もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【JAZZ HOUSE】Chosen Few - Positivity (Rude Mix) 1991 #Martin Freeland 

genre tag:INST HOUSE, DEEP HOUSE
▪︎昨日の「22 Large - Take Me Away」のルーツ的な作品と言ったら、オレの見立てではこのChosen Fewだろうね──シングル2枚しか残してないけど (笑) 。オレもさっき知ったけど、Fokus RecordingsってUKのレーベルだったんだ。US盤ばっかだからNYのレーベルかと思ってたけど、どうやらNY経由でディストリビュートしてたみたい。だからこの曲以外はテクノっぽい曲が多いのか。納得。というのも、中心メンバーのMartin Freelandは「Man With No Name」の名義でそこそこの量の作品を残してるTechno系のクリエイターなんだね。やはり、1991年という時代なのかな。そういう輩もこんな素敵なJazz Houseを作ってしまうんだから。

▪︎驚くことなかれ、この曲はCooltempoという、UKでは割りとメジャーなレーベルからもリリースされて、当時UKのナショナル・チャートでRockやPopsに混じってTOP100入りを果たしたんだぜ。どうだ、スゲえーだろ (笑) 。Late NightなJazzyアプローチから一転、オッサレ〜な♀Vo (※写真はイメージ) が途中から入るというスタイルのオリジンかもしれない。昨日の22 Largeと比べると作品としての強度が別次元なのわかるでしょ? 傑作中の傑作ですね。19歳でHouseを知った頃から大好きな曲。他に同時期のJazz Houseでなんかイイやつ、あったかなあ──そうか、あれがあったか・・・。












 ▶︎3分27秒から♀Vo入ります。
 

 ▶︎中心メンバーのMartin Freeland (Man With No Name) ──はじめて顔を見た (笑) 。
music_Chosen_Few1.jpg
 photo: psytraveller.net


INST_HOUSE DEEP_HOUSE

Comment

Add your comment