もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤豊盃 - Houhai Drip 2016 純米吟醸55 雫取り 生原酒 27BY ── d۝۝b「豊盃プレゼンツの謎チーズとは一体・・・」#第29回日本メガネベストドレッサー賞, iOFT, Fruity, Umakuchi 




マチダヤ試飲会2016豊盃 今年ブログで紹介したのは豊盃米39の純大モヒカン娘だったので、純吟スペックの豊盃を呑むのはちょっと久々です──26BYの華想い55 (毎年3月にドロップ) 以来かな。

 こちらのまるでビールみたいなラベルの豊盃は、三鷹の碇屋酒店オリジナルの「雫取り 生原酒」です。造った本人 (写真右) に確認したところ、 中身は通年商品の純吟 (豊盃米55) の生原酒とのこと


houhai_drip27by5.jpg 一応、買う前にそのことを店主っぽい爺様 (社長?) に訊いたんだけど「これ旨い、うちだけ、毎年スゴイ人気」と、こちらの質問にまるで答える気がないようなので──酒屋ではよくある光景だけど──、まあ別に中身がなんだろうと買うつもりだったし、心の中で1回か2回ほど溜息をついて気を取り直し、ちゃんと前向きな気持ちで買ってきた。生酒であること示す記述がないので火入れなのかと思っていたらまさかの生原酒──これは嬉しい誤算となりました。

 ちなみに写真の「スナック」は、マチダヤの試飲会で豊盃ブースが自前で用意していた謎のアテ。チーズの真ん中にモソモソと魚介類のカマボコみたいなモノが挟まってます。お客さんの多くがツッコミを入れてました (笑) 。dಠಠb「これ、もらっていいんですか?」豊盃「どうぞどうぞ (笑) 」──癒されるわ〜。



 決定!第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞
houhai_drip27by1.jpg
▲さすがにサイズと形は間違えないけど、ピカピカのシルバーはなあ。もっとシックな色合いの方がCOOLなんじゃないだろうか。テンプルは木目調のブラウンでイイ感じだけど。ま、彼はいろいろ持ってるだろうから、今日はコレということなんでしょう。80点です。



 ──サングラス選びのポイントは?
houhai_drip27by2.jpg
d۝۝b「だから? ちなみにクラシカルはここ2〜3年ずっと流行ってます。オレのサングラス選びのポイント──ていうかスタイルは、ワンサイズ大きめの眼鏡にカラーレンズを入れるというもの。サングラスとしてデザインされているものより、メガネとしてデザインされているものをサングラスにした方が遥かに選択肢が広がるし楽しい。」



houhai_drip27by3.jpg
d++b「・・・・・・・。ちなみにオレはいかに流行りを避けるかということしか考えてないけど・・・。若いタレントさんって、ホント悲しくなるほどセンスが凡庸なんですよね。ま、凡庸な感性の持ち主だからこそ、周囲の大人の言うことを真面目に聞いて一生懸命頑張るんだけど。」



 彼女には荷が重すぎる「サングラス部門」ベストドレッサー賞
houhai_drip27by4.jpg
▲全然似合ってなしカッコ良くもカワイくもない。ただただセンスのなさを周囲に知らしめているだけ。大人がちゃんと注意してあげないと可愛そうです。スタイリストは一体なにやってんだ。彼女は悪くない、彼女は。



 モウカン的「眼鏡ベストドレッサー賞 2016」 (日本人部門)
メガネ警察_白井君のお父さん
▲体操の白井選手のお父様です。イカツイ顔にジャストフィットしてます。若者には真似できません。




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【202】豊盃 -ほうはい- Houhai Drip 2016 純米吟醸55 雫取り 生原酒 27BY<青森>

三浦酒造:http://www.houhai.jp/pg1.html


Moukan's tag:




 いわゆる一つの旨口臭──この感じ久々だな。まさに日本酒的なミネラル感とはこのこと。穀物由来の香ばしい質感としてのミネラル感。ややナッティーな、麦チョコなんかで感じる、あのサクっとした香ばしさ、あるじゃないのさ。ワイン的なミネラル感とは少し趣の異なる、このお米流儀なミネラル感、これをガシガシ感じます。


houhai_drip27by6.jpg 吟醸香としては、そうね、やや華やか。山形吟醸的なフローラル感もありつつ、花邑なんかよりは全然大人しめだけど、似たような輪郭はある。ただ、甘やかさのコアに豊盃らしいスゥーっとした酸も風のように駆け抜けていて、その穏やかに華やかなところに、一廉 (ひとかど) のエレガンスを感じる。

 これ、旨いの先読み、来てるんじゃないの? 最近なかなかスカっと旨い酒に当たってないので、ここらで意識して当てに行ったところもあり、キメて欲しい気持ちでオッパイです。勘違いしてほしくないんだけど、これでもオレ、絶賛する毎日を送れればどんなに幸せなんだろうと、日々そう思ってますので、なんでもいいから、早くオレに☆5以上を付けさせてくれマジで、という感じよ。

