もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 遂に今年2本目の☆6が降臨。←失礼、3本目 (笑) 。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Stardust - Love Will Find A Way (Sweet Embrace Mix) 1989 #Blaze, Joey Negro 

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE
▪︎かつてJoey Negroが運営していたRepublic RecordsというレーベルからUK盤ONLYでリリースされた、初期Blazeの最高傑作とオレが思っているのが今回の「Love Will Find A Way」だ。これは何かの「Instヴァージョン」ではなく、元からこういう曲。Republicは当時のNY/NJハウスのラインセンス・リリースが主な経営方針だったのが、徐々に発揮されていくJoey Negroの強烈なリーダーシップにより、コンピレーション制作を通じて──本来コンピいうのは既存の音源の寄せ集めなのだが──、そこでBlazeなどの様々なクリエイターに新曲を作らせて、そこから12inchのシングルを切っていくという手法を取っていた。

▪︎そうした中で作られた傑作コンピ『Paradise Regained: The Garage Sound Of Deepest New York Vol. 2』は、もはや既存シングルの寄せ集めではなく、この時代のNY/NJハウスを知る格好のカイド盤になっていることが素晴らしい。BlazeはこのStardust名義でも参加しているが、残念ながら、この「Love Will Find A Way」はコンピには未収録。後年『Classic Garage Mastercuts Volume 1 (1999) 』に収録されたことは、「Mastercutsシリーズ」の選曲ではなく、この曲の素晴らしさそのものを褒めるべきだろう。このくらいの曲はそれなりのHouseリスナーであれば、とうの昔から鉄板中の鉄板なのだ。












 ▶︎初期Blazeの最高傑作──とオレは考えてる。
 

 ▶︎※画像はイメージ。
music_stardust1.jpg

 ▶︎BLAZE (左=Josh Milan、右=Kevin Hedge)
music_blaze2.jpg

 ▶︎Joey Negro
music_joey_negro3.jpg


INST_HOUSE DEEP_HOUSE

Comment

Add your comment