◤本日の1曲♪【DEEP HOUSE】Sabrynaah Pope - It Works For Me (King Street Club Mix) 1993 #Victor Simonelli Remixes, Blaze 

genre tag:VOCAL HOUSE, DEEP HOUSE
▪︎昨日は「パンチラ事件」のせいで何となく更新の機会を失ってしまいましたが、「Over Like A Fat Rat '95 」からの流れを受け継いで、しばらくゴリゴリにUndergroundなVoハウスを選曲しようかね。ま、一番得意なジャンルだし。

▪︎というわけDE、ウルトラマニアックですみません。その証拠にYouTubeでも1人しかUPしてません。一体いつ消されるか。ま、個人的に知りうる限りで、'90年代におけるVictor Simonelliの最高傑作でしょうね──というより、初期King Streetでこれを超えるモノってあるのか? ここまで来ると、さすがに一般のリスナーにはついて来れないと思いますけど、まあこれが1993年という時代における〝最もコアなNY産Undergroundボーカルハウス〟の極みでしょうね。日本酒で言うところの〝エキス感〟ハンパないってヤツです (笑) 。音楽的精米歩合も30%を切ってるでしょうね。無駄なモノが一切ありませんから。

▪︎昨日サボったお詫びに──もしかしたら「酒」ではなく「音楽」目当てにここへアクセスしている変態紳士淑女諸君も少なからずいると思うので──音楽偏差値高めのリスナーには、少しコアなポイントを紹介しておきましょう。

①日本の商業用音楽における「サビ」の概念はない。
 一応、「It Works For Me〜♪」というバックコーラスのリフレインがそれに相当すると思うんだけど、普通はメインボーカルがサビのメロディーをなぞります。ところが、この手の歌モノなんかでよくあるのは、サビ的なメロディーはコーラスに任せて、メインボーカルはそこにアドリブ的に合いの手を入れるというスタイルね。これをオレは昔から〝NY的協奏性〟と言ってるんだけど、つまり、コーラスとの一体化の中でサビのような構造を浮かび上がらせるわけ。直線的なメロディー上に明確なサビがあるわけではなく、あくまでも音楽としての協奏的融和の中で一段階上のエモーションを紡ぎ出すわけだ。だから、この手の歌モノは、カラオケなんかで仲間とサビを大合唱できない──しても盛り上がらない。ま、我々はそもそも〝サビ〟で歌を聴くこと──楽曲の良し悪しを判断することは一切ないしね。そんなもんはラベルで酒を飲むことと同じだ。

②ボーカルパーツのリフ化。
 サビのコーラス後のツナギとして現れる印象的なボーカルLoop。これはボーカルの一部分 (パーツ) をサンプリングして──それを鍵盤楽器にアサインして機械的な繰り返し (Loop) 処理を施してるわけだけど、これはもはや「ボーカルパーツのリフ化」と言っていいClub Music特有の表現方法。想像してみてほしい──これ、ミスチルやドリカムの曲で、こういうアレンジがあり得るか──と。DE、この「ボーカルパーツのリフ化」の起源じゃないかと最近思ったのが、先日取り上げた「Marta Acuna ‎- Dance, Dance, Dance (1977) 」の2分50秒からのブレイク部分におけるボーカル処理ね。

▪︎当然、1977年の時点でサンプリングマシンはないから、Patrick Adams (写真右) は10年先の快感属性を既に検知してたんだよね。「天才とは未来人のことである」というのは、まさにこの点においてだ。そして1977年当時のリスナーがこれを聴いてもどこに斬新性があるのか全く気づかないわけだから、同時代の創作物に対してリアルタイムに理解できる──理解できたと思っている──天才性については、一度疑ってみた方がいいかもしれない。そもそもアナタの凡庸な感性で10年先の何がわかる? 悲しいけれど、我々にできるのは、10年前の天才物を今の地点から掘り起こすことくらいというわけ。だから、ある意味で「神=天才物」というのは過去という時制においてしか存在し得ないのかもしれない──今目の前に突然キリストやアラーが現れて「わたしが〝神〟です」と言っても誰も信じないし、誰もそれが神だと確かめようがない (笑) 。

▪︎この曲から知れることは他にもたくさんあるけれど、一冊の本になってしまうので今日はこのへんで。












 ▶︎'90s初期のNY Houseを30%まで磨いて煮詰めるとこうなる。
 

 ▶︎2分50秒からのブレイク部分のボーカル処理に注目。
 

 ▶︎House系ボーカリストとしては既に大ベテランの域のSabrynaah Pope
music_Sabrynaah_Pope1.jpg






※2018/5/10/12:11追記

 ▼長澤まさみと結婚したい (嘘4) 。
kujira_jungin29by2.jpg
 bottle size:720ml





【606】櫛羅 -くじら- 純米吟醸 中取り 無濾過生原酒 2017 (29BY) <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




