◤鍋島 - 純米吟醸 五百万石50 生酒 オレンジラベル 27BY 8月出荷分 ── ・∀・)ノ゛「先生! イマドキの日本酒でマズイものなんてあるんですか?」dಠಠb「あります、コレです」 




 今、最も開けるのが怖い銘柄──それが鍋島。とにかく26BYの「純米吟醸 山田錦 あらばしり」以降、ひたすらに下降の一途を辿ってる、今もっともノリに乗ってない銘柄Death。それでも酒屋連中は盲目的にヨイショしまくりという寒さ。旨くないならハッキリ言ってやった方がいいんだ。

 オレは日本酒を飲み始めて半年くらいの頃、山田錦50の火入れがあまりにも酷い出来だったから手紙を添えて蔵に送り返してやったことがある。すぐに杜氏本人から電話があって30分くらい話したのは今ではイイ想い出だけど、その時に言われてるんだよ。

「なにかあればいつでも直接連絡ください」──。

 ま、そう言われると不思議なもんで、なかなか電話する気にもなれないんだけど (笑) 。

 オレンジを買うのはこれで4回目 (25BY9月、26BY5月、26BY8月、27BY8月) 。25BYの9月出荷分はマジで最高だった。日本酒を本格的に飲みはじめてまだ2ヶ月くらいしか経ってなかったけど、これ以降は全然ダメ。26BY5月は酷い内容、26BY8月は悪くはないが最高でもない普通の域を超え出ないレベル──だったら謙信の五百万石生でいいよっていう感じ。

 さて、27BY8月出荷分はどうなんだ!? オレンジはちょっと久々かな。




nabeshima_orange8_27by1.jpg

nabeshima_orange8_27by2.jpg
 bottle size:720ml





【182】鍋島 -なべしま- 純米吟醸 五百万石50 生酒 オレンジラベル 27BY <佐賀>

富久千代酒造:http://nabeshima.biz


Moukan's tag:




 頼むぞ。もう祈るしかない。

 今日は少ししか呑まないけど、鍋島ほど口に入れた瞬間にアタリかハズレかわかる銘柄も他にあまりないから、利くのは一口でも十分っちゃ十分。判定は単純、死ぬほど旨ければアタリ、それ意外はハズレ、それでいいと思う。

 瓶口からの立ち香──ヤバイ・・・イヤな予感。含むまでは断定できないけど、まず甘みが足りてないし、少しイヤな感じのツンとしたバナナがある。これが香るときの鍋島はたいていハズレなんだよ。メロン様の甘やかさも少し。つうか、そもそもイソアミル系の酒だっけ、オレンジって。あとはガスだよな。25BYの9月ロットなんかスゲえシュパシュパしてたもの。ガスさえあれば成功だとは思わないけど、逆に鍋島に関しては、ガスがしっかり出てるものでハズレの味わいをイメージする方が難しい。

 含みます──。

 はい、ハズレ〜。

 よくもまあ、こんな糞酒を恥も外聞もなく出荷できるわ。どうした直喜。終いには電話するぞゴラア。

 まあオレも、丸2年ほぼ毎日ほぼ日本酒だけを意識的に家呑みしつづけてるんでね、もう立ち香だけでわかりますよ、これがダメ島だということくらい。つうか、あの立ち香から巻き返すの無理だし。


nabeshima_orange8_27by3.jpg えーとね。鍋島大好きの鍋島ファンがこれをブラインドで呑んで「鍋島」だと当てられる人、まずいないだろうね。その一群に謙信の五百万石生なんかあろうものなら、誰しもが謙信を鍋島だと言うよ。

 あのね、いちいち書くの面倒だから要点だけ言うけど、「旨くない」──これに尽きる。水っぽい貧相な甘みを薬のような苦みが押さえ込んで、旨みも香りもまるで広がらない。ガスはほとんどないけど、イヤな渋みに荷担する邪魔な存在としてウダウダと漂ってる感じ。とにかく酷い。これ呑んで旨いとか言ってるヤツ、もうそれ、病気だから。さすがに舌で感じてこれを旨いと言うマッドメンはいないはずだから、言ってしまえば、それは心の病気ですね。つまり、サイコです。鍋島を不味いと言えない心の病気です。

 捨てるか。これじゃ料理酒にもならねえよ。誰かいる? (笑)

