◤田酒 - 山廃 純米吟醸 華吹雪 27BY ── dーーb「要冷蔵の記述は蓋ではなくラベルに書いてください 」 




 26BYあたりから、なんかよくわからん新商品──2日目に糠味噌臭くなる白麹の残念酒とか──をチョロチョロ出してる田酒ですが、今回の山廃純吟も27BYの新商品です。何も書いてないから二回火入れだと思う。

 最近呑んだ「外ケ濱 - 純米吟醸 TREIZE 蔵人仕込み AY」はイッチュワイニャニ (一体何) がしたいのか全くわからなかった退屈でジョージェモニイ (どーでもいい) 酒でしたが、むしろ「山廃生の直汲み」をリリースした方が、蔵としてはよっぽどチャレンジなんじゃないかと思ってるのは決してオレだけではないデホー (でしょう) 。新しいことに挑戦する姿勢は正しいし必要なことだけど、なんかピントがズレてるというか、明確な主張やコンセプトが見えてこないところが少し寒いし痛い。

 スペックは某酒屋のHPによると、「華吹雪:50 (麹米) 、55 (掛米) 」の模様。どちらかと言うと燗上がりタイプの酒質を期待して買ったんだけど──だって特別純米山廃のお燗、超絶旨いもん──、数値が「日本酒度:−3.6、酸度:1.86」なので、数値的にはRSフィールド圏内にBestの温度帯がありそう。ま、いろいろやってみますわ。正直、それなりには期待してます。




denshu_jungin_yamahai27by1.jpg

denshu_jungin_yamahai27by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【230】田酒 -でんしゅ- 山廃 純米吟醸 華吹雪 27BY <青森>

株式会社 西田酒造店:http://www.densyu.co.jp


Moukan's tag :




 立ち香──香りは穏やか。わりと素直な乳酸系。特段の甘やかさもフルーツ感もなく、しっかり酸っぱそうな気配。純吟らしい透き通った見晴らしもなく、ややくぐもったバナナ様の甘酸の中から、セメダインが劣化したような、少しツンと来る、先日の獺祭23で感じたガソリンのような──油っぽいセメダインと言えばいいのか、修理の得意な自転車屋の匂いと言えばいいのか、ちょっと邪魔な香りがありますよ──「今わたしは、おばあちゃん家の桐箪笥を超える!!


denshu_jungin_yamahai27by4.jpg つい先程、昨日飲んだ「黒糀96」の空き瓶をゴミ置場に捨ててきたんだけど、変な話、その空き瓶の口からの香りの方が芳醇だった。

 実はオレ、瓶を捨てる時に、よく別れを惜しんで最後に瓶口を嗅ぐんだけど、どんなイイ酒でも、だいたい捨てる時に空き瓶から漂う香りはそこらの紙パック酒と大して変わらないことが多くて、そんな中、「黒糀96」は、なぜかそのままの香り (瓶に酒が入ってる時と同じ香り) だったんだよ──DE、そっちの方が今日の田酒より全然イイ香りだったっていう。

 アアニュウホウライ? (Are you all right?)


 含みます──。

 まあまあか?

 やっぱ軽いんですよ、山廃っていうのは。RSフィールド全開 (れいしゅふぃーるどぜんかい) だと、旨みのプレス感は強め。ここに酸の潰れが引き起こされるから、それを人は「味わい深い」とか「濃醇」とか言うらしいけど、この状態を人の姿に変換したら、山廃というのは、ある意味で、かなりデフォルメされたプロポーションだとも言える。そう、たとえば「首長族の女性」とか、「コルセットを付けたヨーロッパ貴婦人」とかさ。