▪︎酒米/精米歩合:奈良県御所市櫛羅産 山田錦/50%
▪︎酵母:協会9号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+6/2.0/0.8
▪︎ALC:17%
▪︎処理:中取り無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年2月
▪︎管理状況:2018/4/27に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2018年5月8日 (水) /ブレンド酒の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み





kujira_jungin29by4.jpg



 立ち香──あああ、麗しの〝赤い果実系〟です。ただし「Type-9」や「凛々」に比べるとかなりスリムだけど。穏やかにフルーティーですね。十全と〝らしいエレガンス〟に出会える。イイ感じの甘みの先読みもある。バニラとミネラルの美しい合一。現代日本酒に望むべく最高のブドウ香に満ちてる。

 これはいいのか?──。

 こんなもん、口に入れた瞬間に旨いわ。ガス感のラインもスマートかつシャープで美しい。でもまだ少し苦い。でもいい。含むとリンゴ系の甘酸がある。あああ、久々にいいかも。これは熟成向けだなあ。イイ感じのソリッドネス。まだまだドライだけど、今の段階でもドライ野郎なら超ストライクゾーン。シャキシャキな果実味の中には日本の梨もあるね。そしてミンティーな余韻の中には甘辛いジンジャーエールのヒント。

 先日facebookのメッセンジャー機能を通じて堺杜氏と少しやり取りした時に造った本人から「愛山純米大吟醸、雄町純米大吟醸、櫛羅純米吟醸あたりは中々の出来かなと思います。」という事前情報を頂戴していたわけだけど──どうせ買うから参考にしていたわけではない (笑) ──、実は今日は5/10 (木) で昨日5/9に「愛山45」を飲んだことも踏まえると、この言葉に嘘はないし、オレも完全に同意見。今のところ、この3本が確かにTOP3──櫛羅>雄町50>>愛山45──だわ。ただ、雄町に関しては、オレの場合、現時点では「Type-M」派だけど。



kujira_jungin29by5.jpg



 これはいい。まだまだポテンシャルの半分も発揮されてないけど、オレには未来が見えるな。変な話、来年の「Kodama Tuning」は超狙い目だよ (笑) 。「智則 (月山) サイコウ!」とか言ってるオコチャマにとっては色が入る前の塗り絵に感じるだろうけど、もうね、ストラクチャー (基礎工事) は完璧。あとは時間をかけて部屋内部の飾り付けをするだけ。

 ただし──Death。これが今後の危険分子になるのかは今の段階では分からないけど、既に薄っすらブランデーみたいなスモーキーなブドウ感があるんだよ。燻んだ黒寄りの紫なニュアンスというか。それでも全体には下書きレベルの味の出方だから、これは熟成させると面白そうだ。つうか、このドライでクリアな状態でも全然オレは飲めるから、720mlを1ダース買ってもいいわ。オカワリ確定。1800mlの育成はこだまの店主に任せてさ (笑) ──ァあ〜りがとうございますぅッ!



kujira_jungin29by6.jpg



 旨い。これが千代酒造の本気だわ。「ろくまる」飲んだくらいでウダウダ言ってんじゃねえよ (笑) 。29BYの大本命ですね。この、嚥下の道に聳え立つ美しいエキスのモノリスだよ。そこに酸が反射して、ストンと上から下に落とす縦ノリのGroove基準でありつつも、余韻の中では横に揺さぶりをかけるっていう、音楽的には極めてストイックに黒いんだよ。わかんねえだろ? だからいつまでもクソ酒なんか飲んで満足してられんだよ (笑) 。そうだな、これはNY Houseで言うと「Sabrynaah Pope - It Works For Me (Victor Simonelli Remix) 」のようだ。クリスタルでありながら、漆黒の、それでいて美しい闇があるよ。

 いちいち面倒くせえな。黙って飲めよ。口に合わないなら、もう一生「千代酒造」の酒を飲まなくていいから。

 うすはりだと口どけミラクル。ヤバイ。久々に来たな。これはイイ。絶対イイな。今後、オレに何かの酒を薦める場合、これを飲んでる人に限らせて頂きたいです。もちろん、BBSに書くのは勝手な──相手にしないけど。だって話が通じねえじゃん。ま、同じ酒を飲んでても話なんか通じないんだけど (笑) 。





 moukan1973♀チャレンジ!!!
kujira_jungin29by7.jpg
 ▲今日は事前に「櫛羅の純吟29BY 、これ、かなりイイな。まだまだ全然ドライだけど、久々に天才炸裂してるわ。今日の酒を捨ててでも帰ってから飲むべき。これは半ダース欲しい。」とメールしておいた。


