◤黒松仙醸 こんな夜に - 山女 純米吟醸 中取り無濾過生 27BY ── dಠಠb「全体的には、すべてのエレメントが『美酒創生』に向かって収斂されていく、そういう力強さも感じる、ただ、初日の時点では・・・」#Fruity, Women 




 地元向けの「やまむろ」や「結」、1960年代に登場した「黒松仙醸」とは別の、蔵元HPの説明によると──メインブランド「黒松仙醸」とは一線を画した、信州の素材を使った信州らしくないスタイルを追求した、新世代地酒。きらりと煌めく甘味、背後に控える爽やかな酸、後口を締める苦味など、五味が奏でるきれいなバランスを追求しながら、製品ごとの違いも明確に表現したいと考えて、設計、醸造、貯蔵しております──という限定ライン「こんな夜に 」(生産量30石) です。はじめて飲みます。それにしても素敵なネーミングです。「あんな夜に」は卑猥なのに、「こんな夜に」は不思議と詩的に感じるのだから、言葉とは、本当に得体の知れない呪文のようです。

 スペックは信州産美山錦を100%使用した、磨き55%の中取り生酒です。酵母は先日の佐久乃花と同じ「長野D酵母」。ヴァージョン違いの「奔酒 (はしりざけ)=おりがらみ生酒」もあるんですが、人気で先に売り切れてたので、中取りにしました。つい先日通販でまとめ買いした地酒屋こだまシリーズの1本です。1月出荷の生酒なので、イイ具合に育ってそうだ。楽しみです。




konnayoruni_yamame_nakadori27by1.jpg
 ▲なんだ、たったの2,680万か。4,000人集めるのは無理だけど。だったらTDLで日本酒イベントやれよ (笑) 。


 ▼頑張れTバック男子!
konnayoruni_yamame_nakadori27by2.jpg


 ▼アナタたちは認めるんですね、ブラジャー男子やTバック男子のアイデンティティーを。
konnayoruni_yamame_nakadori27by3.jpg
 bottle size:1800ml





【183】黒松仙醸 -くろまつせんじょう- こんな夜に 山女 純米吟醸 中取り無濾過生 27BY <長野>

株式会社 仙醸:http://www.senjyo.co.jp


Moukan's tag:




 おう、素敵な酸が漂ってますよ。白ブドウ、リンゴ、ヤッサスィー (優しい) 食用のセメダイン (笑) 。言っても伝わる人はいないと思うけど、去年呑んだ天遊琳の秋純なんかを思い出したかな。少なくとも立ち香から特別の甘やかさは感じないし、派手な香り酒としての属性もない。小粒にジューシイな、透明かつ控えめでエレガントな果実味、これがメイン。トラッド吟醸なニュアンスもあるね。

 ああ、なるほど──って何が?

 ガスは皆無。思ってたよりも甘さは控えめ。中取りらしいポヨンとした粘度のある舌触りの中にコーティングされた優しい甘みが宿るという奥ゆかしいプロポーション。少し繊維質なザラつきもありつつ、熟成由来なのか、ほんのり茶色いフルーツ感を伴って、わりとしっかりミネラリーに着地。余韻には、湯気のように浮き上がる辛みを含む、若干のアタック感も。まだ開けたてで硬いかな。


konnayoruni_yamame_nakadori27by4.jpg ちょっと最後の伸びの中で渋みが目立つかなあ、という感じ。飲み込んだ後に少し喉に引っかかりがある。アルコールの浮きも若干気になる。

 ただ、全体には色彩豊かなチャーミングな酒だとは思うよ。程良いフルーティネスに程良いサイズ感の旨み──そして優しくオブラートされた、ポチャっとしたボディの中に流れる、しなやかでまろやかなコク。うん、全体的には、すべてのエレメントが「美酒創生」に向かって収斂されていく、そういう力強さも感じる。ただ、今日の時点では、まだ少し硬い。あとちょっとだ。一つ一つの味要素が上手い具合にほどけてまとまると、この酒は美酒としての完成度を高らかに清らかに歌い出すと思うよ。一応、こんな夜のためにこんなことを言うけど、昨日呑んだ鍋島の10倍は旨いです。

