◤北安大國 - 純米 無濾過生原酒 27BY ── dതതb「普段ブログで息巻く文学的不良中年のこのオレを、不意にホっとさせるNGMフィールド全開 (なごみふぃーるどぜんかい) な愛くるしさがある」#Umakuchi, Okan 




 特に生産地を気にせずに思うがままに買っていると、ある日、冷蔵庫を見て、ふと気づくことがある──あれ? なんか長野の酒、多くね?

 というわけDE、北安大國 (ほくあんだいこく) です。オレは初呑み。moukan1973♀は記憶にないだろうけど2度目 (詳細は後述) 。先日──と言っても「だいぶ前」──に8本まとめ買いした「地酒屋こだまシリーズ」の1本です。これで7本目。これまでに空けた6本については、☆7が1本、☆5が3本、☆4.5が2本という驚異の高アベレージを記録中。365日こんな酒ばかり呑んでたら確実に肝臓壊しますね (笑) 。とはいえ、今回も期待してます。




 これが噂の「地酒屋こだまシリーズ」だ!
本日までの転入生_2016_8_29_2
 ▲圧巻の8人衆。中でも櫛羅の26BYは頭二つ抜けた鳥肌モノの銘品。




hokuandaikoku_junmai_nama27by2.jpg さて、北安大國。25BYからは山廃ラインの「居谷里 (いやり) 」も造りをスタートしていて、たまたまか、オレの行動範囲においては、実はこっちの方がよく見る。今回は北安大國の中でも真ん中クラスの純米生原酒をチョイス。

 実は2年くらい前、moukan1973♀が友人たちと大塚で飲んだ際に♡☺♡「旨い!」と写メを送って来たのが、この純米生──もちろん、本人はそのことを覚えていない。以来、いつか買おう買おうと思っていて、こんなに時が過ぎてしまった。店の名前は忘れたようだけど、間違いなく「こだま酒」を入れてる店でしょう。

 スペックは長野県産の「ひとごこち」を長野流に59%まで磨いて──この「59」という精米歩合は、まるで長野地酒の伝統芸のよう (笑) ──協会701号酵母で仕込んでます。蔵のHPによると「日本酒度:−4、酸度:1.8」で、スケジュール的には毎年12月から出荷される限定品の模様。ということは、この7月出荷のロットはおかわり分なのかな。そうだとしたら、割りと寝てることになる。




hokuandaikoku_junmai_nama27by1.jpg


 ▼製造年月は、搾った日でも詰めた日でもなく「出荷日」に準じるのが基本。
hokuandaikoku_junmai_nama27by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【232】北安大國 -ほくあんだいこく- 純米 無濾過生原酒 27BY <長野>

北安醸造 株式会社:http://daikoku.wpblog.jp


Moukan's tag:




 実は昨日開けてるので、2日目を飲みながら清書してます。整合性は気にしません。途中に2日目の感想も勝手に挟みます。許せ。


 立ち香──7月出荷だけど、これ、多分おかわり分だな。結構しっかりした熟香がある。こだまの店主はHPで「パイナップルやオレンジを思わせる北安らしい南国系」とコメントしているが、最近呑んだ「亀甲花菱 雄町」の記憶がまだ新しいので、オレには全く南国系には感じない。むしろ、ほっこりと物腰柔らかな「」のニュアンス。

 同じ長野でも、「幻舞」や「夜明け前」のように華美に香るわけではなく──フルーツ換算で言うと、ちょっと干し杏みたいな甘酸を感じるよ。熟味はややドライフルーツ様の酸と、少しザラつきのあるホロ苦いスモーキーなタッチが優しく折り重なるイメージ。確かに柑橘系の線の細い酸も奥でしっかりあるけど、色彩のトーンはあくまでもパステルで柔和なレベル。