 ♡☺♡「あああ。たしかにこれは旨い。なんか、はじめて篠ちゃんを飲んだ時に覚えた感激に近いものを感じた。下書きわかるぅー。ポテンシャルがあるのもわかる──ホントかよ (笑) 。これは寝かせたい感じ。全く無駄がない。スーパーソリッド。ちなみにこれアルコール度数いくつ? 17度!? やっぱ美味しい酒は重くない」  dಠಠb「なにより、他に似てる酒がないよ。だから買うしかないんだよ






kujira_jungin29by8.jpg



 ここでチョイ黒澤の青信号──。

 ♡☺♡「香りがいい。だいぶ良くなったね。アタシからするとグレープフルーツの香りがするの。でも、飲むと複雑な味がする。とにかく香りがいいよ

 ようやく蜜っぽい甘やかさが伸びて来た。含むとまだまだザラザラしてるけど、ブランデーっぽい苦みもあって、なかなかに魅せてくれますね。まあ、流石は我が家の御三家という感じです。

櫛羅」はmoukan1973♀が明日飲む分を確保して、久々に一日で空いちゃったよ。まあいいや、たった今、720mlを4本ほど注文したから。そして、近日中に1800mlで再飲する。こんな酒、堺杜氏にしか造れない。29BYのmarvelous候補筆頭!

 そうそう、割りとどうでもいい我が家の今後の予定をお知らせしとくわ。今週末から来週にかけては「篠峯/櫛羅」の「純大雄町 Type-M」と「櫛羅 純吟」と「純大愛山45」の1800mlを同時に開けて回すわ。これで最高の1週間になる (笑) 。今、5/10 (木) の午前11時半なんだけど、午後から晴れて気温も18℃まで上がるみたいなので──と思いキーヤ、今日も冷たい雨じゃん。ううう、秋山にこれの1800mlを買いに行って夜にガブ飲みしたいんだけど。。ひとまず電話して取り置きしておくか。つうかマチダヤも「櫛羅」入れろよな。基本、もう卒業かな、あの店も。オレの欲しい酒、あんま売ってないし、オレの方が詳しくなっちゃったから、なにより酒の話が全くできないんだよなあ。ま、それはマチダヤに限ったことじゃないけど。





── 追記 (2018/5/12/10:20) 。

 メルマガにも書いたけど、まさかの秋山SOLD OUT。ま、ここは720mlは最初から入れてないけど。そこそこ売れてるみたいな。そりゃそうか、旨いもの。来年の「Kodama Tuning」は注目です。オレはオレで1800mlは買い直すと思うけど、27BYよりは明らかにピークは早く来るだろうな。26BYほどの肉感はないけど、味や甘みやエキス感の表情は26BY寄り。

 少し繊細なバランスなので、飲み頃を捕まえるのは難しそうだ。要するに「黙って1〜2年放っておけばいいんでしょ?」──という簡単はない。ま、720mlを追加で4本買ったから、定期的に開けて行けばいつかは最高の状態に当たるだろ (笑) 。こういう酒は今時期に一度だけ飲んで「はい、クリア!」はない。まだまだ日本酒スタンプラリーが楽しいお年頃ならそれも仕方ないけど。





── 追記2 (2018/5/12/16:31) 。

 最初の追記を書いたあと、堺杜氏とfacebookのメッセンジャーで数往復のやり取り。その内容はメルマガで配信した通り。さあ、こうなると2ndロットの出来が気になるところ。問題は見た目で判断できないことだけど、5月印以降の720ml、6月印以降の1800mlは2ndロットと考えていいでしょう。4月印は微妙だけど、1〜3月印ならどっちも1stロットで間違いなさそう。



 Additional Notes 💬

dಠಠb
「というわけDE、来年リリースのKodama Tuningがどっちのロットで仕込まれるのかという新たな問題が出てきた。すでに囲ってるのか、残った2ndロットで仕込むのか。ま、それも含めて楽しむのがヲトナってやつの余裕なのかね (笑) 。それにあれだよ、もしかしたら2ndロットの方が出来が良いという可能性もあるわけだから、何がどうなるかは分からんぜ。

 ただし、もしもそうだった場合、酒屋がバックオーダーしない限り、出来の良い2ndロットが蔵に残ることになる。ま、その時は生熟商品として翌年に登酒店やKTR (きとら) に営業をかければ、たぶん彼らなら引き取ってくれるんじゃないすか? そして、それをオレらが買うと。中身さえ旨ければ最終的にはなんとかなるっしょ。あとは冷やおろし時期は旨い生酒のリリースが減るので、櫛羅の晩秋旨酒Verを出すとか。これ、意外にアツいと思うな。旨けりゃうちのブログでもガンガン推しますから──重ねて言うけど、旨けりゃね (笑) 。」



moukan1972♂







VOCAL_HOUSE DEEP_HOUSE

Comment

Add your comment