 ああでも、少し温度が上がってくると甘みの出方が幾分エロティックになるじゃないか。酸の隙間からチラっと蠱惑的 (こわくてき) に誘ってくるというかさ (笑) 。うーんでも、滑走路に散らばった渋みという名の砂利、これが少し邪魔なんだな。

 とはいえ、この硬さにはそれなりのアドヴァンテージもあって、なんというか、生酒なんだけど一回火入れ的な凝縮感のある酒なんだよ。ギュっと味の詰まったルックで、甘みの暴れも全くないし、旨みのサイズもちょうどいい塩梅だしね。ただちょっと最後が渋くて苦いっていうだけ。そこに至るまでの前半部分が美しい流れなんでね、そこが相対的に不格好に感じてしまうというか。

 おかわり──。

 少し苦くて渋いかなー。この感じ、知ってるなあ。なんだっけ。少し違うけど──木の感じはないという意味で少し違うけど、廣戸川の純大で感じた渋みと似てるなあ。これをノイズと取るか、ストロングなミネラル感と取るかは飲み手次第だけど、オレ的にはない方がベターということは確か。

 ま、最終的な評価は明日の感じを見てからにします




── 2日目。



 ▼大人? いやいや子供ですよ、オジサンにとっては。性格悪そうなところが彼女の魅力。
konnayoruni_yamame_nakadori27by5.jpg



 香りは穏やか。強いて言うならリンゴかなあ。そういうところも天遊琳の秋純と似てるんだけど、瑞々しいエレガントな酸からこぼれ落ちる、小作りでキュートな果実感が心地良い。派手に香るとかはないけど、しっかり美酒な表情を見せてくれるあたり、なかなか隅に置けない酒だ。

 いい。初日より断然いい。味の輪郭がいい。

 昨日も書いたけど、まさに小粒なジューシイ感、それが魅力。少し繊維質のある、すりおろし果実的な舌触り。今日は甘酸のバランスがこなれてきて、酸の隙間から甘みがこぼれる初日とは異なり、フワっと優しく膨らんだ甘みがサラサラとほどけながら少し熟したフルーティネスを発散しつつ、最後はギュっとしたミネラリーな滑走を経て、エレガントな酸へと収斂されていく。あんま生っぽくないんだよなあ。冷やおろしっぽいまろやかさと混同する、広がりすぎない旨みのサイズ感がいい。

 いいです。昨日感じたオンドリャあ〜な苦みと渋み、あれはどこへ消えたんだ? もちろん、最後はピリっとした辛みを伴ってキレるんだけど、バランスが整えられてイイ流れでフィニッシュできる2日目です。食中は何かのタイミングで苦みが前に出る瞬間もあるけれど、全体には美酒風情豊かな清楚に色っぽいイイお酒。常温付近の温度帯もいいよ。むしろ冷たすぎるとツンケンするかも。


konnayoruni_yamame_nakadori27by6.jpg 気分転換にレンジ燗──。

 いいですよ〜。ちょっと和菓子のような甘さ。まだちょっと熱いから、少し冷めるまで待とうか (笑) 。

 というわけDE、お燗が飲み頃に冷めるまで、冷酒でおかわりTIME。

 いいわ。ぐんぐん良くなるな。スゲえクリーミイになってきた。過度にフルーティーなわけじゃないし、香りも穏やかなんだけど、なんでか果実感豊かな口当たりなんだよ。アフターの渋み苦みも確かにあるにはあるけれど、今日は少し硬質な米由来の旨みもしっかり感じれるから、全体の中ではほとんど気にならない。

 そろそろ冷めてきたかな。それじゃあ、改めてお燗!

