【完成するまで随時更新 - 9/14/17:56】SAKE GRADEをリニューアル中です。 



── 2016/9/14/17:56

 毎度アクセスありがとうございます。

 まだ細かい整理はこれからですが、加筆・捕捉したものをそのままここに更新していきます。個人的なMEMOです。今後、GRADE説明そのものの調整は、すでにUPした専用のページで行います。


 About SAKE GRADE (SAKE GRADE>Aboutに収納しています。)
 http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-416.html

 下記は、上記リンクと全く同じ内容の記述になります。

 あ、そろそろ今夜飲む酒を決めないとな。亀甲花菱は残り1合ちょい。


個人的なオススメは☆5つ以上から。
好みがオレと合えば☆☆☆☆½も十分に楽しめます。



☆☆☆☆☆☆☆・・・旧Violently Favorite (私的極上酒、偏見や思い入れ指数高め)
☆☆☆☆☆☆・・・・旧Highly Recommended (超オススメ、ここが共有できないとツライ)
☆☆☆☆☆・・・・・新設グレード (私的オススメ、飲んだ瞬間に旨いのはこのクラスから)
 ↑ ↑ ↑
 オレの味覚においては高い壁が存在
 ↓ ↓ ↓
☆☆☆☆½・・・・・ 新設グレード (個人的嗜好寄りの☆4)
☆☆☆☆・・・・・・旧Recommended (普通以上〜オススメ、造りに特に問題はない)
☆☆☆½・・・・・・ 新設グレード (特には勧めないが好きな人も多いはず)
☆☆☆・・・・・・・旧Untitled (普通、個人的に苦手、特に熱く語れる要素ナシ)
☆☆・・・・・・・・新設グレード (やや問題あり、なんらか造りに失敗している)
☆・・・・・・・・・旧Not Recommended (大いに問題あり、途中で捨てた or 料理酒に格下げ)






【MEMO】

▪︎☆4には個人的な好みから外れるものでも、造り手の意図が達成されていると感じるお酒も含まれています。個人的な好みを反映した☆4は☆☆☆☆½として区別しています。☆5までの道のりは厳しいですが、そこそこ旨いお酒も多く含まれているゾーンです。

▪︎☆3が一番のボリュームゾーンなので、「中には好きな人も多いはず」「全く印象に残らなかったわけじゃない」「何かが足りないけど光るものもある」ようなお酒は☆☆☆½として区別しています。

▪︎必ずしも味に対しての絶対評価ではなく、値段に激しく満足できないお酒が☆2以下に振られることがあります。その生姜焼き定食、800円なら☆4、1,200円なら☆3、2,500円なら☆2みたいな (笑) 。

▪︎人気&入手困難銘柄の場合、必然的に「別に無理して買う必要はない」という要素が加わりますので、相対的に評価が厳しくなる場合があります。「他に旨い酒ならいくらでもある」という感情が生まれやすいのはオレ個人の資質や思考回路に準じたものなので、そこは受け入れるか無視するかして下さい。

▪︎4合瓶3,000円 (税抜) 未満のお酒の場合、個人的な好みで☆2以下に振ることはしていません。あくまでも造りに問題があると思われるものがここに分類されます。射美の純吟が☆3なのはそういう理由です。

▪︎☆5以上のお酒についての補足はありません。



moukan1972♂





── 2016/9/13/15:27

 毎度アクセスありがとうございます。

 さっそくの変更です。やはり☆☆☆〜☆☆☆☆が一番のボリュームゾーンということで──実際にここのゾーンだけで全体の約70% (132/189) ほどを占める──、そこに「+0.5」の差を与える (含みを持たせる) ために½という記号を使います──記号変更の可能性は大いにアリ (9/14/14:14に変更) 。


 ☆☆☆☆½=4.5、もしくは、4+
 ☆☆☆½=3.5、もしくは、3+


 もちろん、こうした評価方法は恣意的な判断に陥ることもしばしばで、公平性や客観性が担保されないという側面は避けようがないと思う。だけどな、そもそも無名の個人の弱小ブログで公平性も客観性もあるかっつう話な。むしろ過度に客観的であろうと努めることの方が、ある意味おこがましいとすら言える──もちろん開き直ってます。