 あ、旨い──豊盃プレゼンツの謎チーズ (笑) 。かなりチープだけど、真ん中に混ざってるのはイカか、それともホタテか? でもこれ、袋いっぱいに詰まって300円なら買ってしまうかもしれない。

 おい、そんなことより、酒だ酒!──。

 瓶が曇りタイプなのでオリを確認できず──ゆえに、まずは撹拌ナシで飲んでます。

 実は「雫取り」や「袋吊り」の経験値が著しく低いオレ。だから、そうした属性からイメージできる味わいというものがイマイチ掴めてない。というわけDE、あくまでもこの酒がどうなのかの話に終始させてもらうけど、実は結構いろいろ呑んでる複数の豊盃体験から言うと、この酒、くわなり濃醇です。むしろファーストコンタクトは、滑らかさよりも液体としての重奏感が舌に絡みつく流れ。ザラザラした濃醇な甘みが素早く酸によってギュっと収斂するものの、果実味豊かな、飲むことに対する力強い充実感もかなりある。すぐに飲み込みたくなる酒質ではなく、舌で転がしてじっくり楽しむようなテクスチャー。


houhai_drip27by7.jpg これ、リーデルがいいんじゃないかな。ここらで撹拌してみるか。ニゴリ、あるかな。

 ああ、こっちの方がいいね。ニゴリ要素は全くない。原酒だけに、ちょっと退けにかけての流れが荒々しい部分もある。とはいえ、今日のように連続して2種類の酒 (一白水成→豊盃) を呑むと、一白水成の山田錦がこれに劣ることは明らか。

 でもなあ、「雫取り」言ってる割には意外に渋いんだよなー。少なくとも滑らかで透明な酒質ではない。厳しい? かなり旨いんだけど、完璧からは少し離れてる。☆4.5かな。ロックも良さげな気配。温度が上がってくると立ち香で感じた穀物由来の焦げたようなミネラル感が甘みにしっかり絡みつく。豊盃らしい酸は、キレというより、濃醇さ&凝縮感に寄与している感じだ。

 まあ、普通以上には旨いか。華やかさ&甘やかさの発露が一定の複雑味の中で花咲くし、ここにスペシャル酒としての楽しいニュアンスがあるのがいい。

 最後の一杯はロックで──。

 ごめん、一番いいわ。甘みが伸びるし、退けにかけての雑味 (アタック感) が和らぐ。甘酸のバランスが整理されて白桃様の含み香も出てきた。豊盃で桃を感じるの、実は初めてかも。元々ある少しザラついたテクスチャーと桃の繊維質とがイメージの中で重なって、より立体的な果実味が増す。

 ただ、いろいろと世話の焼ける酒なんでね、☆5は付きません。それでもこれは買って損のない酒だし、無意味なオリジナル商品がゴロゴロある酒屋ワールドにあって、これは固有の価値をしっかり持った商品だとは思う。こんな豊盃、他ではなかなか飲めないし。

 最後に原酒で確認──少し渋いかな。うん、ロックがいいです。もしくは、開栓だけ先に済ませておいて、2日目以降に呑むのが、もしかしたら良かったのかもしれない。初日はやや味が荒ぶってました





── 2日目。



houhai_drip27by8.jpg
 ▲After
 ▼Before

 ごめん、歌手として興味を持ったことは一度もないんですわ。



 ようやく豊盃らしい蜜のような甘ポチャさを奥で感じるようになってきた。昨日強く感じた穀物由来の香ばしいミネラル感は後退して、瓶口からはミルキーさが、グラスに注ぐと心地良いフルーティネスが健やかに発散する。マスカットや白桃もあるかな。日本酒の場合、ある程度は酸化が進んだ方がフルーティーな香りの輪郭がハッキリすることが多いような気がする。ちょっとキャンディーのようなテロっとした甘やかさもある。

 もう残りも少ないので原酒で──。

 原酒のままだと退けにかけてのストロングなアルコール感が容赦なく襲いかかってくるけど、まあ、それでもしっかり旨い。ようやく冒頭部分においては「雫取り」と言われれば「これがそうなのか」と感じる程度には滑らかなタッチを堪能できるようになってきた。熟香とは異なる、ややナッティーな旨みを核に据えつつ、ツルツルの舌触りに優しく寄り添う優雅でチャーミングな甘み。豊盃としては複雑味豊かなテクスチャーだが、別誂えと考えれば、むしろ特別感があって嫌みには感じない。

 最後は少しストロングに渋くて辛いけど、初日よりもだいぶアクの強さが抜けて、なんというか、とても愛らしい酒になってきた。やはりこの酒は初日は味見だけして、本格的に呑むのは2日目以降にした方がいいと思う──ごめん、昨夜、あれから記事の最後にこのことを軽く付け足した──来年はそうしよう。

 飲み方について、また一つ、いい経験ができたように思う。かなり☆5に迫ったものの、オレの対応の不備もあり、☆4.5でフィニッシュです。moukan1973♀は、やたら♡☺♡「スッキリしてる」言ってたけど、オレにとっては、濃醇に甘旨な酒だった。



moukan1972♂





 ▶︎清書中のBGM。
 



日本酒 豊盃 メガネと酒

Comment

Add your comment