もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 遂に今年2本目の☆6が降臨。←失礼、3本目 (笑) 。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【UK SOUL/GROUND BEAT】Donna Gardier - I'll Be There (Frankie & Judy's Dub) 1990 #Frankie Knuckles 

genre tag:UK SOUL, QUIET STORM
▪︎今週は『ミニGROUND BEAT特集』で選曲してます。この12inchシングルは色違いで2種類出ていて、音楽的に最も優れている「Frankie & Judy's Dub」はこの盤でしか聴けません。MAXI CD SINGLEにも未収録です。'90sのClub Musicはこんなんばっかなので一般リスナーには極めてハードルが高いんですが、今はYouTubeやSoundCloudがあるので、聴くだけなら非常に便利になりました。昔はレアなREMIXを聴くのに血眼で中古屋を掘りまくったものよ。あとは買う気もないのに高い店で視聴したり (笑) 。とにかく実際にレコードを手元に置かなくても音だけならネットで簡単に拾えるんだから、とんでもないパラダイスです。完全なるInstヴァージョンである「Mo' Better Horn Instrumental Mix」も最高なんだけど、そうなるとDonna Gardierの存在意義がね (笑) 。

 ▼Frankie Knuckles&David Morales
▪︎通常ヴァージョンは〝普通の歌モノ〟だけど、そっちは凡庸。このインスト主体のDubbyなヴァージョンが最高です。Walter Gibbonsの音楽的な子供たちがこんなところにも拡散しているというわけさ。R&B/HIP HOP系リスナーはInstやDubへの理解 (センス) が足りてない人ばかりなので、こういうヴァージョンの素晴らしさを理解できない輩が非常に多いけど、ある意味でDance Musicというのはサウンドにおける構造であり機能のことを言うわけで、ボーカルの存在がハイレベルな音楽性獲得の邪魔になるケースもあるものなのさ。このリミックスを手掛けたのがHOUSEクリエイターのFrankie KnucklesとDavid Morales (DEF MIX PRODUCTIONS) というのが実に痛快。グラウンドビート系のDubヴァージョンでこれ以上のモノをオレは知らない。












 ▶︎Frankie & Judy's Dub (夢心地な傑作Dub)
 

 ▶︎Mo' Better Horn Instrumental Mix (完全なる歌ナシVerison)
 

 ▶︎主役が脇役に降格させられる音楽的悲劇こそが'90sのREMIX流儀。
music_donna_gardier.jpg
 photo: Luxury Soul Weekender


UK_SOUL QUIET

Comment

Add your comment