 町田酒造 赤武 山本

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん

オススメありがとうございます!

これはなかなかに「イイ面構え」ですね (笑) 。
リンク先の店も同梱できる酒が他にたくさんあるので、
冷蔵庫が空いたら「大人買い」発動するかもです。
27BYですが、28BYを待つか、同じモノを飲むか、迷うところです。

その他、いろいろと楽しい情報ありがとうございました。

それではまた〜。


2016.12.30 Fri 02:48
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.29 Thu 23:34
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん

あらまさん

ご無沙汰してます。HNでの再登場ありがとうございます (笑) 。

買えないし、外飲みしないしで、実は「而今」はそれほど飲んでないんですけど、確かにニゴリは最高でしたね。特に上澄みのシャキシャキなリンゴジュース感と言ったらないです。上澄みだけ発泡タイプで発売してほしいくらいですよ。「ちばチャン」──今ネットで検索したら、うちの近所にもありました (笑) 。


──而今の純吟をガンダムとするなら、特純は「これガンダムって言ってるけど、中身ジムじゃね?」みたいな感じでしょうか。

アハハ。これは上手いこと言いますね (笑) 。ジムwww
「酒未来」は夫婦二馬力で参加したんですけど、ハズレました。。。


赤武、なかなかイイです。なにより、変に手慣れてないところが好感持てました。ま、杜氏も24歳なので、下手に手慣れられても困るんですけど、なんの恥じらいもなくイマドキな甘旨ジューシイ酒をキチンと造ってくるところは清々しいです。なんか昔の鍋島なんかも少し思い出しましたよ。純吟も飲んでみたくなりました。

外飲みだとガスも抜けてると思うので、僕が飲んだ純米60はシロップみたいに甘いかもしれませんが、それでも銘柄属性はちゃんと分かると思います。逆に試飲した感じだと、純吟の方が外で飲むとアラが出やすいかもです。ややガスの抜けによる苦味のアタックがありました。開けたては純米よりエレガントな感じはしますけど。

なにか「これは!」という酒がありましたら、是非教えてください。而今の特純は今日は取りに行けそうもないので、飲むのは少し先になりそうです。

あ、陽乃鳥スパークはまだ近所で見かけてないです。

今回も楽しいコメントありがとうございました。

それにしても「ジム」とは上手いこと言うな。
ヤラれました (笑) 。

2016.12.22 Thu 16:08
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - 而今

こんにちは。
新政Sで初めてコメントしたものです。
わかりやすいように、名前を「あらま」にしてみました 笑
新政の廻し者ではないですよ! ホントに!!

而今について書こうかと思っていたのですが、そう思っているうちに而今当選とは! おめでとうございます。

試飲されてもう既におわかりだと思うのですが、あまり期待はできないかと思います。星3あれば上出来じゃないでしょうか。抽選しなきゃ買えないとか、そういう類のお酒ではないと個人的には思います。

しかしそうは言っても、自分の舌で実際に確かめるのは重要ですよね。私も一度特純が出始めの頃に飲んで、なんかスッキリしすぎてるしこれはもういいかなと思ってから飲んでいないので、いつかもう一度試してみたいとは思っているのですが、新銘柄の発掘に忙しくてなかなか手が回らず 笑

而今があまりにも有名になり過ぎて、入手困難、プレミア化してしまった。それで而今っていう銘柄しか知らないようなミーハーな方々にも行き渡らせるように、多めに販売されるようになったのが特純なのだと思います。うちの近くの「ちばチャン」とかで普通に飲めるのは凄いことだと思います 笑

而今の純吟をガンダムとするなら、特純は「これガンダムって言ってるけど、中身ジムじゃね?」みたいな感じでしょうか(個人の感想です)。

もういまさら而今というだけで興奮できる感じでもないのですが、あえて名前をあげるなら、純吟の生で愛山か酒未来がいい感じだと思います。これは星4くらいは行って欲しい銘柄ですね。プレミア価格で買う必要性は感じませんけど、抽選で買えるなら行っておきたいですね。

火入れでも少しガス感あったりして凄いとは思いますが、そこまで好みではないですね。生でも山田とか千本錦とか五百万石とかはまあ有ったら飲んでもいいかな~程度で心躍るまでは残念ながら行きませんね。かなり贅沢な話ですけど。

あっ、特純でもにごりは格別です!
もうワッショイワッショイです。

獺祭にしても、而今にしても、日本酒の森へ誘う道標的かつ、自分の好みを探る最初のヒント的な存在なのかなぁと最近思います。この辺の有名な銘柄一通り試して、自分の好みがわかってくれば、もうあとはナビに頼ることなく、日本酒の森で迷いに迷うのが最高に楽しいですね。

それにしても赤武はおいしそうですね。居酒屋で吟醸があったので試そうと思ったんですが、この記事出る前の話でよく知らず、アル添苦手な方なので尻込みしちゃいました。もったいなかったかな~。

今回も長々と失礼しました。またレビュー楽しみにしてます。
2016.12.22 Thu 14:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 黒っぽい猫さん

──山本の飲み口は、良いような、そうでもないような感じです。

わかる (笑) 。

実際、僕も「美郷錦55」と「和韻生のフレッシュ・コンディション」だけが旨くて、他は「どうでもいいか」という感じなんですよ。でも、1本でも当たりに出会ってしまうと、なんか気になって追いかけてしまうんですよね。

「ワイン樽熟成」も買ってあるので、近いうちに開けてみます。これは火入れで半年以上寝かせてあるので、また違った表情を見せてくれそうですが、なんか渋くて酸っぱそうです。生原酒のフレッシュ・コンディションは「ワイン酵母でも甘くなるんだ!」と感心したんですけど・・・。

今回はイイ勉強になりました。
2016.12.17 Sat 21:56
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽい猫  

Title - やせてましたか

 最初良くて、わずかな期間でそうなるとは、本当に難しいんですね。
火入れだとどうなっていたのかと興味津々ですが、抜けてしまうとは、他にワイン酵母で醸している酒を売り出している蔵もありますが、実験段階だと信じたいです(そうであれば、そのように販売してもらいたい私です)。
 山本の飲み口は、良いような、そうでもないような感じです。
 (ラベルは好きです)
2016.12.17 Sat 20:57
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 黒っぽい猫さん

これから記事にしますが、半年熟成は・・・でした。。

ワイン酵母だからなのか、熟成どころか、むしろ痩せてしまいましたよ。
火入れは呑んでませんが、「ワイン樽熟成」は買ってしまいました。
ま、1発目の生原酒がBestな感じはしてます。

山本は黄緑ラベルの「美郷錦55」の26BYが桁違いに良かったんですよ。Pure Blackの火入れは普通、赤ラベルの雄町はイマイチ、青紫の亀の尾はまあまあですかね。「美郷錦55」だけが青りんごテイストで程よくフルーティーで旨かったです。
2016.12.17 Sat 20:25
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽい猫  

Title - 残ってましたね。

 生、残っていましたね。うらやましいです。
東北の酒は好きなんですが、白たきワイン生に気づいたときは、ありませんでした。
 火入れはやりました、が、普通?でした。
2016.12.17 Sat 18:13
Edit | Reply |  

Add your comment