◤本日の1曲♪【RETRO DISCO】MFSB - Mysteries Of The World (1980) #Dexter Wansel 

genre tag:RETRO DISCO
▪︎MFSB (Mother Father Sister Brotherの略) というのは、簡単に言えば「DISCO界のN響」みたいなもん──というのは冗談で (笑) 、1970年代のSOUL/DISCO黄金期を支えた、名門Philadelphia International Recordsというレーベルが所有していたスタジオ (Sigma Sound Studios) で活躍していたスタジオ・ミュージシャン軍団の呼称。要するに、当レーベルからリリースされた楽曲のオケ担当、それがMFSB。ほら、日本でも同じような時代の音楽番組なんかで、後ろにオーケストラがいたじゃん。ま、あれのスゲえヤツくらいに思っておいてくれれば (笑) 。

▪︎そんなMFSB自身も何枚かセルフアルバムやシングルを出していて、中でも有名なのが、SOUL TRAINというTV番組のテーマ曲にもなった「TSOP」(1973) 、あとは映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の挿入歌として今でもHOUSE系のDJたちがPLAYする「K-Jee」 (1975) あたり。あえてあの曲にはここでは触れてませんが、これに関しては『REMIX講座』で言及する予定──そろそろ続きを書くぞ。

▪︎DE、今回紹介する「Mysteries Of The World」は、あの曲と並び、多くのHOUSEリスナーの間ではMFSBの最高傑作と思われてる曲の1つです。ちょうど昨日、Dexter Wanselの曲を取り上げたんだけど、彼は元MFSBのメンバーで、様々な楽曲の作曲/編曲、キーボード/シンセサイザー、それにベースやドラムまでこなす鬼才なわけだけど、それで「もしや」と思って改めてクレジットを確認したら「やはり・・・」という感じで、もう20歳の頃からずっと聴いてきた曲なのに、ようやくここでDexter Wanselとつながるなんて、嬉しいやら恥ずかしいやら。やっぱこの人スゲえ人だ。この曲の作曲/編曲&プロデュース、そして鍵盤楽器担当。MFSB名義としては最後にリリースされたアルバムだけど、来たるべき'80s的なエレガンスを見事に提示してるし、なにより、この曲はClassics中のClassics、今でもサンプリングされるし、事あるごとにリメイクされたりネタにされる。 なんと言っても、このベースラインですよ。もはや発明の域。歌詞が泣ける? メロディーが心に響く? 声がいい? うん、音楽って、そういう聴き方も、あるよネ!












 ▶︎カッコ良すぎる・・・。
 

 ▶︎MFSBのメンバーたち。
 

 ▶︎Dexter Wansel──すべては彼の仕業。恐るべき才能。
music_Dexter_Wansel1.jpg

 ▶︎MFSB - Soul Train
 

 ▶︎MFSB - K-Jee
 

 ▶︎ほら、後ろにオーケストラいるでしょ?
 

music_mfsb1.jpg

RETRO_DISCO

Comment

Add your comment