◤櫛羅 - 純米 無濾過生原酒 27BY ── d++b「やっぱダメですね、27BYの千代酒造 (篠峯/櫛羅) は・・・。 




マチダヤ試飲会2016篠峯 篠峯を醸す千代酒造のもう一つの看板銘柄、櫛羅 (くじら) です。1994年から取り組んだという、蔵の周囲にある自家田で育てた山田錦を使用した、まさに篠峯版テロワールとでも言うべき銘柄です。

 8月30日に、これの「純吟中取り生26BY」が☆7を獲得しています。オレを信じて買った人はおめでとうございます。たぶん、信じられないほど旨かったはずです。

 27BYの篠峯はどれもイマイチですが、26BYの完成度はマジで半端ないです。多くの日本酒ブロガーがまともに取り合わないことが本当に信じられないです──もしも篠峯に出会っていなかったら、我が家の日本酒ライフはさぞかし凡庸かつ人並みで、ゆえに退屈なものになっていたかもしれない。




kujira_junmai27by1.jpg
▼ボブ・ディランの曲をまともに聴いたことは一度もないけど、これだけは言っておきます── 「小説 (創作的散文) 」は、あらゆる文学のジャンルにおいて、最も遅れてやってきた新ジャンルに過ぎない──ということ。つまり、そもそも「小説家」ばかりがノーベル文学賞を取ること自体が不自然だということ。ボブ・ディランの「詩」がそれに相当するかは知らないけど、少なくとも「シンガーソングライター」を「現代の吟遊詩人」と捉える限りにおいて、この受賞について不自然な要素はどこにもありません。




 というわけDE、今回は27BYの、一つ下のスペック、磨き60の純米生をいただきます。数値は「日本酒度:+6、酸度:1.9」と、まあ篠峯には、よくある眺めの数字です。ちなみに酵母は協会9号を使用。

 問題は味乗り&ガス感。27BYの篠峯はどうも味わいが平面的で、フルーツ感MAXな甘みが膨らんで来ないという欠点があるので、山田錦というポテンシャルでそれをどこまでカバーできるかに着目してみたいと思う。遂に27BYで初めての☆4.5以上は飛び出すのか、特に期待はしてないけど、もちろん、願いの熱量は多めですよ。




kujira_junmai27by3.jpg

kujira_junmai27by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【223】櫛羅 -くじら- 純米 無濾過生原酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





kujira_junmai27by5.jpg




 立ち香──ちょっと香りが痩せてるかなあ。山田錦60生が半年以上寝てて、これは少し頼りない。割りと寝てるはずなのに、少し青々しいニュアンスも。フルーツ感は?──うーん、上っ面な香りだなあ。味のしない、熟れ不足のリンゴというかさ。moukan1973♀は♡☺♡「チョコバナナ」みたいと言ってるけど、そこまでドカっと派手な熟香はない。ちょいクリスタルなエステル香もありつつ、セメダインまでは届かず、かえって少しボヤけた見晴らしになってしまったというか。




kujira_junmai27by6.jpg

kujira_junmai27by7.jpg




 ガスは少し残ってるけど、快活さはない。少しカカオ様のホロ苦さもあって、熟味はここに効いてるかという感じ。うーん、もっとフルーティネスに満ちた甘酸フィールド内での溌剌さが欲しいよな。




kujira_junmai27by8.jpg




kujira_junmai27by12.jpg 全体にはオシャレでモダンなんだけどねえ。今、豚の肩ロースをしゃぶしゃぶにして食ってるけど、ガス感、ドッシリしたミネラル感、退けにかけてのホロ苦さ、キュっと締まりのある酸──まあ、ここまではいい。だけど、この程度の酒じゃないんでね。26BYの純吟の「片鱗」すらないです──残念ながら。

 ペラいなー。

 とはいえ、心優しい生酒人間なら、そこそこ満足できるレベルかもしれないけどね。でもまあ、オレは大いに不満です。☆5がホイホイ付かない篠峯なんて、全く存在価値ないもの。「而今礼賛」「新政万歳」の飲み手に「ざまあ!」と言うためにこそ篠峯は存在してると──少なくともオレの中ではそういう銘柄なので、この程度じゃ全然ダメです。

