◤櫛羅 - 純米吟醸 中取り生酒 26BY 〜Kodama Tuning〜 ── dಠಠb「嗚呼よかった、多くの日本酒マニアが生まれながらのバカ舌で」 




 篠峯を醸す千代酒造のもう一つの看板銘柄、櫛羅 (くじら) です。1994年から取り組んだという、蔵の周囲にある自家田で育てた山田錦を使用した、まさに篠峯版テロワールとでも言うべき銘柄です。ブログ内であれだけ篠峯好きを公言しているのに櫛羅を呑むのがこんなにも遅れてしまった。

 27BYの篠峯はどれもイマイチなので──普通に美味いモノもあるけど、その程度じゃ満足できない──、どうせならということで、地酒屋こだまの店主が「独自の温度 (非公開) 」で寝かせたという、26BYの1年熟成ヴァージョンを選んでみた。毎年2月頃にドロップされる商品なので (このロットは11月出荷だけど、たぶんオカワリ分) 、かれこれ1年半は寝てることになる。スペックは山田錦50の中取り生酒です。




kujira_jungin26by1.jpg





「太った」という理由で出演禁止させるのもどうかと思うが、それがイヤなら「痩せろよ」とも思う (笑) 。ちなみにオレはここ10年、ほとんど体重は変わらず。むしろ日本酒を飲むようになってから──ビールをほとんど飲まなくなってから少し痩せたくらい。

 寝起きで63kg台が2日続いたら昼飯をクリーム玄米ブラン (2枚) にして夜は炭水化物をなるべくカット、5日〜1週間でベスト体重 (62kg±500g) に戻す。風邪と同じで、素早い初動が大事。一度上昇トレンドが定着してしまうと、そこから短期間で痩せるのは至難の業。身長179cmなので、同年代のオサーンと比べて、見た目にはクワナリ (かなり) 痩せてます。もちろんこれの逆もある。つまり、体重が60kgを下回った時は、短期的に食べる量 (カロリー) を増やして意図的に太らせる。とりあえず、ダイエット強者のオレから全国のダイエット女子たちに一つだけ言わせてもらうと、

 キミのやってるそれ、「減量」であって「ダイエット」じゃないから──。

 逆の意味で麻薬と一緒でさ、やるなら一生やりつづけなきゃ意味がない。ダイエット行為──つまり、「太らない生活」を一生つづける意志がないなら、中途半端な減量はやるだけ無駄。試合を終えたボクサー同様、またすぐに太ります。かつてオレが半年で17kgダイエット (79kg→62kg) した話はまた今度。



 ▼正直に言います──太ってます。 (視聴者より)
kujira_jungin26by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆☆☆☆

【181】櫛羅 -くじら- 純米吟醸 中取り生酒 26BY 〜Kodama Tuning〜 <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




 ま、1年モノの篠峯の生酒なら、江古田の秋山に売れ残ってた「ろくまる山田錦26BY」や「ろくまる八反26BY」、あとは奈良の酒屋から通販した「千代キヌヒカリ60」なんかも飲んでるので、特に怖いとか、そういう消極的な気持ちはない。もともとガス感の強めの蔵なので、生でも意外にへこたれない酒質であることは既に体験済み。


kujira_jungin26by2.jpg 立ち香──ウホ、濃醇 (笑)

 熟感、あるあるあるあるあるある〜!

 まるでドゥワリンコ雄町酒のような凝縮された酸。ブドウ様の (熟れた茶色のリンゴにも近い) 果実感に閉じこめられたバニラ系セメダイン香は幾分フローラル。おそらくブラインドなら風の森と間違える人、いるんじゃない? 奥で微かにいなたい米感もあるね。昇龍蓬莱・直詰山田錦77なんかにかなり近いは近いけど、そこまで酸が弾けてるわけでもない。このへんは熟成による落ち着きか。

 うわ、ウンマっ !!!!!!!!!!!!!

 やっぱ一枚上手だよ、篠峯は──。

 このクリスタルな透明感の中に閉じこめられた果実味の小宇宙。信じられないくらい美しい味わいのフェードアウト感。キレとかという、そういうレベルじゃないよ、もはや。マジで鳥肌立つわ。


kujira_jungin26by4.jpg 篠峯らしいガス感はかなり大人しくなってはいるけど、それでも前回の百春よりはある──つまり、そこらの直汲み並みにはある。

 実際に含んだところの熟感はね。意外と米部分に対してはほとんどなくて、この果実感に対してだけ育ってるニュアンスだから、オサレでモダンな表情が一切崩れていないというか、むしろ高貴な美しさすら獲得してるよ。ワイングラスで飲むのもアリだね。

 ヤバイ、旨すぎ──。

 なにこの瑞々しいクリアネス。小粒なジューシイ感へと着地する、まるでイリュージョンのような、神隠しレベルの早送りで流麗な口どけ。パっとね、なくなるんだよ、口の中の全部が。1年熟成でこれかよ。にわかには信じられないな。