 別にオレ、日本酒ジャーナリストでもフードライターでもないし、ましてや酒屋&蔵元とはなんの利害関係も個人的な付き合いもないし。好き勝手に毒吐いて不快に感じることも多いかもしれないけど、オレだって酒屋が旨くもない酒を煽って絶賛してる様を見て不快に感じてるんだから──そればかりか時には金銭的な損失まで被ってるんだから──、それらと相殺ということで大目に見てよ。

 なぜこの世には「侮辱罪」や「名誉毀損」があるのに「賞賛罪」や「名誉扇動」の罪がないんだ!──あるわけねえだろ (笑) 。

 一応、☆5つ以上には相当に高い壁を与えています。そこは意図してやってます。だけど、そうなると、それ以外の酒ばかりになってしまうので、「もう少しで☆5つ」もしくは「個人的な嗜好に準ずる☆4つ」を☆☆☆☆½、「中には好きな人も多そうな☆3つ」「別に不味くもないし全く印象に残らないわけでもなかった☆3つ」を☆☆☆½として振り分けようと思ってます。ま、実際に意味があるのは☆☆☆☆½の方だけだと思うけど。


個人的なオススメは☆5つ以上から。好みがオレと合えば☆☆☆☆½も十分に楽しめます。

☆☆☆☆☆☆☆・・・旧Violently Favorite (私的極上酒)
☆☆☆☆☆☆・・・・旧Highly Recommended (超オススメ)
☆☆☆☆☆・・・・・新設グレード (私的オススメ)
 ↑ ↑ ↑
 高い壁が存在
 ↓ ↓ ↓
☆☆☆☆½・・・・・ 追加新設グレード (個人的嗜好寄りの☆4)
☆☆☆☆・・・・・・旧Recommended (普通以上〜オススメ、造りに特に問題はない)
☆☆☆½・・・・・・ 追加新設グレード (特には勧めないが好きな人も多いはず)
☆☆☆・・・・・・・旧Untitled (普通、個人的に苦手、特に熱く語れる要素ナシ)
☆☆・・・・・・・・新設グレード (やや問題あり、なんらか造りに失敗している)
☆・・・・・・・・・旧Not Recommended (大いに問題あり、途中で捨てた or 料理酒に格下げ)


 以上、よろしくお願い致します。


moukan1972♂





── 2016/9/8/17:56


 毎度アクセスありがとうございます。

 ちょっと今、日本酒の評価グレードを見直してます。ブログの細部に至るまで調整が済むのはまだ先だと思いますが、ひとまずカテゴリー (MAIN CONTENTS) には反映させています。どこまで参考になるかは不明ですが、オレの記事を参考にお酒をチェックしている方もいるようなので、旧Recommendedの中から特に私的にオススメできるモノを☆5つグレードとして分離しました。

 すべての作業が終わるのに1週間以上かかると思いますが、ひとまず、いつもご覧の方が不便に感じることは少ないと思います。あ、SAKE INDEXどーしよ。今思いつく限りだと、①〜⑦の特殊文字を使うしかないけど、そうするとなんか①が一番美味いみたいに見えるな (笑) 。思案中なので、しばらくSAKE INDEXは旧グレードのままで表記します。すんません。




information.jpg





ტ 日本酒の評価について

▪︎7段階に分けることにしました。




個人的なオススメは☆5つ以上からです。

☆☆☆☆☆☆☆・・・旧Violently Favorite (私的極上酒)
☆☆☆☆☆☆・・・・旧Highly Recommended (超オススメ)
☆☆☆☆☆・・・・・新設グレード (私的オススメ)
☆☆☆☆・・・・・・旧Recommended (普通以上〜オススメ)
☆☆☆・・・・・・・旧Untitled (普通、個人的に苦手)
☆☆・・・・・・・・新設グレード (やや問題あり)
☆・・・・・・・・・旧Not Recommended (大いに問題あり)


 一番厄介なのは、おそらく☆☆☆〜☆☆☆☆。たとえば、☆☆☆の中にアナタのフェイヴァリットがあるかもしれないし、☆☆☆☆の中にアナタの苦手な酒があるかもしれない。ここは個人の嗜好が大いに反映されるので、ある意味で〝一番意見が分かれるゾーン〟かもしれない。特に☆☆☆☆の中には、個人的な好みから少し外れていたとしても、造った本人の意図が十分に達成されていると思われる酒も含まれているし、逆に造った本人がやり切っていると感じても、オレの苦手意識が勝ってしまうと☆3つにするかもしれない──実際そういう酒もある。

