◤本日の1曲♪【'80s MODERN SOUL】Atlantic Starr - When Love Calls (1980)  

genre tag:'80s MODERN SOUL, MELLOW, SOUL/FUNK 
▪︎1985年の「Silver Shadow」に引きつづき、'90年代的クリスタル感の源流を'80年代のAtlantic Starr作品に探す旅シリーズです。1979年の2ndアルバムの中には全く存在しなかった新時代のメロディーがいよいよ発芽してくる、その最初の二葉がこの「When Love Calls」。当時のFUNK系グループにとって、アルバムA面の1曲目というのは選曲的に重要な位置であるにもかかわらず、こうしたメロウなミディアム曲がそのポールポジションを担うというのは極めて異例。実際シングルカットされて当時のR&Bチャートではヒットしたようだけど、本人たちも確かな手応えを感じていたんだと思う。ほとんどワンコードの体裁で進行するシンプルな構成ながら、そこに乗るメロディーは極美にモーダルで洗練された織り目のよう。動き豊かなコード進行がメロディーにドラマティックな起伏を与える日本のポップミュージックとは根本的に音楽全体の成り立ち方が異なるし、なによりコード進行の支配からメロディーが自由に解放されたということが、'90s的なメロディーにつながる重要なポイントね。この3rdアルバムからは完全にSharon Bryantが主役になってるあたりも、グループとして上手く方向転換できてると思う。彼女の声質と歌唱スタイルがまた見事にこの'80s的なモダニティと親和してるんだな。たった1年でこの変わりよう。一体彼らに何があったのだろう・・・。











 ▶︎コード進行の呪縛からの解放、もはやこれはメロディー陣営による音楽的クーデター。
 

 ▶︎'80s前半のグループを牽引したSharon Bryant
music_atlantic_starr3.jpg
 photo: CENTRIC


music_atlantic_starr2.jpg

MELLOW FUNK 80s_SOUL

Comment

Add your comment