 なにこの美しいブドウ感。ドライフルーツ様の熟感のある酒はこれまでに何本か呑んできた。でもな、この透明度、ナニコレ。それなりに熟して枯れてるのに、美しすぎだろ。まさに美魔女ライクなエロティシズム。ヤバイわ。常温帯に上がってくるとスモーキーな熟感もフワっと浮き上がってくるけど、もはやそこを楽しむというより、単に旨い酒に打ちひしがれるだけの展開。

 やっぱ篠峯だろ──これは櫛羅だけど。

 いいから黙って呑んどけって──いや、今のウソ。人気が出過ぎてもオレが買いづらくなるから買わなくていい。頑張って而今の抽選にでも参加してなよ──ちなみにオレ、目下4連敗中・・・。

 最近呑んだ中では「風の森・笊籬採り雄町80」に味の輪郭はかなり似てる。だがしかーし! この透明度ですよ。クリスタル感ですよ。精米歩合80と比べるのも申し訳なくなるほど、やっぱ山田錦50の見晴らし感パネえー。どこまでも遠くを見渡せるような、この清々しいフルーティネス。篠峯らしいビビットな酸は熟成によって柔和なルックに軟化、それによる、まるで盆栽のようなジオラマサイズにまで縮小された可憐なミネラル感の発露、渋み麗しい着地の後に余韻として広がる幻のような、湯気のように立ち上る優しい甘み。まさか「風の森・笊籬採り雄町80」をこういう形で軽やかに越えて行くとは。カゼオマ80、これでも一応は◎なんだけどなあ (笑) 。

 ヤバイな。これ、お一人様1本なんだよな。通販したことを隠して、シレっともう1本買いに行こうかしらん (笑) 。もちろん、贔屓目もあるよ、好きな銘柄だし。それでもオレは言い切るよ。これはマジで旨すぎ。杜氏に身震いする天才性すら感じるよ。嗚呼よかった、入手困難な銘柄じゃなくて──そして、多くの日本酒マニアが生まれながらのバカ舌で。


 実は日誌係氏も好きな酒みたいなので、そちらも併せてご覧ください。

 日本酒感想日誌
 【36】櫛羅 純米吟醸 中取り生原酒 23BY (←書きっぷりが微妙に初々しい・笑)
 【227】櫛羅 純米吟醸 中取り 生原酒 25BY
 【608】櫛羅 純米吟醸 中取り生酒 26BY Kodama Tuning




── 2日目。



 酒とはまるで関係ないですが──。
ハート型のブドウ1
 ▲
 頂き物のブドウの中に♡型の一粒がありましたので記念撮影 (笑) 。
 ▼
ハート型のブドウ2


 ▼これで5つ目の必殺技認定だって。スゲえな。
kujira_jungin26by5.jpg



 もう残りは一合もない。なのDE、まあ参考程度で。

 そういや昨日、moukan1973♀は残業でタクシー帰宅だったんだけど、軽く一杯だけ呑ませたら、かなり感動してたな。

「引っかかりが全くない! 超クリア!」

 バカ舌のくせに、最近はオレがブログで書いたことと同じ視点で味わいを指摘できるようになってる。お互い約2年、ほぼ毎日ほぼ日本酒しか飲まないから、さすがにいろいろ分かってきたようだ。ま、3日後にはすっかり忘れてるんだけどな (笑) 。逆に羨ましいわ。オレなんかクワナリ (かなり) 細かく覚えてる方だから、都度都度の新鮮さが徐々になくなりつつある・・・。一つ知るたびに一つ不幸になるようで少し切ないわ。

 さて2日目の櫛羅。瓶口からの香りは「風の森・笊籬採り雄町80」なんかとほぼ同じ。だが、リーデルに注ぐと、今宵はスゲえフローラル。ちょっと香り過ぎなくらいのレベル。日本酒的な吟醸香というより、まるで花だよ花。

 含むと香りはあまり感じない。派手に酸化してると思ってたけど、それほどでもない。むしろホロ苦さが前に出て、昨日よりもグっとアダルトな味わいだね。

 せっかくなので、最後の一杯はレンジ燗で──。

 うわっ。一気にストロングな酒質になるね。初日の冷酒とはまるで別物 (笑) 。苦みに色気があるねえ。熟感は全く大仰じゃない。これ、どこに熟成要素が作用してるんだろうな。あえて言うなら、ドライフルーツ様の、この渋みに対してなのかなあ。燗冷ましは意外にスッキリ。温度の低下に比例するかのように、スゥーっとキレイな酒質に落ち着いて行く。

 まあね、今日はオマケね。リーデルグラスの写真に入ってる量、あれしか残ってないから。昨日は少し飲み過ぎちゃったよ。久々に飛び上がるほど旨い酒を飲んだよ。これは本気で旨い。一升瓶は売り切れてるみたいだから、4合瓶があとどれだけ残ってるかという話。オレがオススメしてもしようがないんだけど、他に飲むべき酒があるという幸せな人は、実は自分が不幸だったということを知らないでいるために、無理に買わなくてもいいよ (笑) 。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 櫛羅

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん

せっかくの「歴史的誤爆」が闇に葬られることになろうとは (笑) 。

ウケる誤爆は常に大歓迎!!!

2017.03.23 Thu 21:52
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.23 Thu 21:18
Edit | Reply |  

Add your comment