もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤本日の1曲♪【JAZZ HOUSE】Cheryl Pepsii Riley - Ain't No Way (Jazz House Overhaul) 1991 

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B HOUSE
▪︎昨日のRoger Sがキャリア初期にリミックスで参加した12inchシングルで、大手Columbiaからのリリース。Cheryl Pepsii RileyはR&B系シンガーなので、これは彼女の中でも異色の作品。これには技術的な背景もあって、この当時のプロダクション能力では、原曲と全く違うオケをあてがうという手法がまだ確立されてなかったんだろうね。

▪︎Roger Sのリミキサーとしての快進撃が1992年から始まったことを思うと、実はこの12inchに参加したことがその後の彼のキャリアにとっては非常に大きな意味を持ったのかもしれない。つまり、この創作現場に足を踏み入れたことで大いに感化され、次なる飛躍の手掛かりを掴んだというか。その意味でもオレはこの曲はRoger Sにとってある種のメモリアルだったんじゃないかと思うわけだ。

▪︎もはやAlbumヴァージョンとは全くの別物──ヴァージョンうんぬんではなく、12inch用にメロディーもボーカルもオケも全て差し替えてます。Albumとこの12inchをプロデュースしたFull Force (写真右) は全然House畑の人たちじゃないけど、そんな連中でもこんなん作っちゃったのが1991年という時代の追い風です。昔よく中古レコード屋なんかで100円で売ってたから、後輩や友人に買わせまくってたよ (笑) 。ここからのジャンル的な進展はなかったから、今こういうサウンドを真似ると大変オサレに聴こえると思います。とりあえず、CollectionのBGMなんかにお一ついかが?












 ▶︎Cheryl Pepsii Riley - Ain't No Way - Jazz House Overhaul (Main Mix/1991)
 

 ▶︎Cheryl Pepsii Riley - Ain't No Way - Jazz House Overhaul (Club House Mix/1991)
 

 ▶︎Album Version──もはや全く関係ない (笑) 。
 

 ▶︎Before
music_Cheryl_Pepsii_Riley.jpg

 ▶︎After
music_Cheryl_Pepsii_Riley.jpg


VOCAL_HOUSE DOWNTEMPO_HOUSE

Comment

Add your comment