 ヘロシマ、駄目っぽいなー。ここからどう流れを変える? 試合のテンポも悪いしね。野村、5回も行くのかね。広島、ここまで野村を変えられないって、他のピッチャー何してるんだよ。




kujira_junmai27by9.jpg

kujira_junmai27by11.jpg




 4裏、2アウト 2・3塁で新井の代打。無理だろうなあ。内野フライ打つなよ。せめて転がせよ・・・。
バカ! 真ん中の甘いスライダーを見逃しやがって。ここを見逃すようじゃダメだ──はい、高めのボール球に手を出して三振〜。日ハム、優勝確定ですね。5裏に丸がHRで4-3になったけど、少し試合のテンポがダラけて来たね。




kujira_junmai27by14.jpg

kujira_junmai27by15.jpg

kujira_junmai27by16.jpg




 我々は追っかけ再生で観てるから──というより、CELL REGZAで全チャンネルをタイムシフト録画してるから、好きな時に好きなタイミングで全てのチャンネルを追っかけ再生できる──、この後どうなるか知らんけど、やっぱイイ場面で中田に回って来るよなー。まあ、ここで逆転するようなら日ハム優勝だね。

 DE、櫛羅の純米27BY、残念ながら、やっぱイマイチ。篠峯の4.5未満は「全部イマイチ」という判断。なんつうかなあ、やっぱ味が乗ってこない。顔がほころぶようなフルーツ感の発散もないしね。簡単に言えば「味が薄い!」──これに尽きる。




kujira_junmai27by17.jpg




 はい、日ハム優勝〜。

 すべては第3戦のオ馬鹿 (緒方) のクソ采配のせいですね。さあ、黒田を失ったヘロシマは来季どうする? 先発で10勝以上してるピッチャーが、野村、ジョンソン、黒田の3人しかいないからね。DE、黒田が引退でしょ。どうするの、来季のローテーション。大瀬良を育て損ねたことがここへ来て重くのしかかるな。アイツは先発ローテーションで10勝できる逸材なんだよ。

 日本一を逃したことで、契約更改でも選手側は強く出れないし、ゆえに来季へのモチベーションも下がるし、そうなると、ヘロシマ、2017年はBクラス転落もあり得るで。

 ま、総じて日ハムは素晴らしい戦いぶりでしたね。栗山監督は冷静に一歩一歩「勝利の方程式」を積み重ねていったしね。一方、オ馬鹿 (緒方) は、3戦目以降、監督として何もできず、今日も終始、目が黄昏れたしね。あんなんじゃ、バッターボックスからサインを確認する選手からすれば、あの黄昏れ目はテンションだだ下がりでしょ。なにせ監督が惚けてるんだから。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 櫛羅

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

まさか28BYに当たりに行くとは、お疲れ様でした (笑) 。こだま熟成の27BYでも物足りなかったですが、まあ、飲めちゃいますね。


──なんかまったりとした風情(凝縮感の逆)でちょっとボヤけた感じがありますね。霧がかっているというか、淡い。

いや、27BYですら、ボヤけてはいないですよ。酸は足りてますし。27BYは26BYに比べたら天と地ほどの差がありますが、28BYとの比較なら、天にはなれませんが、丘の上くらいには相対的にマシでしょうね (笑) 。


──全然普通に美味しく飲めるんですけど、きっとこれのベストパフォーマンスでもないんだろうなとも思えます。

機会があれば、Kodama Tuningの27BYを飲むと有意義な経験になると思いますよ──と書いたものの、今見たら純米は売り切れですね。

さすがに26BYを探すのは難しいですが、27BYは本気を出せばまだまだ拾えるので、僕も未飲のスペックを買おうと考えてます──あとは1年熟成で良さそうなモノを再飲するとか。

どうでもいい香り系の甘口酒に比べれば、出来の良くない篠峯の方が全然飲めますね。頑張ってる凡人より調子の悪い天才の方がパフォーマンスは上ということです。

2017.05.03 Wed 01:04
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - くじら

こんばんはー。
いまこれの28BY飲んでます。東京駅で一本だけあったのでさっと購入。

バニラにうっすらカカオ。ガスはすこーしだけ溶けてる程度。なんかまったりとした風情(凝縮感の逆)でちょっとボヤけた感じがありますね。霧がかっているというか、淡い。

たぶんモウカンさんが書いてる27BYに近いっぽいです。

基本的には好きな系統です。ただもうちょっとジュワっとほとばしるものがあるといいんですけどね。

そういう意味ではこの前飲んだ游々(でしたっけ、辛子色のラベル)のほうがこれより躍動感を感じられました。

風の森の露葉風純米を淡白にしたイメージですかね。
全然普通に美味しく飲めるんですけど、きっとこれのベストパフォーマンスでもないんだろうなとも思えます。
2017.05.02 Tue 22:24
Edit | Reply |  

Add your comment