 味と香りの話をしよう。瓶は冷蔵庫から出しっ放し。すると温度が上がってきたので、改めて瓶口からの香りを再チェック。

 うーん、微妙だなー。冷酒は☆3ですね。RSフィールドを離れてJO世界 (じょうおんせかい) に移動すると、いろいろ雑な要素が浮かび上がる。アクティヴに不味いわけじゃないけど、ブロガー泣かせの退屈な酒ですね。


denshu_jungin_yamahai27by5.jpg 完全な常温になると、もはやあれですよ、新政のエピゴーネン (亜流、模倣者) 。こうなると、ますます何のため、誰のために開発した新商品なのか、全くわからなくなる。酒質の設計上、別に「特別純米 山廃仕込み」の上位グレードというわけでもなさそうだし。

 お燗──。

 ま、低次元の格付けではあるけれど、一応、今日イチかな。お燗にすると、実はニュルニュルした甘酸っぱい旨みが潜んでたという発見だけが唯一の興味というか。ハイチュウまではいかないけど、それなりのプレス感は楽しめる。でもなあ、今は他にいくらでも旨くて攻めてる山廃あるしなあ。なんかスゲえ中途半端。言うなら、作家性ナシゴレンの酒ですね。


 燗冷ましは、今日の中で最もポップでキュートな味わい。なんか駄菓子屋の、飲み物じゃなくて、お菓子の方のラムネみたい (笑) 。

 なんかね、田舎のおじさんがオシャレに失敗して都会で浮いちゃってるみたいなんだよ。なんでそこまでモダンに固執するかなあ。別にいいじゃん、お燗の旨い純米酒とお高めの純大山田錦だけ造ってりゃ。変に若者になびくと、ここの蔵は全く良さが出ないよ。だったら日本酒度+10とかの山廃直汲み生とか出してよ。ピチピチ&ジョワジョワのゴリゴリしたヤツをさあ。

 冷酒返し──。

 うーん、ちょっと雑なんだよなー。なんか、バナナ香に少しムワっとしたイヤな感じもある。今、「鍋島 New Moon 27BY 11月ロット」の4合瓶を思い出したよ。甘酸っぱさにつられてるうちは「悪くないかも」と思える瞬間がないわけじゃないけど、端的に旨い酒ではない。☆3でも☆3.5でもいいけど、基本は要ナシなので、☆3にしておきます。田酒だしね、そこは厳しめで




── 2日目。



 MJK (マジか) 。
denshu_jungin_yamahai27by6.jpg

denshu_jungin_yamahai27by7.jpg

denshu_jungin_yamahai27by8.jpg
 ▲テレ東とTOKYO MXはブレずに独自路線 (笑) 。



 夜に備えて瓶をフリフリ、栓を開けてたまま、しばし放置。少しだけ飲んだけど、昨日よりしっかり甘い。本編は夜21時以降の更新です。






denshu_jungin_yamahai27by9.jpg
 ▲今、気づいた。蓋に「要冷蔵」の文字。生命保険の「契約書」じゃねえんだから、大事なことは、もっと目立つ場所に書いとけよ。ったく、野暮ったいなあ!



 ちなみに「ちゃんと冷蔵」で保管してました。

 先ずは昼間に少しだけ呑んだ感想から──。

 昨日感じた、少しツンとした金属系の香りはほとんどなくなってる──あれ、なんだったんだろう・・・。冷たいままだと、まるでヨーグルトにまみれたバナナ様の香り。温度が上がってくると、甘やかさの中にお菓子のラムネも。フルーチェのオレンジなんかもあるかな。香りの発散性は昨日よりも遙かにあって、ようやく「吟醸酒を開けた!」という実感を与えてくれる。

 含みます──。

 やっぱ、基本RSフィールド (れいしゅふぃーるど) の酒かなあ。昨日は「田酒の山廃はお燗」という先入観もあったけど、今日は頭を切り替えて、「新政くんに憧れてる田舎の老紳士」というキーワードで飲んでるけど、まあ、ここにツラれてあげる方がこの酒の楽しみ方としてはベターでしょう。冷たすぎると、退けにかけての渋みや苦みがノイズに感じるけど、「これは新政に憧れてるお爺さんなんだから!」と自分に催眠術をかけながら飲むと、「この渋みは白ワイン的なミネラル感か!」と勘違いできなくもないので、このまま最後まで──騙され半分に──駆け抜けたい。