 一方、☆6つ以上で「不味い、好きじゃない」と言われることは、いくら想像力豊かなオレでも、そう簡単にイメージできることじゃない (笑) 。新設した☆5つは、旧Recommendedの中の旧Highly Recommended寄りな──つまり個人的な嗜好が強く反映されたRecommendedと受け取ってくれれれば。

 もう一つの新設である☆2つは、旧Not Recommendedと旧Untitledの中から再評価して振り分けてます。このへんは「やや問題あり」な造りなので、買って満足することはないと思います。普通の出来でも値段との釣り合いが取れていない酒についてはここに収めるので、必然的に「大したことのない高い酒」が☆2つになることが多くなります。あとは「無理して買っても楽しめない」という意味で、あまり出来の良くない人気銘柄、入手困難銘柄もここに入ることがあります。

 ☆1つの酒が美味しく飲める人は「自分はなんて幸せなんだろう」と考えて、決してオレを責めないでください。☆2との大きな違いは「途中で捨てた」「料理酒に格下げした」という点です。

 というわけDE、今後ともよろしくお願い致します。


moukan1972♂






Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

kappaさん、こんちわー。

毎度コメントありがとうございまーす。
こちらこそ先日は貴重な情報ありがとうございます
一応、日輪田の記事からレスさせていただきました。
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-396.html#comment70

GRADE細分化の意図を細やかに汲んでくれてありがとうございます (泪) 。
元々は「超オススメ」と「それ以外」で十分じゃないかという気持ちも強かったんですが、記事が増えてくるにつれて、細々とした差異が僕自身も気になりだして来まして。点数はまどろっこしいので、7点満点の9段階で十分じゃないかと。

仰る通り、☆4未満は切り捨ててもいいんですが、人によっては「自分との趣味の違い」を端的に感じるゾーンでもあるので、あえてそこは残しておこうかなと思ってます。高い評価を参考にする人もいれば、逆に「モウカンはあんな旨い酒を☆3にしてるから信用できない」というアプローチも、それはそれで有益かと。


──ド素人な自分ですが、自分は飲んだ日本酒の良い点をフォーカスしていますので、「加点方式」によっております。 moukan様の評価はどうですか?

実際、飲んだ瞬間に「ほぼ決まる」という感じです。飲んだ瞬間に文句ナシに旨い酒は☆5以上確定です。問題は中間ゾーンの振り分けですよね。意味ないっちゃない作業ですが、「どこが自分には物足りないか」を知ろうとすることは無駄ではないかなと。

変な話、☆5以上の酒よりも☆3以下の酒の方が細かい味を覚えてたりするんですよ。旨い酒は言葉や理屈を軽々と超えて行きますから、ウダウダ分析することを忘れてガブガブ飲んで、酔って頭が使い物にならなくなるパターン、多いような気がします (笑) 。

なので、僕の場合、飲んだ瞬間に☆5以上は確定して、そこに至らない酒についてはなんとかイイ部分を引き出すために少し味の旅に出かける感じですかね。もちろん、☆2以下も瞬間的に判断できますけど (笑) 。

それはそうと、パーカー・ポイントって、意外に話題になるんですね。僕は全く気にも留めていませんでしたよ。みんな情報収集に余念がないなと感心してますよ (笑) 。


──毒(酸味)が薄まらないことを願います。

ありがとうございます。
毒と薬は表裏ですからね。
菌にとっては、薬もまた毒ですから。
イヒヒヒ。

2016.09.13 Tue 23:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - 勇気あるコメントありがとうございます!

東京H2 様


このたびはスカっと言いたいことを書いて下さりありがとうございます。


──そして、その余計なフレーズが貴方の鋭い感覚とセンスに基づいた批評を下劣にしているようで非常にもったいないと思っています。

すみません、失礼ながら、笑ってしまいました。
なぜなら、全くその通りだと思うからです。
照れ隠しと言うには幼稚ですが、まあ、カッコ良すぎることへの抵抗感があるんです。
そこは自分でもアンヴィバレントな要素だとは思ってますけど、
基本的に若い頃から人に褒められることが苦手で、恥ずかしながら、少し屈折したまま歳を重ねてしまったかもしれません。

moukan1973♀に偽装した記事については、実際に彼女が女性ならではの感想を言うこともしばしばで、そういうのを少しでも拾いたいという気持ちもあるんです。自分だけで突っ走るのも読み手が疲れるかなあと考えてみたり。ですが、まだブログをはじめて5ヶ月ほどなので、いかんせん方向性がバシっと定まっていないところもあり、そこは見苦しかったり、今一つ完全には弾けきっていないように映る部分かもしれません。


