◤裏篠峯 - ろくまる 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「こうなるともう、もはやオレは27BYの不作の篠峯研究家としての振る舞いに固有のアイデンティティーが生じ始めているわけだが・・・」 




 どれもイマイチな27BYの篠峯の、裏ヴァージョン「ろくまる」雄町です。磨き60でキャッチーな酒質を目指す「ろくまるシリーズ」ですが、26BYはホントにどれを呑んでも旨かったです──雄山錦うすにごり、八反、雄町うすにごり、雄町、山田錦 (※全て☆4.5以上、中でも八反は☆6) 。

 今回は中でも香り華やかな雄町の通常ヴァージョンをチョイス。これでダメなら本格的にダメということだと思うけど、実は日曜に杜氏に会って27BYの真相を確かめて来たので、興味のある方は「第33回 味ノマチダヤ試飲会」の記事を御覧ください。




rokumaru_omachi27by1.jpg

rokumaru_omachi27by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【199】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 27BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




 実は昨日に開けてるので2日分まとめて書きます。

 明利系酵母らしいトゥワンとした花の蜜様の光沢感のある香りに多少の質量感があるものの──まだ飲んでないよ、あくまでも香りレベルでの話よ、だから飲むまではわからんよ──、それでも、なんか味のスカスカなボディー感が漂ってる。心配だなあ。これ、子供のお遊戯会をヒヤヒヤしながら観てる親のような気持ち。


rokumaru_omachi27by2.jpg フルーツ換算?

 まあ、強いて言うならメロンかね。それこそ、香りだけなら、少し曇った仙介而今という言い方もできるけど、なにより、篠峯らしいパキーンとした眩しい酸が前面に出てない。ま、とりあえず飲んでみましょうか。せめてガスがしっかりあってほしい・・・。

 うーん、やっぱ27BYはハズレの年かなー。誤解を恐れずに言うなら、ガス感的な類似性も含めて、少し渋くて味わいが窮屈な仙介。つまり、狭介 (きょうすけ) 。ガスはそこらの直汲み並みにはあるけど、篠峯MAXには程遠いレベル。

 変な話、バカ舌の飲み手に「而今の雄町、旨いっしょ〜?」と言って黙ってこれを出したら「旨あっ!」と叫ぶ奴は一人や二人じゃないと思う。だけど篠峯の真の実力を知ってるオレからすると、これは甘めの評価をしたとしても、65点の内容。せいぜい頑張って☆3.5。

 ちょっとイチゴシロップっぽいニュアンスもあるよね。27BYの篠峯で何度かこの「イチゴ」というキーワードが出てきたけど、今わかった。篠峯でイチゴが浮かび上がったらハズレ。要するに水っぽくて味が出てない。単に甘やかさだけがなんとなく出てるからイチゴなんだよ。温度が上がって来るとますますイチゴだ。秀鳳の愛山を水で薄めて10分放置したらこんな感じになるよ、きっと。


rokumaru_omachi27by4.jpg 4月出荷の酒だけど、熟感は一切ナシ。そこだけは無駄に強い酒なんだけど、いかんせん味が出てない。ガスも弱々しい。苦みや渋みは抑えめで飲みやすいけど、違うんだよ、篠峯は。本来であれば、もうね、口の中が眩しいの。パキーンってね。もう、眠気も吹き飛ぶブライトネス。酸っぱいという言葉で簡単に片づくテイストの酸じゃない。まるで2.0の度数で作った、バカみたいに遠くまでハッキリ見えるメガネ。普通なら疲れるじゃん、見えすぎて。だけど、イイ時の篠峯は、2.0の度数で作っても全然疲れないし、むしろその見えすぎることで味わいや香りの一つ一つがビビッドに輝くっていうかさ。

 かなり厳しいこと言ってますが、それなりにキャッチーさもあるので、バカ舌の幸せ者であれば「こんなに旨いのに、モウカンは何をそんなにブツクサ言ってるんだ」と思うかもしれない。だけどな、違うんだよ、25BYと26BYの篠峯はさ。それこそ☆5以上がデフォで、☆6や☆7が咲き乱れるレベルなんだよ。

 日曜に堺杜氏に会ったし、手心を食わえたい気持ちもあるけど、これを読者に勧めることはオレにはできない。この程度を篠峯だと思って欲しくはないから、厳しく正直に☆3で。

