◤本日の1曲♪【UK SOUL】Jaki Graham - Breaking Away (1986)  

genre tag:UK SOUL
▪︎せっかくの流れなので、昨日のBarbara Penningtonに引きつづき、同時期のUK SOULをもう一発──とはいえ、この曲を世界で最も愛してるのは間違いなく日本人です (笑) 。オレより少し上の世代の間では、当時クワナリDiscoで流行ったそう。オレは中学1年だったから、ラジオで聴いて好きだった程度だけど、大学時代にレコードを集め始めた1992年には既に12inchは人気レア盤だったな。ユーロビートに強い店なんかでは、よく9,800円くらいで壁に飾ってあったけど、渋谷宇田川町の吉牛の隣にManhattan Recordが進出して来た時、オープニングに足を運んだら、シレっとMint ConditionのDead Stockが3,800円で売っててウヒャウヒャ言いながら買ったことを久々に思い出したよ。


▪︎これ、無駄にエロいIntroのAlbumヴァージョンもいいんだよな。12inch収録の更に無駄にエロい「Sax Version」──saxだぞ!──はYouTubeには上がってない。1993年だっけか?──1994年だった。Jaki Grahamは日本のAvex傘下のCutting Edgeから懐メロ歌手扱いで『Real Life』というアルバムなんか作ってたっけ──確か日本資金の制作だったはず。明らかにディレクターが昔好きだっただけだろ。バブル前夜にブカブカのスーツ来てシャンパン片手にテロテロ踊ってた姿が眼に浮かぶわ (笑) 。というわけDE、この曲が海外のDJシーンで真面目に扱われることはありません。そういう意味では我が国だけのクラシックスです。












 ▶︎Introがヌケから始まるExtended Version
 

 ▶︎無駄にIntroがエロいAlbum Version
 

 ▶︎今はSNSで積極的に情報発信してます。
music_jaki_graham1.jpg
 photo: jaki-graham.com


UK_SOUL

Comment

Add your comment