──もちろん、このサイトを運営されていらっしゃるのはモウカンさんご自身ですから、私の意見などに耳を傾ける必要はないことも承知しています。

お気遣いありがとうございます。

仰る通り、東京H2さんの意に沿う書き方に変更するよりも、僕は今のままを維持する方を迷いなく選びますので、いつか僕に愛想をつかせてアクセスから遠のいてしまうこともあるかもしれませんが、それについては「残念です、申し訳ありません」としか言えません。しかしながら、今こうしてこのようなコメントを頂いたことを僕が忘れることは一生ないですから、そこは感謝しています。

実際、まだまだ初心者なんですよ。ちょうど2年を過ぎたあたりです。
(酒屋も含む) 非初心者に食って掛かる部分と、それを都合良く盾にしている部分があるというのは理解しています。それについての本音 (真相) をここで全て書くことはできませんが、なんというか、意図して挑発している部分も確かにあります。だって、その方がこういうしたアンチな意見も導き出しやすいじゃないですか。皮肉じゃないですよ。僕自身も他人の文章を読んで「なに言ってんだ!」と思うことで、実はそれを自身の楽しみ (モチベーションやエンタテインメント) に転化しているケース、よくありますから。

今度とも東京H2さんなりのスタンスで楽しんで頂けると嬉しいです。

このたびは刺激的なコメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


moukan1972♂





2016.09.13 Tue 23:07
Edit | Reply |  

Name - 東京H2  

Title - 

初めてコメントさせて頂きます。

既に同様のコメント↑ありますが、私も酒屋の主張に依らない、独自の視点からの解釈をされているモウカンさんのレビューはこのままの方向性で続けて頂きたいと思っています。

確かに酒屋の能書きと実際の味わいの隔たりを実感することは少ないとは言えず、日本酒業界の課題とも言えると感じているからです。

そんな中、歯に衣着せぬ物言いと独特のフレーズを駆使し、高い頻度で更新を重ねられる貴方のレビューには関心しています。
実際に紹介されている銘柄で私も購入したものもある程です。

ただ、当然私の意見に過ぎませんが、一部違和感を感じる部分もあることも事実だと言えます。
例えば、繰り返し登場する、片方を下げてモウカンさんご自身を持ち上げられる表現。
終始毅然とした姿勢なのかと思えば、奥様に仮託した文章や初心者だから~といった逃げの口上とも取れる言い回しなど。

コメントを寄せられている多くの方は貴方の文章を絶賛されているので、私は極々少数派なのは間違いありませんが、私は一部の表現を不快に感じています。
そして、その余計なフレーズが貴方の鋭い感覚とセンスに基づいた批評を下劣にしているようで非常にもったいないと思っています。

もちろん、このサイトを運営されていらっしゃるのはモウカンさんご自身ですから、私の意見などに耳を傾ける必要はないことも承知しています。

ただ、歯に衣着せぬ物言いと下品とを混同して頂きたくないと思い、今回メッセージを残させて頂きました。

私は、自身がまだ見ぬ魅力ある日本酒と巡り合うことを願ってやみません。
上記のような物言いですが、モウカンさんのレビューを今後とも楽しみにしています。

最後になりましたが、非礼をお詫びいたします。大変失礼致しました。
2016.09.13 Tue 22:26
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - ”俺節”で

moukan1972♂様

こんにちは。先日は、総武・中央沿線の地酒屋を紹介いただきまして有り難うございました。
ネット通販で取り寄せなければ買えないと思っていた銘柄が案外近場の酒屋にあることを知り、とても参考になりました。
酒屋に通うことはとても楽しく、直ぐにでも出向きたいところですが、取扱銘柄のバリエーションが一気に広がると、益々選べなくなる傾向にあるので、先ずは贔屓にしている酒屋の銘柄を一通り"飲破"してから、篠峯や風の森をゲットしに御紹介いただいた店舗に繰り出そうと画策しております。