hokuandaikoku_junmai_nama27by4.jpg 含みます──。

 いわゆる一つの「いいですねえ系」です。

 最近呑んだ中だと、イイ意味で「萩の鶴 特別純米 無加圧直汲み」を少し野暮ったく愛らしくした感じ──もしくは「永寶屋 雄町生25BY」を快活に人懐こくした感じ。オシャレでもないし、研ぎ澄まされてもいないけど、普段ブログで息巻く文学的不良中年のこのオレを、不意にホっとさせるNGMフィールド全開 (なごみふぃーるどぜんかい) な愛くるしさがある。流行とは無縁の地酒的な土着性もあって、モダンや洗練の追求に疲れた都会人が「ここぞのタイミング」で呑むと、その印象も良い方向へと倍に伸びる──そして、それが今のオレ


hokuandaikoku_junmai_nama27by6.jpg 甘苦いタッチもありつつ、旨みもさほど広がらず、やや複雑味のあるザラザラしたテクスチャーに重なる熟味ライクな五味を、スリムでキレイな酸がしっかり縁取る。一口で「甘いだの酸っぱいだの苦いだの」で表現できる酒じゃないよ。わりと平面的なストラクチャーではあるものの、逆に米由来の優しい甘みが、旨みや苦みに人懐こくまとわりつくニュアンスで、これが存外に楽しい。思ってたよりも飲み口は軽い。

 写真じゃわかりにくいかもしれないけど、色はうっすら黄色。あのね、とにかくサイズ感が気持ちいい。ポチャっとした感じもありつつ、甘旨の広がりはそれほどでもないから、背の低い、少しぽっちゃりした可愛い子ちゃんみたいなプロポーション。

 長野地酒特有のミルキーなニュアンスもありつつ、露骨に「牛乳」まではいってなくて、言うなら、コーヒーゼリーにかけるポーションみたいな、添え物としてのミルク感。「村祐 茜ラベル生熟」を小粒でタイトにした感じ。かと言って、退屈でスカした酒じゃないよ。キャッチーでありながらも清楚で品良く、甘いは甘いけど、このカカオ様の酸がくっきりと味の輪郭を縁取ってるよね。特に2日目は酸による旨みの縁取り感が絶好調。もはや「甘い酒」ではなく「酸のキュートな優しい旨口」というルック。熟味の出方も大仰ではなく、とてもエレガントなレベル。苦みの出方も全く問題ない。


hokuandaikoku_junmai_nama27by5.jpg いいっすね。米由来のパウダリーな舌触りも心地良いです。温度が上がってくると、甘みより、渋み、酸味の方が前に出てくる。あれじゃん──昨日はようやくここで思い出した──なんか甘酸のメリハリの強い「永寶屋 雄町生25BY」だよ。ちょっと酸に軋みがあってウッディーなニュアンスも感じるけど、いいっすね。食中は甘みが引っ込んで、和な含み香の中で渋みや酸を感じるんだけど、逆にこれが食事の邪魔にならないっていう。

 RS返し──。

 満腹というオレの内蔵条件があるにせよ、属性として「甘い酒」だとは感じないかな。旨みの表面に五味が色彩豊かに折り重なる流れ。立ち香では熟味も感じたけど、まだまだ若いね──初日はこんな印象、でも2日目にはドライフルーツ様の熟味もわかりやすく発散している──こだまでは独自に熟成させてるオリジナル商品もあるみたいだけど、確かに、この状態ではこの酒の全ては楽しめないかも。

 これ、明らかに「お燗」も旨そうなので、グラス一杯分しか残ってないけど──ここで時制が2日目と合致 (つまり、金曜の今のオレ) ──、せっかくなので、やってみましょう。




hokuandaikoku_junmai_nama27by7.jpg




 レンジ燗 (500wで30秒) ──。

「生酒燗」特有の、このギザギザしたミルキー感、ここまではいいとして──ウホ、甘酸っぱ!

 いいですねえ〜。お燗に関しては「萩の鶴」「永寶屋」「村祐」よりも遥かにいい。原酒だけど、アルコールの浮きも気にならないし、甘みより酸のトーンが一気にパステルから原色系に明るくなって、加えて、ミルキーな旨味が一気に膨らむ。でも、酸が効いてるからブチャっとしないんだな。

 これは一升瓶で買うべきでしたね。☆4.5です。誰が呑んでも美味しい、とても愛らしい地酒。オススメです。


moukan1972♂






日本酒 北安大國

Comment

Add your comment