ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「高いのと安いのとワイン樽熟成と」 





本日までの転入生2016_12_2
 ▲袋いらねえから200円値下げしてくれ (笑) 。




 毎度アクセスありがとうござます。


haginotsuru_kikizake_set27by4.jpg すでに御報告した通り、これらの他に「萩の鶴 きき酒セット」もあります。なお、このセットは 12月10日 (土) 、11日 (日) に開栓いたします。酒として微妙な出来だとヒジョォ〜に気まずいんですが (笑) 、どれが一番好きだったとか、コメント欄から感想などいただけると盛り上がります。

 オレはこのままの気分が持続すれば、土曜に①と③、日曜に②と④を開けます。本当は④の活性ニゴリを最初に飲むのが常識的だとは思うが──カンパ〜イ!──、同じ醪の酒なので、最後に飲むことで通奏低音を感じたい──乳酸フレイヴァーの中に①〜③のニュアンスを探したい──ので、あえて④は最後にデザートとして単独で飲む予定。④を最初に飲んで①〜③の中に同一醪のニュアンスを見つけるのは、さすがに難しそうなので (笑) 。

 尚、写真に酒とは関係ないモノが写っていますが、厳密には無関係ではありません




ტ 本日までの転入生


◤磯自慢 しぼりたて本醸造 生貯蔵 28BY <静岡>
◤東洋美人 純米大吟醸 特吟 播州愛山40 27BY <山口>
◤山本 和韻 ワイン樽熟成 27BY <秋田>



 磯自慢は、新酒時期〜春頃までリリースが続く、一回火入れ (通常は二回) のレギュラー本醸造。ラベルには「生貯蔵」と書いてあるけど、そもそも論理的に考えて、「しぼりたて」なんだから「生で貯蔵」なんかしてるわけない (笑) 。一般的に言うところの「生詰」という理解でいいと思う──それとも一度「生のまま」タンクに移して急速火入れしなけりゃ「生貯蔵」という判断か!?──ともかく、この季節だけの一回火入れヴァージョンです。

 実は我々は、日本酒を本格的に飲み始めたばかりの頃は、日本酒だけを飲んでいるわけではなかった。ちょうど夏の暑い盛りに目覚めたもんだから、当然、最初の一杯は缶ビールだの缶チューハイだのを飲んでいた──まさに漆黒歴史! DE、当然、すでに肝臓を無駄使い (←「使い」は故意の誤用です) してる状態で日本酒に移行するもんだから、純米規格の生酒なんかを飲むと、ガクっと酔う。それで2014年の夏〜冬頃までは本醸造を買いまくっていた時期があったのだ!──夏が過ぎると徐々に日本酒onlyになり、本醸造を買うことも激減していた。ちなみに当時の我が家用語では、缶ビールなどを飲まず、いきなり日本酒を飲むことを「イキミガ (いきなり磨く=最初から日本酒を飲む) 」と言っていた。もちろん、今は365日ほぼイキミガです!

 さすがに十四代の本丸は買えないから、それに並ぶと思われる有名どころは一通り。この磯自慢の本醸造には「特撰」「別撰」「レギュラー」の松竹梅があって、もちろん全て25BYに一升瓶で空けてます。結論から言えば、オレは──moukan1973♀は覚えてるワキャない (笑) ──梅の「レギュラー」が一番旨いと思った。なので、2年の時を越え、今回は「しぼりたてヴァージョン」で飲んでみようかなと。

 東洋美人の「特吟」は3年ぶりのリリースみたいなので、当然オレは初めて見たし知った。ちょうど東洋美人の愛山を呑みたかったし、年末のハイスペック酒として、やはり馴染みのある銘柄の方がその違いを堪能できるだろうし、税込で4,320円だけど、別に余裕ですね!──今年はまだ一度も夫婦そろって夜に外食してないしね! 十四代の極上諸白と飲み比べちゃおうかな!──空元気です。

 和韻は「山本版ワイン酵母低アル商品」で、これの生原酒ヴァージョンは☆5です。今回はその「ワイン樽熟成ヴァージョン」。ちょっと前に通常の「一回火入れヴァージョン」もリリースされて、そっちはスルーしたんだけど、28BYは篠峯の木香問題もあるし、好きな酒の「木香の有る無し」を確認しておきたい意味もあって、それで買ってきた。前回と同じく、池袋の升新商店ね。

 さーてと、今宵も色メガネ美酒の設計ミスでも呑むかな。


moukan1972♂






日本酒 東洋美人 愛山 山本 磯自慢

Comment

Name - サンジュリアン  

Title - 

そう特撰と姿の純大とダッコちゃん(古いけど、分かるかな?) でした。
正月に日本酒好きな娘夫婦が来るので、これら3本開ける積りです。
2016.12.02 Fri 21:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

十四代のダッキーですか (笑) ?
しかし、東洋美人の特吟を付録にするとは、その酒屋もなかなかやりますね。
この袋、なんか繊細で強度が弱そうなので、すぐに破けそうなんですよ。
そうかと言って、取っておいても意味がないっていう (笑) 。

もしかしたら「初チェリー」を感じれるかもしれません。
もちろん、赤ワインのような鮮烈なチェリー感ではなく、
もしあるとすれば、日本のサクランボですね。

2016.12.02 Fri 20:58
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

東洋の特吟 買ったというか付いてきたので、評価が楽しみです。あのアルカンターラぽい袋 良いワイン人にプレゼントする時に使えますが、確かに200円はしそうですね。
2016.12.02 Fri 19:25
Edit | Reply |  

Add your comment