◤亀甲花菱 - 純米吟醸 生原酒 無濾過中取り 美山錦 26BY ── ♡☺♡「まさに酒が主役! まるで食べてるみたいな飲み口の味乗りまくり生原酒」#Rich, Unique 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。



hanabishi_miyamanishiki_nakadori.jpg
 bottle size:720ml



【002】亀甲花菱 -きっこうはなびし- 純米吟醸 生原酒 無濾過中取り 美山錦 26BY <埼玉>

清水酒造:http://www.saisake.com/saisake15


Moukan's tag:




 見た目と味がこれほどピッタリ溶け合っている銘柄も珍しいんじゃないでしょうか。5月詰めなので熟成が進んで味が乗りまくりです。桃のような甘旨味から、最後はドライフルーツのような渋みを伴った複雑な余韻 (ブランデーみたい?) が素晴らしいです。冷たすぎると甘みを感じにくいので、ゆっくり飲むのがいいです。食後にブランデーグラスでちびちびやるのもイイかもー。普段日本酒を飲まない人が「日本酒」と聞いて想像する味・香りとは全く異なるはず。これで720ml瓶1522円 (税込) は安すぎです! 超旨〜い!

moukan1973



Moukan1972♂'s Additional Notes 💬
dಠಠb「紛うことなくフルボディ──いや、あえてフルバディ、ナイスバディとでも言いたくなるほどの厚みのある味わい。花陽浴を抱き飽きたら、同じ埼玉つながりで、是非こちらもどうぞ。ま、こっちは豊満熟女系だけど (笑) 。いろいろ出ててどれを飲むかオレも悩みは尽きないが、コスパ的にこれは入り口に最適かも。結果的に買った時点で半年以上寝てたけど、老ねや派手な熟感はまるでなし。全てが自然に膨らんだ感じ。日々の冷蔵庫整理に悩みが尽きない人も、とりあえず買っといて忘れた頃に開けるのも手。幻舞の純吟美山錦と飲み比べても面白いよ。」




🍶 関連記事

【053】亀甲花菱 純米吟醸 生原酒 無濾過中取り山田錦 26BY <埼玉> (2016/2/24)

亀甲花菱

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

kappaさん、毎度です。

「きき酒セット」の疲れも癒えぬまま、27BYのレポートありがとうございます (笑) 。5月出荷は去年の僕と全く同じですね。しかも、飲んだのも去年の12/17なので、熟成条件まで同じです。


──ボディは、やや細め。ミネラル分多目な感触で、液質は硬目。

これ、どうも27BYの亀甲花菱の傾向くさいんですよね。これが良い方向に出ると「美酒風情」も高まるんですけど。サンジュリアンさんも同じ美山錦を飲んだんですが、話を聞いていると、僕が飲んだ26BYよりも、ほとんどkappaさんの印象に近いですね。26BYは飲んだ瞬間に幸福度MAXでしたからね。

赤ラベル (直汲み) の純吟美山錦は2日目の方が良かったので、明日以降は少しは硬さが取れると思います。リーデルに小さな氷を入れて少し攪拌してすぐに氷を取り出す──という加水を施しても角は取れます。

美山錦は磨き60の純米もありますよね。僕も未飲なので、28BYは少し純米スペックを攻めてみようと思います。

雄町はなかなかの美酒でしたよね。おそらく26BYは、もっとフルーツ感MAXだったんでしょうね。28BYはどう出ますかね。亀甲花菱も年内に「しぼりたて」がドロップされるはずなので、占う意味でも買ってみますかね。

おかげ様で記事に厚みが出ました。僕の代わりに27BYのレポートありがとうございました。

2016.12.21 Wed 01:01
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 亀甲花菱美山錦27BYいったりました

moukanさん

毎度でございます。
仙禽赤とんぼを開ける前に、この間飲んで抜群に美味かった亀甲花菱の再来を期待し、今夜は純米吟醸無濾過中取り美山錦27BYを、開けました。

28年5月製造とラベルには書かれています。

グラスに注ぐと、かなり黄色!
立ち香は、イソアミル、薄っすらバナナですが、派手さは無く極めて穏やかな感じ。
(雄町は結構官能的な香りを発散させていたので、比較するととても大人しい)

含みます。

ガス感、フレッシュ感無し。薄っすら甘いが、直ぐに辛味マックス。苦みもあるが引っ込んでいるので、嫌な感じはしない。
ボディは、やや細め。ミネラル分多目な感触で、液質は硬目。
フィニッシュは、熟成によるコク味を感じます。ソフトな〝貝の出し汁〟。
これは、本当に感覚的なものですが、塩っぱさすら感じます。

可能性を、試す意味で、普段はしないレンジ燗にトライ!

慣れないせいか、時間設定をミスりとびきり燗に!

