◤貴 - 夏純米 発泡ニゴリ。27BY ── dಠಠb「ありがとうございます。これは大当たり!」#Shuwa-Shuwa, Nigori, Fresh, Fruity 




 photo (永山貴博杜氏) : dancyu.com
 いつもコメントをくれる読者さんのオススメということで、遠慮なく乗っからせていただきます。実はブログを始める前から貴はいろいろ飲んでます。定番の特純火入れ、冷おろし、純吟山田錦生、マチダヤ限定の袋吊り雄町生、IMADAY頒布会オリジナル純吟八反錦生、中でも純吟山田錦生は貴らしからぬボリューミイで甘旨大爆発のケレン味あふれる怒涛の一本 (26BY) 。火入れの雄町と山田錦もぼちぼち狙っていきたいところ。

 DE、このニゴリ。時期的に買い逃したと思ってたんだけど、なぜか今頃になってシレっと店に並べられてた@味ノマチダヤ。いつもレジにいる姐さんに「天蛙よりは大人しいですよね?」と訊いたら、「ああ全然、全然! 天蛙に比べたら全然です!」という回答。一応は慎重に開けるけどな (笑) 。

 細かいスペックは非公開ということみたいだけど、27BYから大きく設計を見直し、今季はALC.14%台で仕上げてます──原酒なのか加水なのかは不明。使用米は一部の酒屋HPでは特純と同じ「麹米:山田錦、掛米:八反錦」と書いてあるけど、正確な情報はわからん。

 しかしあれだな。夏の盛りにシュワシュワするぜ!と思っていたら、今日の東京はまさかの涼しい天候 (笑) 。訳あってシュワシュワ酒は週末にしか開けられないので、気にせず楽しみます。




 地球から4.2光年=最速の探査機で40000年以上かかる距離 (笑) 。
taka_nigori27by1.jpg

👽太陽系に最も近い恒星に地球サイズの惑星を発見

 酒とは関係ない話を。よくTVのバラエティ番組なんかで宇宙物理学者たちがいる席でタレントが必ずする質問「先生、宇宙人はいると思いますか?」──これ、意味ある? 大事なのは「どうやって見つけるか」「どうやって会いに行くか」だと思うんだけど (笑) 。

 これって、こういう質問と似てるんだよ。「先生、日本のどこかに1万円札が落ちてると思いますか?」──うん、たぶんどこかには落ちてる。問題なのは、それがどこに落ちてるのか知りようがないということ。宇宙人、いるというより、正確には「いないということを証明できない」ということね。現状、我々地球人が異星人を見つけるより、異星人に我々を見つけてもらえる可能性の方が高い。でもよく考えて。もしもすでに見つけられていたとしても、高度な知性を持つ彼らが我々にその存在を気づかれたりするだろうか。ほら、今そこを飛んでる小虫。それ、もしかしたら極小の探査機かもよ (笑) 。



taka_nigori27by3.jpg

taka_nigori27by2.jpg
 bottle size:720ml






【179】貴 -たか- 夏純米 発泡ニゴリ。27BY <山口>

株式会社 永山本家酒造場:http://www.domainetaka.com


Moukan's tag:




 オリが上昇することもなく、呆気なく開きました (笑) 。

 立ち香──ブドウ様の酸もありつつ、甘やかで柔らかなメロンもある。オレのドゥワイチュキ (大好き) な萩の鶴・別撰にかなり近いけど、酸の出方は貴の方がやや大人しめ。


taka_nigori27by4.jpg 上澄みハンターとして、当然のように、まずは上澄みから──。

 旨い、買え、以上。

 もういいかな? たまには楽させてよ (笑) 。バカ舌のmoukan1973♀も「久々に超旨い酒を飲んだ〜」と大喜び。

 ありがとうございます。これは大当たり。萩の鶴の別撰とほぼ同じ方向性。ガスはかなりしっかりめだけど、極度に強すぎもしないから、十分に甘みも感じれる。このガスの、少しザラザラした渋みがまるでブドウのような繊維質の酸を結果的に偽装していて、だがこれがいいんだな。この辺のニュアンスも萩の鶴の別撰と同じ。

