◤宝剣 - 限定中汲み 純米大吟醸 山田錦 27BY ── dಠಠb「そこそこ人気の出てきた若い歌手がアコースティックLIVEやるみたいな、あの感じ」#High Grade, Clear 




 ▼左が杜氏のドイテツ=土井鉄也氏。
 ちょっと「シャンパーニュ特集」に手こずって、肝心の日本酒の記事が雑になって申し訳ない。所詮☆3の退屈な酒なんで、前説は宝剣が☆4.5を超えた時に改めて。

 宝剣、実はこれで4本目です。「純吟 八反錦 25BY=☆3.5」「純米 八反錦生 26BY=☆4.5」「夏吟醸涼香 26BY=☆4」というのがオレ個人の宝剣史。今回は山田錦40の中取りです。




 一面差し替え!
houken_jundai27by4.jpg
▲真相は知らないけど、かりにオネエだとしても、それって隠したり恥に思うことかね。オレの好きなHouse Musicのジャンルなんて、DJも含め、クリエイター連中、もうゲイだらけよ (笑) 。大学時代にゲイやレズの知人もいたし、親しくしてた先輩にジェンダーフリーもいたし、別になあ。



houken_jundai27by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【250】宝剣 -ほうけん- 限定中汲み 純米大吟醸 山田錦 27BY <広島>

宝剣酒造 株式会社:http://www2u.biglobe.ne.jp/~houken/


Moukan's tag:



※実は一昨日に開けてます──珠韻があまりに不味かったから急遽。


 立ち香──王道山田錦の純大ライクなメロン、バナナ。でも全体には淡いトーン。デパートで売ってる田舎大吟醸よりは清楚に麗しいタッチ。コアに芯のある酸も感じる。注ぐと、瓶口とグラスとの間に少しトロっとした小さな滝が現れる。


houken_jundai27by3.jpg 含みます──。

 まだ硬いかな。それでもNSフィールド全開 (なんすいふぃーるどぜんかい) なツルツルのテクスチャーを明白に感じる。ド頭の淡い流れから一転、退けにかけては宝剣的な力強いキレ上がりもあって、初日の開けたては、ここのバランスが少し悪い気がする──つまり、頭と尻尾のバランスがややチグハグ。「東洋美人 - 酒未来」でも同じようなニュアンスがあったから、2日目以降は落ち着くでしょう。

 ほう、徐々に桃が出てきた。淡い飲み口とのコンビネーションにより、まるで「桃の天然水」みたいなストラクチャー。まあ、同じ広島のカモキンよりは「純大を呑んでるなあ〜」という実感はあるし、やはり、この透明感は磨き50や60ではなかなか体験できない──とは思わせる──GA!──でもまあ、別に無理して買うほどの酒ではない──720mlが2,700円 (税込) だしね。




── 2日目。



houken_jundai27by1.jpg
 ▲心配でしかない危ういカップル。



 立ち香は初日よりも明るいトーンだね。まあ、フルーツ換算ではだろうね。ややクリーミイなニュアンスもある。そこも含めて「東洋美人」みたい。つうか、宝剣って、そもそもこんな酒だったっけ? ドイテツの見た目からは想像もできないほど清楚で美しいタッチなんだけど (笑) 。

 どうかなー


 ああ。フイン (しゅいん=珠韻) の後だとやたら旨く感じるな (笑) 。とはいえ、そこまでの酒でもねえな。冷たすぎるのは良くないかも。とにかくスベスベな「桃の天然水」。

 うーん、なんかねえ、大胆さというか、力強さというか、端的に言うと「感動しない酒」──これに尽きる。なんか出来よくまとまっちゃってるなーという感じ。これ言って伝わるか微妙だけど、あれよ、そこそこ人気の出てきた若い歌手がアコースティックLIVEやるみたいな、あの感じ。そりゃね、ヒット曲をボサノヴァやジャズ調にアレンジして小箱 (キャパの小さな会場) で演奏すりゃ、だいたいのリスナーは騙されるからね。映画もそうじゃん。「泣ける話」を作るのは簡単──お互いに好き同士の男と女がいて、物語的暴力によってそのどちらかを殺せば誰でも泣いちゃうという話でしょ

 うん、全然、面白くないね。宝剣の山田錦40だから、オレはドイテツのアーティスト魂というか、固有の何かを感じたいけど、こうも優等生なスベスベ酒を出されてもなあ。この酒がどんな味なのかを説明するなら、これまでに何度も出てきてるけど、「最後が渋くて辛い酔える桃の天然水」──こういうことになると思います。

 ☆3ですね。まだ若いんだから、収まり良くまとまっちゃいけない。ちょっとばかし自信過剰な若者が巨匠かぶれしてるだけの酒。もしかして「広島の十四代」を目指してる? 笑わせるなよ。

 なんかオレのこと「味の濃い酒が好きな人」だと思ってる人がいるみたいだけど、それは勘違い──そんな嗜好の人間が「和心 - 純米大吟醸 山田錦」や「作 - 槽場直汲み 純米原酒 PROTOTYPE G」に高い評価を与えるか?──オレは単に出来のイイ酒が好きなだけなんだよ!──だから宝剣の純大を呑むなら、オレは「八海山 - 特別本醸造」を買って、残った金で刺身を2パック買いますわ。

 JO管理に移行して、気が向いたらお燗にするわ。




── 3日目。



houken_jundai27by5.jpg



 JO (じょうおん) で。

 この温度になると、いろいろアラが見えてくるかな。この香りはあんまよくないねえ。

 とはいえ、含むと、味わいとしてはRS (れいしゅ) よりも力強さは出るかな。米の旨みもしっかりしてるし、それなりに芯のある酒ではあるな。ちょっと最後が渋くて苦くて辛いけど、まあ、これは宝剣ならではの設計ではあるのかな。「桃の天然水」あらため「桃のヤンキー水」

 少しだけレンジ燗──。

 やっぱ相模灘なんかと被るよな。ややオラオラ系というか、それでいてデリケートというか、繊細なタッチもあって──オレの苦手なタイプの人間だ (笑) 。桃から生まれた「桃牛乳」──悪くはない。

 でもまあ、普通かな。感動はしない。所詮はヤンキー上がりのくせに無難にお行儀良くまとめた全く面白くない酒。もっと暴れろよ──つうか、宝剣らしい、ケレン味、もっと見せろよ。

 純吟以上のハイスペック純米をお燗にするなら、「黒龍 - 純吟三十八号」の方が遥かに素敵。


moukan1972♂






日本酒 宝剣

Comment

Add your comment