立香にアプリコット出現。
含むと甘みが前面に出て、辛味が奥に引っ込み、コク味が主役に。とはいえ辛味がコアにあるから、輪郭にボヤけはなく悪くない。

冷めるにつれ、液質は完全にポシャッとし、全体的な輪郭はボヤけて平面的に。綿飴のような甘みから角の取れた円い辛味にクロスする時のシフトショックは無く、極めてスムーズにコク味にバトンタッチしますが、個性が埋没。

あくまでも初日のインプレッションなので、明日以降当然良くも悪くも変化すると思いますが、同じBYで比較すると雄町の方が立ち香はエレガントで、含んでからの膨らみもあって旨かったといえます。

明日以降、良い方に触れたら、またコメントさせていただくかもしれません。

最後に、改めて思うのがファーストインプレッションの大切さについてです。
僕の初めての亀甲花菱は雄町。とても旨かったので、今回飲んだ美山錦が個人的な嗜好性に照らすとちょっと期待外れだったからといって、この銘柄に失望はしておらず、今度は山田錦を試してみよう💜と思っています。

鍋島と獺祭については、それぞれ3本ずつ試しました。
最初の1本目、期待外れ。でも、世間的には高評価なので、自分の体調が悪かったのかも?と思い今度はスペック上位のものを試すも、口に合わず。
リリースされたばかりで、フレッシュ過ぎて味が乗っていなかったのかもと思い、数ヶ月ほどだったものを試すも不味い。de、店頭で見かけても、一切手に取ることが無くなりました。今後も追わないと思います。

見かけ美女は沢山居るので、2,3回デートしてみて感覚が合わなければ、世間の評判なんて関係なく、他の見かけ美女を追っかけ、お付き合いです!
最大公約数的な嗜好性というものはあるにせよ、味覚は絶対値で支配されるものではなく、相対的なもの。
飲む時の体調やシチュエーションによっても異なります。歯磨きした後に飲んだか
ら〝ミンティ〟に感じることもあるでしょう。そこが日本酒の面白いところと勝手に思っています。

ではまた。

2016.12.20 Tue 23:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん - 亀甲花菱 美山錦

毎度です。

とうとう迷い込んでしまいましたね、飲み比べの魔界に (笑) 。2種類ずつ飲むのがbetterだとは思いますが、ここまで来たらマイペースに駆け抜けてください。

亀甲花菱の27BYは、どうやら「美酒路線」のような気がしてますので、この美山錦中取りも、ちょっと26BYとは趣きが異なるかもしれません。サンジュリアンさんも27BYを飲んでるんですが、どうも僕が飲んだ26BYとは少し異なるようです。僕も近場で買えれば確認したいんですよね。26BYはとにかく味幅が広かったし、bodyも豊満でした。27BYは少しクリアかもしれないですね。

ちなみに「タイトルの書き込みがないと」──これは〝ほぼサンジュリアンさん〟のコメントだと思います (笑) 。

2016.12.14 Wed 00:08
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 何やってんだか

moukanさん

こんばんは。
萩の鶴きき酒セット、一晩300ml全部のみのストロングスタイルでいこうと思い、初日こそ1本空けたのですが、一人で300mlって結構きつくて、今夜は3本をそれぞれ100mlずつ飲みました。案の定訳がわからなくなったのであと2日かけて、順番を変えてインプレが変わるかを検証し、moukanさんの本文そして読者さんのコメを一切見ないで、自身のコメントをアップした後で、答え合わせをさせて頂こうと考えております。

しかし、萩の鶴きき酒セットの情報に触れたくないという意識で、moukanさんのブログをここ数日避けているのですが、辛いですね〜。
moukanさんと読者さんのやり取りもとても楽しく拝読しているのですが、スマホからだと、タイトルの書き込みがないと、どなたがどの記事についてコメントを書き込んだのかがわからないのです。下手にコメントを読んで萩の鶴のコメだとマズイと思い、エロい袋とじを開けたくても開けられない(今時ないか)というジレンマにこの2日程苛まれております。

だったらさっさと空けろやということなんですが、悩ましいことに新酒ラッシュ。
その上、moukanさん高得点酒も気になる。

で、今夜は例の店に行き
・亀甲花菱純米吟醸生原酒美山錦27BY
・射美熟成特別純米ブルーラベル28BY
を買ってくる始末🌀

亀甲花菱の雄町、超美味かったー。なので今度は本丸の美山錦に横展開。

射美は、熟成特別純米とこれまでにないラインナップであることと、ラベルがシックで格好が良かったのでミーハー買い。(単に熟成に惹かれただけ?)

今週末は仙禽赤とんぼが届くし、週に1銘柄ペースの自分にとってはハイペースな歳末となってきました。

早いとこ、亀甲花菱飲みたーい。

ではまた。
2016.12.13 Tue 23:44
Edit | Reply |  

Add your comment