 意外に甘みが出てきたので、瓶を数回に分けて振って栓を解放させること10数分、これで夜にはストラクチャーにブチャっとした崩れが出て、少しはオレ好みの味わいになってくれるだろう。

 問題は田酒の一部の酒に共通の、ちょっとムワっとしたバナナ香をどこまで前向きに許容できるかだよね。この香りのニュアンスは「古城乃錦の純大」なんかにもあったけど、個人的にはそれほど好きな香りじゃない。汚い話で申し訳ないんだけど、なんか「ゲ●」を思い出させるんだよ (笑) 。


 ──と、ここまでは昼間に少しだけ味見した感想──


 そして夜が来た!


 んんんー。苦しゅうないけどな。最初の一口だけ「まあまあ」で、徐々に味も香りもよく分からなくなるタイプの酒。たまにそういうのあるじゃん。

 ところで最近の田酒って、新商品の企画・開発は全部若い連中にやらせてるんじゃないかな。この山廃も妙に狙いどころが若い感性に貫かれてるというか、〝ポップ崩れな感じ〟があるんだ。王道の通年純米を醸してるベテラン杜氏がこれを造ってるとは思えないんだよなあ。まるで別物だもの。


 やや酒に粘性を感じるようになってきた。ポチャっとまではいかないけど、サラっとしてるわけでもない。しかし軽いなー。昨日よりイヤな要素は減ってるけど、ますますTREIZEだよ──目指したのは味のする水ですか?

 むしろ酒単体より、食中の方が味や香りが分かる。パウダリーなテクスチャーとして感じる米由来の甘み&旨みもほんのりあるっちゃあるけど、なんか無理してるよ、オレ。まるで森や林の写真を撮って無理矢理「心霊写真」を探すようなものというか (笑) 。そんなもん、書くことへのオブセッション (強迫観念) に侵されたブロガーじゃなきゃ、いちいち拾わねえよ、面倒くさい。

 ☆3ですね。田酒の新商品でしょ? それなりに攻めてる姿勢を見せなきゃダメ




── 3日目。



denshu_jungin_yamahai27by10.jpg



 最初の一杯──というか、最初の一口は「まあまあか?」と思わせるんだけど、すぐにどーでもよくなるんだよな。ホント、何がしたいのか、全く造り手のパッションが伝わって来ない酒。

 これ、天下の田酒の新商品でしょ? なんか銘酒という立場に胡坐 (あぐら) をかいてない? 新政までやれとは言わないけど、もう少しラベルになんか書いてもいいんじゃないの? オススメの温度帯とか、コンセプトとか、新商品への意気込みなり挨拶なり。

 これ、無名蔵や特別に人気のない蔵の新商品だったら、絶対にこういう事ないよね。自分たちの思いを伝えたくて、必死に自己アピールするもん──というより、そうせずにはいられないのが人の心ってもんじゃないの?



 静かなる「要冷蔵」指定。
denshu_jungin_yamahai27by11.jpg
 ▲ブログで写真撮影する用事がなければ気づかなかった自信がある。



 この酒には、新商品のくせに、造り手の思いを伝えるような記述は一切ないし、「要冷蔵」は蓋に書いてあるだけだし、なんかね、「もしもし、オレ田酒だけどぉ、今度ジュンギンの山廃造ったんだけどー。えっ? 違う違う、トクジュンじゃなくてジュンギン。えっ? 違げえよ、ジュンダイじゃないくて、ジュンギン。新商品じゃん? これ、いる?」みたいな、まさにいけ好かない殿様商売ライクな雑さを感じるよ。

 こーゆー態度は良くないと思う。今後、もう田酒の新商品は買わない。こんな酒をありがたがってる酒屋も酒屋。思ったことはちゃんと言ってあげた方がいいと思うよ。最終的に、味が落ちて売り上げが落ちて困るのは「売る側」だから。うちらは黙って他の酒を買うだけ。オレは違うか。ここでボロカス言って他の酒を買う。

