◤本日の1曲♪【LOFT CLASSICS】Aphrodisiac - Just Before The Dawn (1991) #Ronald Burrell 

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE, JAZZY VIBE

music_ny1.jpg


▪︎ここ最近のJazzyな流れを引き継いで、まあ、これを紹介しないという野暮はしませんよ。最初に言っておくと、オレは昔から「いちいちLOFTがる愚鈍な連中」とは常に一定の距離を取ってきた。あのな、そのいっぱい持ってるレコードなりMP3なりを使って、そろそろ〝自分だけのジャンル〟でも作ってみたら? むかーし (10年以上前) 、ヤフオクでHouseのレコードを売ってた時、あるイタリア盤の糞マイナーな傑作インスト曲を出品して商品名に「#LOFT」と入れたら質問が来て「これはLOFTでプレイされたのですか?」だって。あのな、視聴もさせてるんだから、自分が聴いて良ければそれでいいだろ (笑) 。もーう、こういうアホばっかだから嫌いなんだよ、LOFT信者は。 (※右下の写真は「THE LOFT」に主催者でありDJであるDavid Mancuso。ナヌ!? 先月の14日に死んでる・・・合掌。)

▪︎これはウルトラ傑作としてNY Houseファンなら知らぬ者はない超絶Classicsです。せっかくだし、もはや「ここから始めてみては?」という作品ですね。これで開眼しちゃったら、もうこれまでに集めてきたCDは売るなり捨てるなりしていいと思うよ。どのみち聴かなくなるから。レーベルのNu Groove Recordsは名門ですね。1988年〜1992年という、まさにHouseがアンダーグラウンドな土壌から表舞台に登り詰めるまでのプロセスを影で支えたような存在。その中心的クリエイターとして多くの傑作を生み出した人物こそが、今回のRonald BurrellRheji Burrellです。兄弟だけど、どちが兄でどっちが弟か英語だと分からない (笑) 。自然な流れでここまで辿り着いたので、明日以降、少しNu Groove作品を取り上げます。覚えてる人は誰もいないだろうけど、実は過去に1曲スゲえヤツ (NY House'N Authority - APT. 3B) を紹介済み。












 ▶︎もはや金字塔。これを聴かずに何を聴くレベルの名曲。
 

 ▶︎NY House'N Authority - APT. 3B (※過去に紹介済のRheji Burrell作品)
 

 ▶︎'80s後期のNYハウスをNext Stageに押し上げた才人Ronald Burrell
music_Ronald_Burrell2.jpg


INST_HOUSE DEEP _HOUSE JAZZY_VIBE

Comment

Add your comment