もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤鷹来屋 - 特別純米 夏酒 27BY ── dಠಠb「ある偉人はかく語りき──旨い酒には旨い料理が合うんですよ」 




 ※土曜の出来事です。


 毎度お馴染みマチダヤでも扱いのある鷹来屋 (たかきや) です。とはいえ、飲んだことがあるのは特別純米のCUP酒だけ。お燗にしたけど、その時の印象は「シャープな食用セメダイン!」というもの。以来、なかなか買う機会に恵まれなかったけれど、実は今回も自分で買ったわけではない。そう、これは貰い物の貰い物──つまり、弟経由の引き取り酒です──彼は酒を呑まない。

なぜ今頃、夏酒を・・・」──そう思うのも無理はない。実は今日、moukan1973♀と一緒にオレの実家に来てます。

 ある夏の日のこと・・・。「兄貴、こんな酒が届いてるんだけど、いる?」「うん、実家に置いといて。次に帰った時にそれ呑むから」




2016_11_5_isobe1.jpg

2016_11_5_isobe3.jpg

2016_11_5_isobe5.jpg
▲出かける前は「最近、少し胃腸が疲れてる」と言っていたくせに、食べはじめたら誰よりもアクティヴに胃腸を酷使していたmoukan1973♀。
 




 ▼おい、ここはパンツ蔵か (笑) 。
 本当は夏の終わりに──秋の始まりに来る予定だったんだけど、いろいろあって、こんな時期にシフトしてしまった。夫婦揃って寒いのが大嫌いなので、最近は正月前に帰省してます。

 というわけDE、今宵は冬間近なのに夏酒をいただきます。原料は麹米に「山田錦50」、掛米に「自家栽培日本晴55」、その他のDATAは「日本酒度:+7、酸度:1.4、酵母:協会9号、ALC:16」という感じ。二回火入れで、少し加水してると思う。

 蔵のHPによると──造りは特別純米酒と変わりませんが、暑い夏に飲む酒として飲み疲れしない酒質に仕上げています。コクを追求するというよりもシャープさ爽やかさを追求した辛口の酒です。飲みやすさの中に程よい旨味を感じる酒です。冷やしてがおすすめですが、ぬる燗でもいけます──とのこと。実家の床下で常温放置しておいたので、もしかしたら、少し熟してるかもしれない。とりあえずは冷酒でいただきましょうか。




 ▼裏のラベルを撮影するの忘れちゃった。出荷は6月。
takakiya_natsuzake27by1.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【227】鷹来屋 -たかきや- 特別純米 夏酒 27BY <大分>

浜嶋酒造 合資会社:http://www.takakiya.co.jp


Moukan's tag:




 今日はバタバタしそうなので、食前に軽く酒単体で味見。

 立ち香──栓を開けた瞬間は、それこそブドウ様の酸もあって、時折メロンなんかも少しあって、「およ? 意外にフルーティー?」とも思ったけど、温度が上がって来ると、すぐにセメダイン系の酸が顔を出す。まあ、よくある火入れの純米酒ですね。常温で5ヶ月くらい放置してたので、奥で米由来の熟味もほんのり感じるけど、お燗で一気にその旨みが爆発するほどには育ってない。

 含みます──。


 ▼新しい仲間と共に。
takakiya_natsuzake27by2.jpg あああ。ま、自分で買うことは絶対にないけれど、しっかり丁寧に造られてる酒ではある。基本は「スッキリとした辛口である」ものの、米の甘み、旨みもそこそこあって、セメダイン香の中に溶け込んだタイトなエキス感は一気にズバっと辛み&渋みを伴ってキレ上がる。

 体質的にほどんど酒を飲めない弟が横から一口だけ味見をして、「最後に洋梨を感じる」などと一丁前にヌカしていたけど (笑) 、結局、香りの中のセメダイン的な要素って、バナナやメロンや洋梨なんかに含まれるミンティーな酸と成分的には表裏だからね。洋梨、あるっちゃあるし、ないっちゃないけど、それでもドドーンと中心に鎮座しているのは、歴然とセメダインでしょう。

 少し温度が上がってからの方がいいな。moukan1973♀も♡☺♡「結構よくない?」と言ってるわ。口の中で「ポチャっ」と音がするような味の曲線で──ジューシイとまでは言えないけど、小さく丸く膨らむ優しい旨みに熟味としての米感が甘やかに寄り添う。

 ぬる燗なんかも旨そうだけど、やはりアウェー (自宅以外) だと道具が揃ってないから、いろいろと面倒くさい。申し訳ないけど、今日は気抜けした記事、許せ。


 この後、食事は始まり、冒頭に書いたような感想を引き継ぎつつ、頑張ってお燗へと移行した。


 普段は錫製のチロリを使ってるからアっと言う間にできるけど、ブ厚めの陶器だと遅せえ遅せえ (笑) 。表面は熱くなってるのに、中はまだ全然というやり直しを2〜3回ほど繰り返して、ようやく席に戻る。




takakiya_natsuzake27by3.jpg




 熟味における旨みが膨らむというよりは、なんか気抜けした甘さがダラんと。おそらく、ここに重なるセメダイン的な酸とエキス感に対して、この手の純米酒を愛好する人たちは「スッキリ」という印象を感じるんだろうけど、まあ、正直、自分では買わないし、もらってそこまで嬉しい酒でもないかな。今日はホットプレートで肉なんか焼いてるから、むしろ酸をクリアに感じれる冷酒の方がいいかなあという感じ。

