もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 パンダのお酒 (白黒のお酒) が届きました。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤澤屋まつもと - 純米 CUP ── ♡☺♡「食事に優しく寄り添う京都のはんなり酒」#Clear, Okan 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 毎度マチダヤの地酒CUPです。見た目はスーパーで売ってるCUP酒と同じ形ですが、こちらはスーパーでは売っていません。あ、でも京都のスーパーなら売ってるのかな?

 火入れ加水されてアルコール度数は14なので、食中酒にぴったりの優しいボディです。割に飲み頃の温度帯の広いタイプのお酒のようですが、寒いし、お燗でいただきます。使用米は五百万石みたいですね。



matsumoto_junmai1.jpg

matsumoto_junmai2.jpg
 bottle size:180ml



【026】澤屋まつもと -さわやまつもと- 純米 CUP 26BY <京都>

松本酒造 株式会社:http://www.sawaya-matsumoto.com


Moukan's tag:




 京都らしい清楚なはんなり酒です。上品な甘みと心地よい酸のバランスがいいですね。火入れ純米酒らしい〝お米感〟もしっかりありつつ、スッキリとライトな口当たりで疲れ知らずに飲めます。ここんとこ無濾過生原酒を冷酒で飲んでばかりいたので、たまにこういうお酒を飲むと、ほっと一息できます。ちょっと風邪気味になりやすいこの季節には身体も優しくあったまります。

 これ、一升瓶で2000円ちょっとなんですよね。1〜2年寝かせて自家製熟成酒に育てたいと思わせる仕上がりです。

 たまたま取引先の接待で連れて行ってもらった嫌味にならない程度の和食割烹なんかでこの酒が燗で出てきたら、「やるじゃんっ!」ってな気持にもなりますが、ま、なかなか外でそれを望むのは難しいのかな。

 生意気言ってすみませんね。もうわたしも若くはないので、自分でも気づかないうちに本物を知るお年頃になってしまったのだよ。イエ〜イ。


moukan1973




💻 関連サイト

味ノマチダヤの地酒カップ


澤屋まつもと

Comment

Add your comment