 うーん、飲みつづけていると、ますます水っぽい。あれだよ。まるでコントの大道具。表面的には店だったり家だったりするんだけど、裏から見ると板一枚の平面みたいな。一応、それなりの香りや味は乗ってるけど、あくまでも表層的。旨み?──なんですか、それ。生まれてはじめて聞く言葉なんですけど。鍋島のオレンジほどじゃないけど、劣化のベクトルは同じ。 



── 2日目。


 優勝おめでとうございます!
rokumaru_omachi27by6.jpg
 ▲大谷くん、1安打15奪三振で完封。スゲえなあ・・・。



 ちょっとバナナっぽい香りも。酸化によってメロンに酸が加わったからかな。やっぱ少し香りの膨らみがペラいし、アルコールの浮きが篠峯にしては強い。ジュリっとしたミネラル感が全くない。スカスカ。

 ガスは少しだけ残ってる。一口目は「悪くない?」と思わせたりもするんだけど、すぐに馬脚を現す。最初の一口目は甘みを感じやすいからね。でも、すぐに慣れて、苦みや雑味なんかが顔を出してくる。

 薄いなー。


rokumaru_omachi27by5.jpg これはこれでこういう酒として好きな人もいるかもしれないけど、篠峯が好きで篠峯を買って飲んで、これで満足する人はいないだろうよ。勘違いされてもイヤだからオレも誰かに勧めないし。

 なんか2日目の町田酒造の雄町から苦みを少し抜いて薄くしたみたいな感じだなあ。こうなるともう、もはやオレは27BYの不作の篠峯研究家としての振る舞いに固有のアイデンティティーが生じ始めているわけだが、こうなりゃ、もう趣旨を変えて、最初から27BYの篠峯がいかにイマイチかをアナウンスすることに終始した方が有意義だとさえ言える。

 うーん、水っぽい。鍋島のオレンジほどの破壊的かつ絶望的な崩れはないけど、ホント表層的な味わい。篠峯の雄町でこれはないわ。もう別の酒。口の中が眩しい感じはあるんだけど、意味合いがまるで異なる。


moukan1972♂






日本酒 雄町 篠峯

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん

毎度です。

せっかくなのでBBSの方に転載しておきました。
レスはそちらで書きますね。
YSPのブルーがあったとは。
イエローは確認済みなんですが・・・。
ヤバイ。。
2017.04.05 Wed 01:51
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - ゲェーーッツ!

どうも、こんばんはー。

世界の黒澤、ゲットしました!
今回僕にとってはかなり攻めてます、なんかよく分かりませんが無駄に興奮ぎみです。

・黒澤 生酛純米 直汲み生原酒 青(YSP)
・橘屋 山廃特別純米 生原酒 雄町

えへへ、生酛と山廃のことはこれからお勉強します。照
なんかすごい難しい本を買ったときみたいなドヤ感がありますね。笑
冷蔵庫入れた後も、何回か取り出してラベル見ちゃいました。

ちなみにtype9はもうありませんでした、残念。。。
ほんと日本酒ってあっという間に通りすぎちゃいますね、限定品に関しては同じBYを飲むのは本当に難しいなぁとつくづく感じます。

橘屋はお店の方のお勧め。長陽福娘のことを伝えたらこれをお勧め頂いたので素直に購入。初めて飲む銘柄です。
なんかお店の試飲会?かなにかで一番評価が高かったとかどうとか、そんなようなことをおっしゃっていました。

いずれも多分飲んだら勝手にブツブツ呟きに来ると思います。笑

長陽福娘直汲み純米、楽しみです!
桃ミルク問題、これにもあるんですかねぇ。僕には相当ハマったのですが、ドキドキ。

あ、ちなみに長陽福娘純吟雄町は火入れとにごり生を飲みましたが、後者はイケてましたよ。おりがドライに奥行きを与えていました。
特徴はモウカンさんの直汲みと相似している気がしますが、にごりはそこに良いアクセントが加わっていたと感じました。

ではではー。
2017.04.04 Tue 23:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん


毎度です。

「そよ風便り」ありがとうございます (笑) 。


──風の森純吟雄町は全体的に穏やかになった気がしますね。良く言えばエアリーになったし、悪く言えばちょっとだけ淡白&マイルドになったかなぁと。

なんとなく「カジュアル化」が進んでるような気がしてますが、やはりそうですか。☆6を2本も獲得してる銘柄なので、「いつ飲んでも☆4の酒質」を「風の森」に求めてはいないんですけどね。26BYの「雄町60 笊籬採り」とか、まず栓が天井目がけて飛んで行きましたし、含んだ瞬間の高揚感と言ったらなかったですね。