 今のこの時代に、この手の酒の評価をすることは非常に難しい。「食事に寄り添う」「食事を引き立てる」──そういう概念に一定の理解を示すこともできなくはないけれど、有限な人生の中で、日々、酒だけで旨いヤツ、呑みたいじゃん。十四代の高木顕統氏も『日本酒ドラマチック 進化と熱狂の時代』の中で言ってたよ。

「自分が美味しいと思うものは、どんな人でも美味しいはずだと思っています──<中略>──料理との相性も考えたことはありません。旨い酒には旨い料理が合うんですよ」

「旨い酒には旨い料理が合う」というのは彼なりのレトリックだと思うけど、「食中酒」という概念を斜め上から弾き飛ばす、なかなか含蓄のある鋭いパンチラインだ (笑) 。

 だから、飲み手が食卓に並ぶ酒に何を求めているかでこの酒の評価は全く違ったものになるとは思うが、オレのブログでは、やはり、この手の酒の評価はどうしても高くなりにくいでしょう。いろいろ呑んで最終的にこのへんに落ち着く人がいても不思議はないし、オレとて、20年くらい様々な酒を呑み散らかせば、晩年には、火入れの純米酒を毎晩お燗でゆったり嗜む人生にシフトしているかもしれない。

 とはいえ、現時点では、これで日本酒に目覚めるとか、日本酒を普段あまり呑まない人間にこれを薦めるとか、そういうことは、ないと思います。




takakiya_natsuzake27by4.jpg




 今日は我々の他にもう一人、弟の幼なじみが遊びに来てたので、酒が少し足りず、最後はこれまた弟の貰い物のドイツビールを酒呑み3人で分けて飲んだ。ちょいバナナ系のクリーミイなタッチで、当然、オレはもっと柑橘系のフレイヴァーの方が好きなのであった。


moukan1972♂






日本酒 鷹来屋

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - ネズミーランド──夫婦で大爆笑。

サンジュリアンさん

僕も40年以上、ここを故郷に生きていますが、「ネズミーランド」は初めて聞きました。ヤバイです。これは、我が家の基本タームになりそうです。moukan1973♀も「ムカつく!」言いながら大爆笑してました (笑) 。

ミニオンのフィギュアは特に集めてるわけじゃなく、あれ、キャラ上、そもそも軍団なので、最初から10ピースSETなんかで販売されてるんですよ。酒だけの写真だと絵的に寂しいので、面白半分で参加させてたら、次第にそれがないと絵が決まらなくなり、それで一緒に撮影してます。小型のTVによく芸能ネタが写り込んでますが、5年10年経った時に笑えるかなあと。

亀甲花菱、今ひとつバシっとハマらなかったみたいですね。美山錦50の27BYは僕も見掛けたら買ってみます。28BYは磨き60のモノを中心に飲んでみます。

2016.11.06 Sun 21:01
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

ネズミーランドのある千葉ですか近いですね〜
今は海なし県の長野の高原に住んでますが、実家は名古屋市内なんでよくハゼ釣りとか潮干狩りに行きました。今頃だとハゼを素焼きにしてから天日で干して正月用の昆布巻きの芯にしたものです。
あのフィギュアいっぱい集めてますよね、自分もコレクターなんで集め出すと見つけ次第買ってました。ガキの頃は切手、大人の辛口なってからワイン、真空管 ちょいマニアックな6B4Gという球なんか120本持ってますよ。新蕎麦出たところですですので、毎週近くで食べに行ってます。今日も近くの蕎麦屋さんに行くつもりです。
2016.11.06 Sun 11:46
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

キモくないです! カワイイじゃないですか (笑) !

実家は「海の幸」が豊富なエリアではなく、「単なる埋立地」です。ディズニーランドの先 (千葉市美浜区) です。でも、この海で取れる「ヒイカ」の自家製沖漬けは最高に旨いですよ。僕が子供の頃はサヨリなんかも釣れましたし、アジやイワシなんかも取れたんですよ。春にはアオヤギやアサリも取れましたし。最近は徐々に取れなくなってますね。

2016.11.06 Sun 11:11
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

実家はどの辺りですか?海の側なら鮮魚に恵まれてるでしょうね〜
このメガネのキモいフィギュアは持参されたのですよね。毎日ブログ書くのもオブセッションでしょうが、一方楽しみでしょうね。
2016.11.06 Sun 10:58
Edit | Reply |  

Add your comment