 あのね、なんつうの? もはや素人が見様見真似で作った「日本酒のようなもの」だよ。一体どうしちゃったの、鍋島。最近じゃマチダヤでも普通に売れ残ってるもんな。以前までは店に並ばなかった限定品の一升瓶とかもシレっと置いてたりするし。

 しかし酷いな。

 オレの最古の記憶──2歳のとき、祖母に「やめなやめな」と言われたのに食いしん坊が過ぎて口に入れた庭の渋柿、それを口に入れた途端に吐き出した、あの42年前の映像を思い出したよ (笑) 。

 どうして鍋島はここまで落ちぶれたのか、誰か教えてくれ。悪いのは旨くなくてもヨイショしまくる酒屋と、オレみたいに文句言いながら買うバカどもだよ。誰か言ってやれよ。これじゃまるで裸の王様じゃん。携帯をポチっと、オレが直接本人に言うしかないのか・・・




── 2日目。



「 (帰郷した1987年当時は) 淡麗辛口ブームだったので、マーケッターの観点からするとその時流に乗ったほうがある意味で正しかったかもしれません。でも、佐賀は醤油も甘口なくらい、甘い食べ物が好き。この土地のアイデンティティを持った日本酒をどうしても造りたかった。これは佐賀にある酒蔵はみんな同じだと思います」──飯盛直喜 (※彼は過剰なまでに早口で喋る男である──moukan1972♂)

nabeshima_iimori_naoki1.jpg
 photo&words: Japanニュース




 つまり、今の佐賀は渋口ですか?
 
 ほんの少しだけオレンジの片鱗が出てきたけど、まあ最後が渋い。ド頭の甘酸フレイヴァーなエキス感──New Moon27BY12月出荷分の一升瓶の2日目に感じたアプリコット様の甘酸──に出会うやいなや、速攻でそれを台無しにする暴力的な渋みがカットイン。

「昨日よりマシ」という言い方もできなくはないけど、マジで酷いな。言うならば、ウンコが腐ったカレーになった程度の差だよ。これ、鍋で煮詰めてアルコール飛ばしてシロップにしたらどうだろう。誰かやったことあるって人いる? 少なくとも鍋島でそれをやるヤツはいないか (笑) 。明日飲んでみて、今後どうするか考えます。

 しかし渋いな。これだけは言えるよ。元々こういう酒だったとしたら、鍋島がブレイクすることは絶対にあり得なかったから。これだけは真実だと思う。このままだと、3年後には数あるどうでもいい酒蔵の一つに成り下がってしまうよ。今こそ我々真摯な日本酒ブロガーが本当のことを書くべきじゃないだろうか。こんな糞酒を礼賛して、長い目で見て、一体誰が得すると言うんだ。マジで誰も得しないよ。まるでSMAPの解散と同じじゃないか




── 3日目。



nabeshima_orange8_27by4.jpg



 今宵も懲りずにオレンジを利く。

 徐々に鍋島らしさが増してくるのは、たぶん味が抜けてシロップみたいになったからだけど、やはりお世辞にも旨いとは言えない。最後が薬みたいに苦い。もはや子供が泣き出すレベル──子供は酒飲めないけどな。

 でもまあ、ブラインドで呑んでこれを鍋島だと当てる自信は全くない。もちろん、ハズレ酒も込みのブラインドならダメ島として当てる自信はあるけど、そんなん当てても意味ねえし (笑) 。

 ヤケクソ気味に一杯だけレンジ燗──。

 ん? 一番マシか (笑) ?

 ド頭はスゲえ甘いけど、最後は強めのアルコール感があるからダレず、飲めなくもない。苦みは意外に引っ込んだ。ややミルキーな旨みも膨らみはするが、たとえば佐久乃花のSpec Dみたいに前向きにお燗を旨いと言い切るのは難しい。燗冷ましの温度帯になると少しフヌけた味わいになるが、今回の出来損ないの鍋島にあっては、このくらいリラックスした (気抜けした) 状態の方が相対的にマシではある。

 ダメ島ランキング=3日目の燗冷まし>3日目のお燗>3日目の冷酒>2日目の冷酒>>>>>初日の冷酒

 これ、誰かの役に立つ? なんかスゲえ虚しいんだけど・・・。


moukan1972♂






日本酒 鍋島

Comment

Add your comment