──昔の日本酒のイメージを持つ人に飲ませたら驚くレベルだとは思います。

なんか言うことまでmoukan1973♀に似てるような (笑) 。

♡☺♡「そこらの一般人に飲ませたら『旨い!』って言うだろうけど、アタシ的には普通」──とか。


──特別にアガるわけではないですが、年中いつでもこの感じを楽しめるというのが僕的には風の森が果たす役割だと思います。ベンチのドラフト一位、ひな壇芸人のファーストチョイスですかね。場が冷めたらとりあえずあいつに振っとけみたいな安心感はあります。笑

アハハ。「風の森」としては少し淋しい気もしますが、僕で言えば、最近では「やまとしずく」みたいな存在の酒ですかね。「自動販売機で買えたらいいのに」系というか (笑) 。


──普通に美味しいですよ。でも特別感はもうあまりないですかね。

それじゃあ、28BYの初エントリーは「山田錦45」にしますかね。実はこれは呑んだことないんですよ。ちょっと高いですが、その方が容赦のない記事を書けますし (笑) 、旨けりゃ旨いで最高ですし。

ぼちぼち「長陽福娘 直汲み 純米」開けます──木曜か金曜で、記事のUPは土曜か日曜かな。

2017.04.04 Tue 14:00
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - そよ風の林

こんばんはー。

風の森純吟雄町は全体的に穏やかになった気がしますね。良く言えばエアリーになったし、悪く言えばちょっとだけ淡白&マイルドになったかなぁと。

それでもまぁ二日目の今日は膨らみが出てきてますし、昔の日本酒のイメージを持つ人に飲ませたら驚くレベルだとは思います。

特別にアガるわけではないですが、年中いつでもこの感じを楽しめるというのが僕的には風の森が果たす役割だと思います。ベンチのドラフト一位、ひな壇芸人のファーストチョイスですかね。場が冷めたらとりあえずあいつに振っとけみたいな安心感はあります。笑

普通に美味しいですよ。でも特別感はもうあまりないですかね。
2017.04.03 Mon 23:28
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──多賀治ありがとうございます。照 3ヶ月寝かせ、うまく味のりしてくれるといいのですが。。。なんかソワソワ。笑

最近moukan1973♀のドライ鬼女ぶりがハンパないので、たぶん彼女の方が喜んで飲むと思います (笑) 。


──他に欲しいものもなかったので、結局マイ永遠の安牌の一つ、風の森雄町純吟を買ってしのぎました。

あ、これのレポ、気になります。実は去年に呑んだ「笊籬採り 露葉風」が平凡な酒に成り下がっていたので、僕の中では「注意警報」発令中銘柄です。いつもの力強い凝縮感がまるで足りず、なんか「味だけ風の森」みたいな自己模倣風情が気になりました。


──週明けどこかで御徒町に寄って、黒澤を買ってみるつもりです。確かに問い合わせたときtype7はないけど~ならあります的なことを言われたので。残ってるかなぁ。

まだType-9は開けてませんが、たぶん「風の森」みたいに、銘柄共通の「これこれ!」的な属性がちゃんとあると思うので、たぶん大丈夫なようか気もしますが、さて、どうでしょう。これは720mlも出てます。もしかしたら「YSP」が入ってる頃かもしれません。ま、僕も「黒澤」はジャケ買いでしたので (笑) 。


──Vert亀ノ尾も探します。一度見かけたんですけど、この前同じ店に行ったらもうなくなっていました。泣

昨日、同じ「田圃ラベル・シリーズ」の「Azur山田錦55 (碧) 」を開けたんですが、こっちはさらにドライでスリムでしたね。「Vert亀ノ尾」の方が艶やかさがあります。moukan1973♀はAzurを「旨い旨い」言って呑んでましたが、僕は<そこまで?>という感じでした (笑) 。


──あ、このろくまる雄町二日目。 二日目も何かに似ているなぁと思ったら、これは記憶がはっきり。年明けに飲んだ山形正宗の純吟雄町直汲み生にかなり似ています。

つまり、サンジュリアンさんの指摘が合っていたということですね (笑) 。彼も「篠峯」と「山形正宗」の共通性を最初から指摘してましたからね。うちの正宗くんは「酒未来」なので少し甘いかもですが、楽しみです。