 とにかく味よりも態度が気に入らない酒。


moukan1972♂






日本酒 山廃 生酛 田酒

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

というわけDE、無事に鍋島、買えました。10月ロットです。
バカ旨かったら一升瓶で買い直してもいいかなーと。

八海山は舐めてましたね。
気楽にスイスイ飲めますよ。
お燗にすると米の旨みがホクっと。
300mlがデパートで普通に買えるので、また買ってしまうかもしれません。
越乃寒梅と久保田は未飲です。
来年は月に一度「そういう酒」を開ける日をイベント的に設けてもいいかもしれません。

あれ? 鳳凰美田、生原酒の28BYじゃなかったんですね。
新酒なのでキビキビしてると思います。
旨みを引き出すなら、寝かせて雪解けの季節に開けるといいでしょうね。
2016.11.11 Fri 16:10
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

本当に交換日記というかチャット状態ですよね。
モウカンさんのところは奥方も飲まれるから2合づつ飲めば4合瓶空きますよね。私も2合が丁度なので最低2日は持ちます。一升瓶買うのが多いので一週間ですが、同時に何本も開けてるので普通2-3週、イマイチのは1カ月は転がってます。ワインだけ飲んでいた頃は月12-15本で長年の不眠症でナイトキャップ用にウイスキーやコニャックも飲んでましたので、月一の資源ごみ回収(瓶出し)は重労働で係りの人からはその多さに不思議がられていました。
自分の理解では酒豪=アルコール自体が欲しい人 つまり質より量なので味の好みや種類は求めないのだと思います。そんなに飲めないから助平根性出してあれもこれも飲みたいのだと思います。
昔のことですが、休みの日には朝からあの不味いトリスを1日中飲むのが楽しみという人が居ました。
今買うか悩んでるのが、鳳凰美田の初絞り無濾過生原酒、先日此の加水を買ったのでまだストックがあります。原酒なら自家熟成も出来るので面白いかなあ?と、、
福娘の原酒60も旨かったですので、一押しの50きっと旨いでしょう❗問題は自分の体力ですね。原酒は度数が高いのが難点です。笑
モウカンさんが八海山好きなのは予想外でした。久保田は?寒梅?
地元の真澄始め淡麗系は苦手です。


2016.11.10 Thu 22:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

もはや交換日記状態ですが (笑) 、気にせず参りましょう。

いやー、うちのマンションのゴミ置場にも、必ずあるんですよ、焼酎「富乃宝山」の空き瓶が (笑) 。1週間に2本くらいのペースでしょうか。おそらく同じ人物だとは思いますが、「アナタ、死ぬまでそれですか?」っていう (笑) 。ま、僕も日本酒の旨さに気づかなかったら、死ぬまでClearアサヒ飲んでいたかもしれないと思うと恐ろしいですけど・・・。

酒豪が羨ましいですね。
僕なんか2合ちょいしか飲めないので、せめて日に3合4合飲めれば、死ぬまでにもっといろいろ楽しめるんですけど、そうなると、ブログが大変なので、2合でちょうどいいのかも (笑) 。

長陽福娘、サンジュリアンさんにとってバシっとハマるといいですね。
直汲みなので、ある程度はロットによる味の違いはあるとは思いますけど──採った部分が荒ばしり寄りなのか、中取り寄りなのかの違い──、僕の中では純米60よりもワンランク上ですね。
2016.11.10 Thu 21:09
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

そうですね。死んだ家内の親父さんはビール飲めなくて毎日真澄だけ飲んでました。大酒飲みは大体銘柄に拘らないか、何でも飲みますね〜
まあ一升瓶2日で空けてれば銘柄に拘らないか?
今3本同時進行で飲んでますが、本丸が先に無くなるでしょうね。開けて半日ですが開けたてより濃くなってびっくりしてます。
長陽福娘山田50 本丸の次に開けてみます。教えていただいたカネセから4合瓶で12本も買った新政シリーズもそろそろ飲んでやらないと、、、
2016.11.10 Thu 19:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