さて、グレードの件ですが
~~
別にオレ、日本酒ジャーナリストでもフードライターでもないし、ましてや酒屋&蔵元とはなんの利害関係も個人的な付き合いもないし。好き勝手に毒吐いて不快に感じることも多いかもしれないけど、オレだって酒屋が旨くもない酒を煽って絶賛してる様を見て不快に感じてるんだから──そればかりか時には金銭的な損失まで被ってるんだから──、それらと相殺ということで大目に見てよ。
~~


とございますが、ここまで細分化なさるところに、お言葉とは裏腹に、読者愛・日本酒愛を感じ取られずにはいられません。
私も含め、多くの読者がmoukan様の意見、グレードを参考に酒選びをすることから、読者が「外れたー」とならない様にしたいという想い、俺的にはもうリピしないけど折角飲んだご縁からハズレはハズレなりにグレードを付してやろうという想い、全方位的な対応はさぞかし大変だろうなぁとお察しいたします。

私的には、
☆☆☆☆・・・・・・旧Recommended (普通以上〜オススメ、造りに特に問題はない)
以下のグレードは、moukan様的にはリピしないでしょうから、この際 読者愛・飲んだ日本酒へのご縁を踏みにじっていただき

ダウンタウンのガキ使人気企画

"チキチキ この一口に命をかけろ 賞金10万円争奪! きき〇〇"コーナー"
のごみ箱をイメージし

グレード「ぽい(空き瓶をゴミ箱に投げるイメージ)」に統合していただいても良いのではと勝手に思い投稿させていただく次第です。


さて、先日パーカー・ポイント90点以上の日本酒78本が発表されましたね。
http://www.erobertparker.co.jp/info/52_info.php

約800点の銘柄の中から96点以上の評価を得たのは

98点 亀の翁純米大吟醸3年熟成 久須美酒造 たった1本だけだった様です。

100点満点中98点という絶対値による評価にはえも言われぬ説得力があるので、亀の翁は入手困難なお酒になると思いますが、この評価方法はどうやら「減点方式」による採点というのがミソである気がしました。

ド素人な自分ですが、自分は飲んだ日本酒の良い点をフォーカスしていますので、「加点方式」によっております。
moukan様の評価はどうですか?


さて最後になりますが、今回一体何が言いたかったのか。

「moukan様はmoukan節炸裂で良いんじゃない?
太字の文下線の文

毒(酸味)が薄まらないことを願います。
2016.09.13 Tue 19:06
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.09.09 Fri 07:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - ワイン歴35年! 人間歴最低55年!

サンジュリアンさん、こんにちわー。
先日は秀鳳の記事にコメントいただきありがとうございました。

同じ酒の一升瓶を一度に4本買うなんて「只者ではない・・・」──つうかお店の人?──と思っていたんですが、ぬわんとワイン歴35年とは! 僕なんか、得意のClub Musicでも歴は25年程度。恐れ入ります。。。

僕もワインは一般人の息抜き程度には飲んだことあります。
赤なら「ディエゴ・デ・アルマグロ レセルバ」、
白なら「アラン・ブリュモン ガスコーニュ ブラン」、
適当に1,000円前後のワインを試して、気に入ったモノをリピする程度でしたが。。
数年くらい前は円高だったので、アルマグロは980円なんかで買えましたし。

なんかスゲー内容の濃いコメントで僕もテンション上がってますが (笑) 、3,000円以下で死ぬほど旨いワインがあったら、折りを見て是非教えてください。

サンジュリアンさんは日本酒も本気で飲んでる方なので、ワイン派に好戦的な僕に対して「おっとワインの悪口はそこまでだ、これ飲んで出直して来な!」というモノがあれば、僕も月に一度くらいはイイやつ飲みたいとは思っているんです。なんというか、日本酒への覚醒を通じて、酒に対してこれまでの人生の中で最も鋭敏になってはいると思うんです。だから、今なら本当に美味しいワインも少しは理解できるかな、なんて。


──幸いパーカーも歳と共に好みが変わって来て、以前酷評してたクラシック軽めの抽出作りのワインを見直したので、大分落ち着いた様です。自分自身も40歳代までこってり濃厚タイプが好きでしたが、年齢と共に軽やかなワインを飲むようになりました。