 ああ、はいはいはい。1月出荷属性が一気に花開いて来た感じ。いいわ。佐久乃花に負けず劣らずミルキー&ビターな飲み口。お燗、いいな。これは一度に二度楽しめる酒だ。頭のややファットな膨らみも自然な流れで酸へと収斂、冷酒より渋酸のアフターが一気に和らぐよ。立ち香には、ほのかにナッティーな穀物感もあって、だがそれがいい。

 決して派手にわかりやすい酒ではないけど、これは紛うことなき美酒。キュートかつエレガントな甘酸──そこに重なるしなやかな旨み──スリムな味幅ながらしっかりと感じれるふくよかな舌触り。いいですよ。下手な冷やおろしを買うなら、飲み頃に育ったこの中取り生をオススメします。実際、これに勝てる冷やおろしは、そう多くないと思う。

 ウイっ。ちょっと飲み過ぎてます。まだ4合ほど残ってるので、つづきはまた明日




── 3日目。



 オリンピアン (笑) ! (オレの言語センスからは少し外れるわ)
konnayoruni_yamame_nakadori27by7.jpg



 立ち香はややクリーミイなタッチ。しっかり酸も出てます。磯自慢とか、静岡吟醸的な清楚さにも通じる、華美でない、麗しい香り。リンゴに加えて、やや繊維質な酸との複合により、白桃も出てきた。

 うん、舌にしっかり味が乗っかる。最後ちょっと渋いけど、3日目なのに薄まらないねえ。辛みはしっかりめ。moukan1973♀は2日目に関して「最近飲んだ中で一番旨い!」と絶賛してたな。そういう意味じゃ、一応は女子向け&おばさん好みなのか (笑) 。

 やっぱ温度が少し上がりはじめたエリア (15〜20℃) が断然いい。冷た過ぎるのは良くない。渋くて辛いから。個人的には磯自慢の純吟より全然好き。もちろん、飛露喜の特純なんかより遙かにいい。これらの鉄板銘柄よりも圧倒的にモダンで、あえてバカっぽい言い方をすると「おしゃれ」ね。むしろ、磯自慢や飛露喜に負けてる要素を探す方が難しいと思うぞ。蔵のHPによると、苦みも設計の一部のようだけど、ここを少し緩和しさえすれば、ほぼ完璧な美酒になるとオレは思う。

 レンジ燗で──。

「クリーミイ。タッチが柔らかくなる。だいぶ変わるね。でもお、最後が意外にきつくない? シャープで辛口が全面に出てくる」──moukan1973♀

 あっそ。ちょっと温度が上がり過ぎたか──レンジ燗は勘頼みなので狙った温度になりにくい (笑) ──いつもは温度計でカッチリやるんだけど──だったら、冷酒を少し足してぬる燗に。

 いいっすね。途端にミルキー。リンゴ煮に生クリームをかけたみたい──シブースト様な飲み口? お燗にすると渋みの出方が自然で嫌味のないものになるんだよなあ。冷酒とは全く異なる味わいになるので是非お試しください。

 3日間通してまあまあ楽しめたかな。次は山椒魚かな。28BYの奔酒 (はしりざけ=おりがらみ生酒) が出るまで待つか、通常Verの27BYを買うか迷うところ。いやホント、磯自慢、飛露喜、こんな夜に、この3本でブラインドやったら、たぶん勝つ、そんな夜になるよ。


moukan1972♂






日本酒 黒松仙醸

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - ご指摘ありがとうございます!

はじめまして。
いつもアクセスありがとうございます。
そして、このたびはわざわざ誤字のご指摘、誠にありがとうございます。
本当に助かりました。。。

黒松千醸黒松仙醸(◯)


また、鍋島に関する御意見も全くその通りですね。
いやー、エンドユーザーとしては、単に旨い酒を飲みたいだけなんですが、
一体どうしちゃったのか、本当に切なくなりますね、最近の鍋島には。
懲りずに年内にもう1回くらいオレンジを買ってみようとか、
そんなオレが悪いと分かっているのに!!! (笑)

今後とも宜しくお願い致します。
このたびは本当にありがとうございました!

moukan1972♂
2016.09.04 Sun 17:27
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.09.04 Sun 15:05
Edit | Reply |  

Add your comment