◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】Black Ivory - White Wind (1976) #Leroy Burgess, Patrick Adams 

genre tag:RETRO DISCO
▪︎今日も関連事項として、Patrick Adamsの舎弟でもあり、同じくNY DISCO界のレジェンドであるLeroy Burgessがキャリアの初期に在籍していたボーカル・グループBlack Ivoryの、一番有名で特大クラシックスのアレ (Mainline) ではない、ちょっとマイナーな傑作を紹介。この曲には、後のLeroy Burgessが一気に開花させることになるモダニティ溢れるメロディーセンスが全て凝縮されていて、ま、ここから彼の伝説が始まったと言っても過言ではない。それこそ「Mainline」やPhreek名義の「Weekend」なんかと全く同じアプローチを探すことも簡単にできる。

▪︎管弦楽器のアレンジは兄貴分のPatrick Adamsが担当してるけど、Leroyはここでその極意を学んでいたんだろうよ。キーボーディストだから、そこは頭で理解できる素養があるしね。「1976年」という数字が大事なキーワード。これが1977年や1978年になると、歴史的価値が一気に半減します。この曲もそうだけど、Leroy Burgessは、作曲/編曲/プロデュースだけでなく、ボーカリストしても人気で、世界中に彼のクレイジーなコレクターが散らばってます。マトモな作品は軒並みレアで高価だから、オレはほとんど持ってないけど。。












 ▶︎モダニティ開花前の寸止め感がコイサー (最高) !
 

 ▶︎左から、Russell Patterson, Stuart Bascombe, Leroy Burgess
 

music_black_ivory1.jpg

RETRO_DISCO

Comment

Add your comment