もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 ☆4.5オーバー続いてます。逆襲です。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤克正 - 山廃純米 雄町65 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「雄町らしい凝縮感へと収斂していく濃醇なフルーティネス、それでいて山廃ライクなカロリーオフの軽やかな酸が旨みのサイズをちょうどいい塩梅に抑えてくれるという整理整頓された酒質」#Rich, Umakuchi, Fruity 




 岡山の克正です。20BYからは「奥播磨」や「芳水 (←火入れ純米のお燗最高) 」などで杜氏を務めた高垣克正氏を蔵に迎えてます。「三光正宗」という銘柄がメインですが、この「克正 (かつまさ) 」は、その高垣克正氏の名前を冠した商品になります。自分に置き換えて考えると、オレがもしも杜氏だとしても自分の下の名前を商品名にするのは少し気恥ずかしいという感覚を拭いきれないんだけど (笑) 、逆に言うと、それだけ自信と責任を持って世に送り出す特別の銘柄ということの裏返しでもあります。期待です。

 購入した登酒店の紹介ページを見ると──蔵元のHPにも書いてあるが──、なんでも創業者である宮田重五郎氏は明治時代にアメリカに渡ってイチゴ農園を成功させ、帰国後、そのイチゴマネーで酒造業を始めたようです。ちょっと変わった経緯だけど、イチゴが酒に化けて、巡り巡って我が家の食卓に上がるんだから、日常の中に潜む小さなドラマというのは、つくづく〝気づきの世界〟だということを思い知らされる。

 通販した際に「あまり東京の酒屋で見かけない銘柄を同梱すっか」ということで、深く考えずに選んだので、雄町65の山廃無濾過生原酒ということ以外、地酒としてこの酒がどういう位置づけなのかとか、そういうことは全く知らない。でもな、ラベルの字の感じが、いつも見てるブログで取り上げられてそうな面構えしてるんだよな──って、やっぱりあったぞ (笑) !


 酔いどれオタクの日本酒感想記 (まるめち氏のブログ)
 克正 山廃純米 無濾過生原酒 雄町


 それではいただきましょう。




 ▼試合開始15秒でゴール (笑) 。
katsumasa_omachi27by1.jpg

katsumasa_omachi27by2.jpg


 ▼惜しかったなあ。ダブルスで取ってりゃ金もあったで。
katsumasa_omachi27by3.jpg

katsumasa_omachi27by4.jpg
 bottle size:720ml





【172】克正 -かつまさ- 山廃純米 雄町65 無濾過生原酒 27BY <岡山>

三光正宗 株式会社:http://www.sake-sanko.co.jp


Moukan's tag:




 立ち香は穏やかながら、おばあちゃん家の桐ダンスを開けた時のような独特の袋香も (笑) 。ま、そんなにキツくないけどね。ドライフルーツ様のスモーキーなアロマを優しく発散しつつ、全体には酸よりもしとやかな甘やかさがほのかに浮き立つ麗しい立ち香。山廃ライクの乳酸フレイヴァーはむしろ甘やかさの奥からワンテンポ遅れて流れてくる程度で、ミルキーな質感に随伴して、伸びやかなホロ苦さも旨さを先取りする。

 あ、旨い──。

 含むと、結構ストロングな酸が前面に踊り出るけど、果実を噛み砕いたような濃密な甘みも同時に溢れてくるので、全体には酸っぱいけど、折り目正しく高密度にジューシイ。農口にも共通するけど、やっぱベテラン杜氏の造る山廃生原酒はハズさないという印象。

 温度が上がってくると、その味わいに明確な立体感が現れはじめる。辛いし渋いし苦いよ。でもね、とにかくバランスがいいし、雄町らしい凝縮感へと収斂していく濃醇なフルーティネス、それでいて山廃ライクなカロリーオフの軽やかな酸が旨みのサイズをちょうどいい塩梅に抑えてくれるという整理整頓された酒質──いいな、これ。常温近辺の温度帯もいいよ。オサレでモジャン (モダン) な酒質ではないけれど、まさにカッコイイFunkyなお爺さんですよ (笑) 。なんというか、竹泉の雄町生を一皮剥けさせた感じかな。


katsumasa_omachi27by5.jpg 一杯だけレンジ燗──。

 おうよ、ニュワっとした麹フレイヴァーがツンと弾ける。いいわ。生酒だけど、これ、全温度対応酒だよ。冷酒好し、常温好し、お燗好し。それでもやっぱ山廃なんだよな。甘旨の中の〝旨〟がファットにブヨブヨしないんだよ。これぞまさに甘×酸×苦の三位一体攻撃。お燗にすると余韻も伸びやかになって、だがそれがいい。最後はジュっとしたミネラル感を伴ってキレイに着地。この酒質なら、2〜3年の熟成にも余裕で耐えられるだろうなあ。克正先生、もうそんなに先は長くないだろうし (失礼!) 、こりゃ他の酒も飲んどかNightダメですね。

 冷酒返し──。

 あ、白ワインみたいなサワーなルックが相対的に浮き彫りになってきた。いいじゃん。濃醇ジューシイ。個人的には、竹泉の雄町生のその先へという感じ。竹泉は竹泉で濃醇ミネラリーの極北といった面持ちで、それはそれで振り切れてて楽しいのだけれど (笑) 。

 これ、かなりいいな。個人的に農口よりいいぞ。山田錦とか八反錦なんかのヴァージョンも飲んでみたい。いちいち辛くて苦くて酸っぱいけど、それらの隙間から溢れるこなれた甘みと果実感──このバランスが最高なので、一つ一つの五味が全くノイズにならん。

 地酒的な土着感を存分に楽しみたい気合いの入った日本酒ファンは必飲です




── 2日目。



 男子400mリレー日本銀メダル!!!
katsumasa_omachi27by7.jpg


 女子バドミントンダブルス金メダル!!!
katsumasa_omachi27by6.jpg



 昨日よりフルーツ度増し増し。熟れたブドウ様の、いわゆるパワフル雄町。

 今日も旨いっす。酸っぱさが増したので、むしろ昨日よりフルーティー。甘みの出方は初日の方が艶やかだったけど、今日は今日で酸が力強く味を引っ張る流れ。渋いし苦いんだけど、旨みをちゃんと感じるからノイズにならない。退けもいいし、要するにキレるんだな。昨日の方が細部を楽しめたが、今日も十分に旨い。

 最後は軽く一杯だけレンジ燗で。

 いいっすね。あんま熱くしすぎない方がいいかな。燗冷ましが特にいい。ジャンルとして、個人的に山廃の生は軽いという印象。薄いというのとは違って、骨太だけどスリムというか。体脂肪率の低い細マッチョなボディというか。

 克正は生酛ヴァージョンもあるけど4合瓶は山廃だけなんだよな。でも呑みたいぞ。


moukan1972♂






日本酒 雄町 山廃 生酛 三光正宗 克正

Comment

Add your comment