◤風の森 - 純米吟醸 山田錦 笊籬採り ── dಠಠb「おい、IMADAY、これ完全に老ねてるぞ、金返せ」 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 本編では当時の記事をあえて (蔵情報のUP-TO-DATE以外は) そのまま記載しますが、ブっちゃけ、

 おかしいなあ・・・

 とは思ってたのよ。今これを書いているのは2016年の4月8日。実は2月に別の特約店に行った時にそこの店主と話して、これこれこういうわけでこんな感じの風の森を飲んだんだけど、これってなんなんですかね?と訊いたのよ。すると店主が、

「あ、それ老ねだね」

とピシャリ。やっぱそうじゃん。イマドキなかなか老ねてる生酒をつかまされる機会も少ないので、ある意味で貴重な体験をしたと前向きな気持ちではいるけど、最後に一言だけ言わせてくれ。

 おい、IMADAY、これ完全に老ねてたぞ、金返せ!

 日本酒は腐ったりしないから、味が変だからと言って返品する流れにはなりにくいのはわかってるけど、これがもしも大手食品メーカーの冷凍食品とかだったら、ちょっとした騒ぎになるレベルだよ。イマちゃん頼むよ。イマドキ生酒を老ねさせるとか、ちょっと恥ずかしいよ、一体いつの時代の話だよ。ま、SMAPも頭下げてることだし、今回だけは許してやるけどよ。

 さ、気を取り直して、当時の半信半疑な記事をノーカット無調整生でご覧ください。moukan1973♀の署名ですが、何度も説明している通り、書いているのは100%オレです。



kazenomori_yamada60_ikaki3.jpg


kazenomori_yamada60_ikaki2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:★判定不能★

【027】風の森 -かぜのもり- 純米吟醸 山田錦 笊籬採り 26BY <奈良>

油長酒造 株式会社:http://www.yucho-sake.jp


Moukan's tag:




 毎年9月に限定発売される「 笊籬採りシリーズ」です(※27BYからは随時リリースに変更)。簡単に言うと、「手間と独自のアイディアを駆使して搾られた特別の風の森」ということになります。通常よりも滑らかで透明度の高いワンランク上の酒質になります。ごめんなさい、 笊籬採りは一升瓶限定になります(※27BYからは720mlのみに変更)。しかも、商品によっては炭酸を多く含んでいますので、立てて冷蔵保存する必要があります。

 26BYは「雄町」「秋津穂」「山田錦」「キヌヒカリ」の4種類を買いましたが、既に最初の2つは飲んでしまいました。特に雄町は26BYに飲んだ酒のTOP5に入る美酒だと断言します。

 さて、山田錦です。磨きは60%なので、そこそこ米の旨みが残っているとは思ってましたが・・・。

 うわ・・・ッ。

 これ、9月にリリースされた生酒ですが、既に1〜2年ほど熟成させたようなタッチになってます。ん? ちょっと引っ張りすぎたかな? もはや買いたての頃の味が分かりようもないので何とも言えませんが、旦那が言うには「十旭日の3年熟成の雄町生を飲んだときのことを思い出す」そうで、確かに、言われてみればそんなような気も・・・。

 とにかく、もはや常人がイメージできる山田錦的な風味は完全に消えていて、なんじゃこれというドシっとした旨みに熟成ブランデーのような酸と渋みが重なり、かなりクセのある味わいになっています。風の森ならではのシュパシュパ感はほとんどありません。これ、Mistake!というわけではないと思いますが、明らかに本来の味とは違うOthersideにワープしてますね (笑) 。

 ま、わたしたちはこの手のクセのある熟成生酒にも慣れてますので、これはこれとして楽しめましたが、飲み慣れていない人には、決して少なくない──最低でも5人の「?君」が舌の上をダンスすることになるかと思います。

 ここまで熟した味わいに育ってますので、おそらく誰もしないであろう「風の森のお燗」にチャレンジしてみましたよ。

 リリースにドライフルーツのような甘酸が出てきましたね。ホットワインならぬホットブランデーでしょうか (笑) 。これだから日本酒は面白いです。温度変化による風味の違いを楽しめる世界でも稀れな酒、それが日本酒なのです。




── 2日目。


 リリースのクセのある苦渋が冷酒だと少しノイズになるので、今日はお燗メインで飲みました。もはや風の森を飲んでいる意味はないですが、熟成生の雄町を飲んでるみたいで、これはこれで悪くないです。今となっては元々がどんな味だったのかが気になります・・・。




── 3日目。


 だいぶ味のバランスがまとまって来ました〜。イイ意味で時間経過した生酒特有の水っぽさが出てきて、その分、渋みが後退して甘さが前に出て飲みやすくなりました。燗冷まし (お燗が覚めた状態) は酸味が前に出ますが、これはこれで食事にはフィットします。しかしこれ、本当に9月の頃はどんな味だったんだろ・・・。




── 4日目。


 本日でフィニッシュです。 笊籬採りはラストのキヌヒカリが残ってますが、たぶん大丈夫でしょう。山田錦の早期熟成は最後まで謎でした。


moukan1973




🔖 関連記事

【049】風の森 山田錦 純米吟醸しぼり華 27BY (2016/2/19)


風の森

Comment

Add your comment