それはありますよね。僕も41歳からの本格参戦なので、若い飲み手よりは生酒&直汲み信仰は薄いですし、今はパキっと見晴らしのいいブライトな酒が好きですが、5年後に同じ好みである自信はないですね。


─だからこそ、自分の好みを全面に出して評価すれば良いと思います。貴方の読者は、自分の好みや評価が貴方の評価と同期すれば好みが同じ方向にあると分かり、貴方の評価が高い飲んだことのない銘柄に手を出そうと決意するはずです。 これからも参考にさせて貰いますのでどんどん書き込んで下さい。

ありがとうございます!
そもそも僕も、ほとんどの酒屋HPのコメントが全くしっくり来なくて、加えて日本酒ブログのほとんどが「美味しかったです」で終わりなのがつまらなくて、それで自分で始めたというのがあるんです。

蔵人の想いとか努力とか、そういうのを気にかけていないわけではないんですが、所詮僕らは「残酷なエンドユーザー」、最後にジョーカーを掴まされるのも僕らなので、そこはドライに正直に書くようにはしています。

それにしても、サンジュリアンさんも、そのうち日本酒ブログ、始めるんじゃないですか (笑) ? そのときは是非教えて下さいね。

今後ともよろしくお願いします!




2016.09.08 Thu 22:46
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 評価基準について

ワイン歴は長い(35ねん)ですが、今年の春から日本酒に覚醒したおじさんです。色々な日本酒ブログを参考にしてこの半年買いまくってます。勿論貴方のも参考にさせていただいてます。
さて、評価のクラス分けですが、イギリスでは歴史的にワイン評価を20点が行うのが主流でしたが、ワインアドボケイトでRパーカーが100点評価をやり始めた以降アメリカは100点法が主流です。とはいえ、飲めるレベルに最低点が50点ですから、実際は50-100点で評価されてます。
96-100点 傑出してる(extraordinary)特に100点はレジェンド
90-95点 素晴らしい(outstanding)
80-89点 大変良い(very good)
70-79点 平均
60-69点 平均以下
50-59点 受け入れ難い
と実際6-7ランクで同じ範疇の中で、例えば88点は85点のものより良い
としてる様です。自分の3000本以上飲んだ経験でも冷やかしで買った¥500のワインでも50点台に出会った事はありませんでした。寧ろ一本$100でアメリカの酒店で買ったボルドーの格付けワインがブショネで飲めなかった経験の方が多いです。
最近やり始めた自分の日本酒への評価は5点方法で0.5刻みです。
飲めれば3点 傑出してると思ったのは5点 4点以上ならりピありと決めてます。ワインは長い伝統でヒエラルキーがある意味決まってるので、割りと簡単に素人の自分でもBM化するのは容易でした。日本酒の場合甘辛、淡麗芳醇、即醸山廃などタイプ別のものを同じ尺度で評価するのは、ワインでボルドーとブルゴーニュのワインを比較するみたいな気がします。
まあ、個人で好き嫌いなタイプを点数化するのは問題ないでしょうが、商業的に点数化するのは問題でしょうね。実際パーカーの点数が90点以上じゃないと仕入れしないワインショップがアメリカで多発して、売るために作り手がパーカー好みの果実味前面に出して濃厚でこってりオーキーな味になってしまい。ワイナリー業界が混乱した時期がありました。幸いパーカーも歳と共に好みが変わって来て、以前酷評してたクラシック軽めの抽出作りのワインを見直したので、大分落ち着いた様です。
自分自身も40歳代までこってり濃厚タイプが好きでしたが、年齢と共に軽やかなワインを飲むように成りました。
長々と書きましたが、所詮ワインも日本酒も嗜好品なので絶対的な評価はできないと思います。だからこそ、自分の好みを全面に出して評価すれば良いと思います。貴方の読者は、自分の好みや評価が貴方の評価と同期すれば好みが同じ方向にあると分かり、貴方の評価が高い飲んだことのない銘柄に手を出そうと決意するはずです。
これからも参考にさせて貰いますのでどんどん書き込んで下さい。
検討期待しております。
2016.09.08 Thu 21:15
Edit | Reply |  

Add your comment