長陽福娘、せめて純吟直汲み山田錦50協会9号酵母くらいは開けてくださいよ〜。そして出来栄えを教えてください (笑) 。あの眩いフルーティネスが残ってれば一升瓶で買い直そうかと思ってるんですよ。

本丸は2年以上前に近所の居酒屋で飲んで以来ですね。あの頃は純米だのアル添だの磨きだの生だの火入れだのを全く知らなかったので、「これ、なんでこんなに香るの?」と驚いた覚えがあります。僕は軽い酒も好きですよ。変な話、「出来のいい酒」ならなんでもいいんですよ (笑) 。

八海山の特別本醸造とか、普通に好きですけどね。あの軽さ、安定感は侮れません。死ぬまでそれだけ決まって飲みつづける人がいることも、少しは理解はできます。むしろ毎日違う酒を呑んでる僕の方が異常ですね (笑) 。

2016.11.10 Thu 15:45
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

保存が心配なので、とりあえず本丸(28.7)開けてみました。九平次を更に細く軽くした感じですね〜モウカンさんには軽過ぎるでしょうが、 アラ還にはこの位軽いのは丁度良いです。濃い酒は旨いですが体力が要りますから笑
香りと味は洋梨風味のラムネを品良くした感じですね〜
日本酒らしくないこの軽さは息子や次女が好きそうな味です。
早速 長陽福娘の生原酒4本 新聞紙で包むのが面倒なので矢島酒店の一升瓶4本入りのダンボールに入れて冷蔵庫から追放しました。多分GWまで飲まないでしょう。
2016.11.10 Thu 12:27
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

十四代は基本「生詰=1回火入れ」ですね──新酒の時期に出回る生酒以外は。
しかも杜氏の好みの変化 (加齢による?) で、最近はALC.15度くらいまで加水されてます。つまり、線は細いです。

長陽福娘は比較的「強い」酒だと思いますので、その温度なら安心して冬を越せますね。ただ、この銘柄の生熟酒の経験から言うと、なんかフレッシュ・コンディションと比べて、物腰の柔らかい、優しい酒になるんですよね。和み系というか (笑) 。

2016.11.10 Thu 11:53
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

モウカンさん 何時もコメントありがとうございます😊
前にも書いたかも知れませが大分前に菊姫の大吟醸をセラーで2年以上放置した事があります。コレ2回火入れだと思いますが普通に飲めた記憶があります。写楽の持ち味って一回火入れでもフルーティさですから確かにヘタル危険ありますね。また今日一本増えましたが年明けまでに飲み切りたいですね〜 多分無理です。
十四代も一回火入れですよね?セット販売で買ってたら27BY集まり過ぎたのでボチボチ飲まないといけないですね。冷蔵庫を長陽福娘の生酒3本が占領してるので新聞紙巻いて階段下の納戸(既に冷蔵庫並の8度以下)に追い出して抜栓した十四代と写楽でも入れますかなあ。
2016.11.10 Thu 11:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

毎度です。

日本酒の熟成は全く仕上がりが読めないので難しいですね。ただ、幻舞の千野杜氏が「原酒であれば」と言っていたのは事実かもしれません。というのも、僕も引っ張りすぎて、冷蔵していても老ねに近い状態にさせてしまった酒が何本かあります。それらの全てが「加水の火入れ酒」なんですね。

反対に、生原酒なんかは意外に悪い方向には熟成しないような気がします。サンジュリアンさん、冩樂の純吟とか何本か残ってると思いますけど、あれは加水の一回火入れなので、引っ張って8〜10ヶ月だと思います。1年以上は危険かもしれません。

逆に鍋島の生原酒なんかは1本だけ残して実験しても面白いかもしれません。一定のセラー温度で緩々と2年くらい (笑) 。

こだまの店主が見繕ってくれた2本の25BY生原酒 (辰泉、永寶屋) は想像以上に透明でキレイでしたね。
2016.11.10 Thu 09:52
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