──エキス感、なにかがつかめそうです。

おそらく「コク」という言葉で使ってる人も多い要素じゃないですかね。「貝エキス」「しじみエキス」という組み合わせの方がメジャーですけど (笑) 。なんというか、「実体なき実体感」と言えばいいでしょうか。直接的に米を感じなくても、確かにそこに米を感じる時、僕は「エキス感」という言葉を使っているような気がします。


2017.04.03 Mon 10:03
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - エキス

こんばんはー。

多賀治ありがとうございます。照
3ヶ月寝かせ、うまく味のりしてくれるといいのですが。。。なんかソワソワ。笑

米鶴見に行きました!確かに一升しなかったので断念。四合瓶出してほしいですよねぇ、ほんと。もうちょっとお高めでもいいので。他に欲しいものもなかったので、結局マイ永遠の安牌の一つ、風の森雄町純吟を買ってしのぎました。

週明けどこかで御徒町に寄って、黒澤を買ってみるつもりです。確かに問い合わせたときtype7はないけど~ならあります的なことを言われたので。残ってるかなぁ。

残ってなかったら懲りずになにかをジャケ買いします。笑
下調べなしでお店に行って、とりあえずジャケ買いしたやつを帰りの電車で調べて一喜一憂するのが楽しいんですよね。

Vert亀ノ尾も探します。一度見かけたんですけど、この前同じ店に行ったらもうなくなっていました。泣

あ、このろくまる雄町二日目。
二日目も何かに似ているなぁと思ったら、これは記憶がはっきり。年明けに飲んだ山形正宗の純吟雄町直汲み生にかなり似ています。
ミネラル感?酸?ちょっと分かりませんが、グレープフルーツとかを食べた後に口のなかに残る感じが特に。こちらのほうが香りは華やかですけど。

エキス感、なにかがつかめそうです。
過去に自分が感じたぼやっとした印象が、この言葉でいくつか具体化するから面白いですね。新しい尺度を得た感じです。
ありがとうございます!
2017.04.02 Sun 23:49
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


多賀治、買いましたぜ (笑) 〜。←シツコイ。
なんか味幅がスリムみたいなので、3ヶ月くらい寝かせてみます。冷やおろしの時期まで引っ張れば熟れ茶けて甘みも伸びそうな気もしますが、そこは気分で。慌てて開けることはないと思います。忘れた頃にドロップします。


──んー、どっかで飲んだことある風味(栃木の姿のどれか?)だけど記憶力悪く思い出せず。許容範囲ですが結構フローラルな香り立ちですねこれ。 イチゴシロップっぽいニュアンス、結構あります。温度が上がると特に。

しかしまた「大概僕はこういうのセンスないので」の言葉通り、正直、ろくまるの中で最もtemakinoriさんの好みから外れるモノを引いてしまいましたね (笑) 。これ、シリーズの中で一番甘いです。26BYなら全然美味いですけど、それでもtemakinoriさんにはメロン的な甘さが少しクドいと感じるかも。まあ、酸は絶好調なので飲めちゃうとは思いますが。話を聞いてると、2日目の町田酒造みたいな感じですね。

やはり、何度も言いますが、28BYなら「Vert亀ノ尾」でしょうね。あと、黒ラベルは「雄町50」です。「愛山45」は「赤」です。たぶん「Type-M」のダブル酵母だと思いますが、temakinoriさんには9号単独の「クラシック9」がドライでオススメです。ですがこれ、関東圏の酒屋にはほとんど入りません。僕はこれの27BYの売れ残りに狙いを定めてます。


──かなり水っぽい感じのあとにちょっとだけ苦さが残ります。うん、これすごく水っぽい。笑 あとミルクオイルが奥からうっすらと、この銘柄に関してはミルクっぽさはあんまり合いませんね。

「すごく水っぽい」──これ聞いただけでどの程度のハズレなのかも僕には手に取るようにわかります。ここ、エキス感と紙一重なんですよね。たとえばポカリスエット。これ、水っぽいといえば水っぽいですよね。でも、ここに蜂蜜を混ぜればエキス感が出ますよね? 表面的な甘さの度合いはそれほど変わらないのに、コクというか、味に質量が出ます。