 ただ、余韻にね、すっごーく滑らかでスベスベの甘みが流れていくこの感じ、ここが萩の鶴との違い。あっちはフルーツ様の酸もしっかり出てるけど、貴の方がはんなりというか、柔和な印象。貴と言えば「酸」だと思うんだけど、これは結構「甘」に舵を切った酒質だと思う。必ずしも甘口という意味じゃないぞ。正確には「酸が少ない」という意味で、甘やかさの広がり感が柔らかいというかさ。余韻がキレイに甘い酒って、そう多くあるわけじゃないから、なかなかに得難いタッチだ。強めのガスがあるからシャキっとキッチリ切れるし。これを飲むと、27BYの土佐しらぎく微発泡酒は、おそらく断然甘みが出ていなかったと推察される──26BYは飲んでないけれど。


taka_nigori27by5.jpg 夫婦で、アッと言う間に2合も飲んじゃったよ。そろそろオリを絡めるか (笑) 。残り2合でオリを絡めるということは、最初から絡めるよりもオリの割合が倍になるのか。

すみませーん! 貴ニゴリ、おかわりはオリ大盛りで!」──。

 おっ? オリを絡めた方が酸が前に出てくるぞ。実は劇的に変わるわけじゃないけど、酸が加わったことでフルーツ感は増した。GA! 上澄みONLYの方が個性が光るかな。オリが絡むと、どうにもそういうジャンルの酒になってしまうというか、貴である必要性、貴でなくちゃダメなんだというような個性が少し後退するというか。ま、十分に文句なしに旨いけど、上澄みの方が相対的に語れる要素が多い酒ではある。オリ絡みはそこらにある普通に美味しいニゴリ酒になっちゃう退屈さがある。

 あ、なくなっちゃった・・・。

 最近思うことがあって、Highly RecommendedとRecommendedの間のグレードが必要かなって。Recommendedというのは、言ってしまえば「造りに失敗していない、造り手の意図がしっかり伝わる酒」という意味もあるから、必ずしもオレ個人の好みにバシっとハマる酒じゃないものも含まれる。だから、Highly Recommendedまでは行かなくとも、かなり旨い酒を評価するグレードが必要かなと。今回の貴ニゴリも、そういう意味では、Recommended以上、Highly Recommended未満のオススメ酒です。

 近々リニューアルします。


moukan1972♂






日本酒

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - 飲んだ瞬間に旨い!

毎度でーす!

オレ的に、この手のシュワシュワ酒には「萩の鶴・別撰」という高い壁があって、なかなかこれに立ち向かえる酒がないんだけど、貴はこれにも引けを取らない──というより、完全に同じ仲間の酒でした。

まだまだ少し硬さもあったので──その硬さがパキっとしたキレの良さにつながってはいるんだけど──、もう1本買って半年以上寝かせたらもっとフルーティーな酒に成長するかなとか、そんなことすら考え始めてるほど気に入ったぜ。こういう酒が通年でいつでも買えると楽なんだけどなあ。


──人に薦めるのって結構ビビるもんですね。

アハハハ (笑) 。
まあでも、たとえ同じ酒でも瓶によって──特に直汲みなんかは微妙にバランスが変わることもあるし、自分と完全に同じとは限らないしね。

それに、その前に飲んだ酒のタイプや、その時の自分の体調なんかでも味の感じ方はだいぶ変わるから、多少の誤差は仕方ないけど、それでも、勇気を持ってオススメしてくれてありがとうございました (笑) 。

七田のおりがらみも28BYは絶対に買いますぜ!

2016.08.28 Sun 09:45
Edit | Reply |  

Name - 日本酒初心者  

Title - 怖かったんです(T_T)

ホッとしました(笑)
購入していただいたのは、毎日このブログをチェックしてるので知ってましたが、
その時期、結構いろんなお酒を酷評されてること多くて、コメ入れれませんでした。

人に薦めるのって結構ビビるもんですね。

自分は色んなブロガーさんのように文章にはできないですが、今日のレビューで
ほぼ代弁してもらってるかと(甘みを伝えるレビューがまた素敵)

なにより、上澄みの方が好みってのが、嬉しい。
たしかに、自分のこのお酒に対するメモにもそう残してます。
オリ絡めると好みによるかなと。

こちらこそ、ありがとでした~





2016.08.28 Sun 01:31
Edit | Reply |  

Add your comment