自分の経験からどうしてもワインと比較してしまいますが、白とブルゴーニュの赤(ピノノワール)は若い時に旨いモノしか熟成しないですいね。唯一ボルドーの赤は若い時に青っぽいとか渋みがあっても熟成して大化けするモノが有るのです。日本酒は熟成する要素がワインより少ないじゃないかと思います。
日本で売られてる¥3000以上のワインは基本無濾過生酒なのですが、日本酒はほとんど最低一回は火入れされてるのが多いので、白ワインと比べても熟成出来る可能性低いですね。
そういう意味では、日本酒の無濾過生酒だけは自己責任で自分の好きな様に熟成させて楽しめるのかなと思ってます。まだ4-5ヶ月ですが鍋島、幻舞、秀鳳の生原酒は良いように育ってる気がします。
我が家には1985年自宅建てて以来寝かせ居るワイン有りますが旨いですから、赤白の1995-6年モノはまだヒヨコですよ。
2016.11.09 Wed 19:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

こんちわー。

つうか、サンジュリアンさんの話を聞いてると、その鍋島、僕の知ってる旨い鍋島に近そうですね。僕なんか、そもそもガスが心地良いレベルで残ってる鍋島なんか、もうかれこれ1年半以上飲んでないですよ。ちょっと本気で酒屋の巡回が必要ですね。12月〜1月に28BYの生原酒が出回るはずなので、必ず手に入れたいですね。

田酒の純吟山廃は少し中途半端というか、コンセプトが見えにくいというか。まあでも、新政カラーズみたいな、冷酒で飲んで「甘酸っぱいやろ〜? モダンやろ〜?」という狙いがあるのかも。だったら僕でさえ新政飲んでた方がマシだと思えますよ。

ここ最近の田酒の新商品って、なんか「年寄りの若作り」に思えて仕方ないんですよね。売り上げが落ちてるのか、若手の将来を考えて次の時代を自分たちなりに捉えようとしてるのか、そこは謎です。まあ、頑張ってるのは分かりますけど、少し空回りしてるんじゃないでしょうか。

ま、素直に特純の山廃を冬場に鍋とお燗──これが至福ですね。
2016.11.09 Wed 11:06
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

これ先月西荻の例の酒屋で、親父さんが棚の後ろの方から、ごそごそと出して来たのを買ってきました。家に戻りセラーで一月昼寝してます。
実はノーマルの田酒も飲んでないので、コイツはその後から飲もうと思ってます。モウカンさんの寸評読むとイマイチ感が漂ってますね。いつ飲むか期待持てないと知るとテンション下がります。
昨晩は、半分残っていた花菱山田と大人買いしてある鍋島の特別純米の生原酒の3本目開けました。花菱は日に日に甘さが増して最後の2合はまったりといただきました。我が家の鍋島28.7瓶詰めのロット3本目ですが、微炭酸が絡み甘さ香りキレ全て中庸で安定した酒質です。自分の飲んだ中で一番好きな味です。珠韻ほど細見でないが味がある。花陽浴、幻舞ほどの甘さはなく、仙介純米大吟醸ほど力はない。フレッシュで球体のようなバランスがいい。
2016.11.09 Wed 04:02
Edit | Reply |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  田酒 純米吟醸 山廃
  • 本日の家飲み 田酒 純米吟醸 山廃     青森県青森市のお酒です。  ブログでの紹介は7本目となりました、何だかんだで結構飲んでますね。  田酒はここ数年で色々な新スペックを出し始めていることはマニア間には周知の事実でしょう、私も白田酒や雄町純米吟醸を既にいただいています。  それに対する今の私のスタンスとしては、「ちょうど入手機会があって、気が向いたら買う」というぐ...
  • 2017.02.14 (Tue) 19:00 | 酔いどれオタクの日本酒感想記