◤秋鹿 - 純米吟醸 槽場直汲27BY ── ♡☺♡「舌に残る独特のザラつきと突き抜ける酸! でもキミはまだ青かった・・・」#Fresh, Wine Oriented 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。



 秋鹿です。はじめて家呑みします。以前に会社の仲間と飲みに行った先で飲んだことがあるんですが、どのスペックを飲んだかまでは覚えてません。そう言うと、決まって旦那は、

 dಠಠb「だったら写真に撮っとけよ〜」

とブツクサ言うんですが、男の人って、どうしてあーも細かい情報をいちいち覚えていられるんでしょうか。わたしたち女にはハッキリ言って無理です。そりゃあ、とある日本酒歴8年のおちょこ女子が未だに「好きな銘柄は獺祭」と言うわけですよ。

 だってアタシたち、そこまでマニアックにいろいろ覚えられないもん!

 なので、日本酒フリークスの男性諸君は、もしも身の回りに獺祭好きな女子がいたとしても、決して鼻で笑ったりせず、

キミは幸せものだ。これからまだまだ美味しい酒にいくらでも出会えるんだから

と優しく諭して、そっと風の森の4合瓶でもプレゼントしてあげて下さいね。



akishika_jungin_jikagumi1.jpg

akishika_jungin_jikagumi2.jpg
 bottle size:720ml



【028】秋鹿 -あきしか- 純米吟醸 槽場直汲 生酒 27BY <大阪>

秋鹿酒造 (by お酒のスーパーストア三京) :http://www.asahi-net.or.jp


Moukan's tag:




 さて、秋鹿です。今回は山田錦100%使用の純吟の直汲みを買ってみました。

 日本を代表する全量純米蔵 (醸す全てのお酒が純米酒) で、しかも、使用米まで一部を自営田で栽培するというこだわりを持っている、まさに日本酒版テロワールを実現する志の高い銘柄です。

ピオーネ 立ち香はほとんどありませんが、酸度は2.4とちょっとしたワイン並に高く、含むとピオーネのようなキリっとした酸を感じます。飲み口はどこまでもスッキリと透明ですが、舌に残る独特のザラつきが未体験の感触を残していきます。まだまだ種類を呑んでいないわたしたちには、ちょっと他に似ているニュアンスを思い出せません。これをワインで言う〝ミネラル〟と言うんでしょうか。

 以前わたしが外で飲んだ秋鹿と比べると軽やかで大人しい味わいに感じますが、温度が上がってくると、ようやく米由来の甘みが顔を出して来ました。

 新酒の直汲みなので仕方ない面もありますが、全体にまだまだ青いです。若いです。フレッシュです。27BYは去年より新酒をたくさん飲んでますが、マニア以外の皆様は無理にこの時期に買う必要はありません。むしろ年末にリリースされた26BYの酒を買ったほうが味が乗っていて楽しめるかと思います。(もちろん、銘柄によっては新酒でも十分に味乗りしているものもあります) 。

 食事の邪魔をしないキリっとした酒質ですが、もうちょい味が乗ってくると分かりやすく美味しいかと思います。




── 2日目。


 ちょこっとだけ飲みました。弾ける酸!というほどに、口の中でキラリと光る眩しさです。おもむろに旦那が瓶を縦に振ってからフタを解放させて、わざと空気に触れさせて味を開かせようとしてました。明日以降にもうちょい甘みが出て来るといいんですが。




── 3日目。


 やっぱ最後まで青かったです。以前に外で飲んだ他の秋鹿は濃厚な旨口だったんですけどね。


moukan1973



秋鹿 日本酒

Comment

Add your comment