この段階で水っぽいということは寝かせてもダメですね。「篠峯」の場合、早飲みの弊害は「硬さ」のみです。ちょうど花のツボミが閉じてる状態に近いでしょうか。甘みが奥に閉じこもってるというか。なので、水っぽいヤツは何をどうやってもダメです。造りに失敗してるので手の施しようがありません。


──なにをブツブツ、お前の日記か?感がありますが。モウカンさんが色々気付きをくれるから、なんか書きたくなっちゃうんですよ、ここ。笑

あれ? 今頃、気づきました? ここ、読者さんの「日記場」ですよ、最初から (笑) 。


──あ、最寄りの酒屋みなさん話題にしてる米鶴を扱ってるのが分かったのでこの週末見に行ってみるつもりです!超なんとかというやつが入荷したそうで。僕の嗜好に合うのかよく分かっていませんが。笑

山廃純米大吟醸が残ってれば是非そちらを。純吟は1801号と701号のダブル酵母らしいので、そこまで華やかでもないと思いますが、そこそこキャッチーな酒だと思うので、要覚悟です。temakinoriさんなら「辛口純米」なんかもイケる口だと思いますが、どのみち1800mlしかないので、一人飲みにはハードル高いです。


──黒澤type7は御徒町など問い合わせて見ましたが(T-T)お店買い派の通販バージンなんですが、やっぱり可能性を広げるにはそろそろ考えないといけないのかなぁと。。。でもお店買いが好きなんですよねぇ、本も同じで。なぜか。

Type-9は入ってましたよね。これからYSP (洋平スペシャル) も入ると思うので、他のスペックでもチャレンジする価値はあるとは思います。Type-7はセメダイン的なキラメキが強めかとは思いますが、旨みの立体感や生酛ならではの不思議な軽さはどのスペックでも体験可能だと思います。ま、酵母違いは上着のカラーの違いで、服のデザインそのものに大きな違いはないということです。

僕もレコードを通販した経験はほとんどありませんね。あの「持って帰る」感覚にストーリー性があって、「さあ、家に帰って聴くぞ (飲むぞ) 〜」という高揚感は何にも代えがたいです。


──あ、本日転入生見ました。地味にAkabu記事も楽しみにしています。そうそう、ちょっとお高めなんですよねぇ、あれ。

火入れのALC.15なので、気負わずクイクイ飲めればOKです (笑) 。

あと「トゥワン」という謎の擬態語のニュアンスをわかっていただけて何よりです (笑) 。


2017.04.01 Sat 01:05
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - トゥワン

こんばんはー。
ようやく年度末の飲み会ラッシュから解放されて、いまこれのうすにごり28BYを飲んでいます。

んー、どっかで飲んだことある風味(栃木の姿のどれか?)だけど記憶力悪く思い出せず。許容範囲ですが結構フローラルな香り立ちですねこれ。

イチゴシロップっぽいニュアンス、結構あります。温度が上がると特に。
あと酸を期待していましたが、トゥワンと香りが広がったあとは結構単調。かなり水っぽい感じのあとにちょっとだけ苦さが残ります。うん、これすごく水っぽい。笑
あとミルクオイルが奥からうっすらと、この銘柄に関してはミルクっぽさはあんまり合いませんね。

んー。モウカンさんの書いてる27BYと近いような気がします。
この前東京駅で純大愛山生(黒いラベル)が売っていたのでそっちのほうが良かったのかなぁと。

ジャケ買いは難しいですね。大概僕はこういうのセンスないので。でも篠峯はまだまだチャレンジしてみるつもりです。

なにをブツブツ、お前の日記か?感がありますが。モウカンさんが色々気付きをくれるから、なんか書きたくなっちゃうんですよ、ここ。笑

あ、最寄りの酒屋みなさん話題にしてる米鶴を扱ってるのが分かったのでこの週末見に行ってみるつもりです!超なんとかというやつが入荷したそうで。僕の嗜好に合うのかよく分かっていませんが。笑

黒澤type7は御徒町など問い合わせて見ましたが(T-T)お店買い派の通販バージンなんですが、やっぱり可能性を広げるにはそろそろ考えないといけないのかなぁと。。。でもお店買いが好きなんですよねぇ、本も同じで。なぜか。

あ、本日転入生見ました。地味にAkabu記事も楽しみにしています。そうそう、ちょっとお高めなんですよねぇ、あれ。
2017.04.01 Sat 00:08
Edit | Reply |  

Add your comment