もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 遂に今年2本目の☆6が降臨。←失礼、3本目 (笑) 。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤嘉美心 - 純米吟醸 無濾過生酒 冬の月 ── ♡☺♡「トロ〜り、甘ぁ〜く、ポヨ〜んとまろやかで、エレガントに甘ポチャい旨口です」#Umakuchi, Women 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 先ずはオレから。いつもいろいろお世話になってる『日本酒感想日誌』という人気ブログで紹介されていて、ちょっとMoodyでJazzyなラベルと、なにより著者のコメントに惹かれていたところ、妻の実家近くの酒屋にシレっと売ってたので迷わず購入した次第。

【481】嘉美心 純米吟醸 冬の月 無濾過生 27BY (日本酒感想日誌)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1040.html


 いい機会だから、ちょっと語っておこうか (笑) 。

 上記の『日本酒感想日誌』というブログにはじめて出会ったのが一体いつだったかは覚えてないが、日本酒を本格的に飲み始めた25BY (2014年) の7月からさほど離れていない時期だったとは思う。

 当時は (今でもだけど) ネット上の酒屋のコメントと自分の感じ方に違和感がありまくっていて、買って来た酒を呑んではネットで検索という行為を繰り返していたわけ。初心者らしく、その味が一般的にどう表現されているのかを知るためにさ。

 そういう検索行為の連続の中で何度か氏のブログにアクセスしていて、

「若いのに随分と書けるヤツだな」──

という感想を常に持ってはいたのだけれど (笑) 、端々に自分と似たような言語センスを感じていて、そのうち何度も検索で氏のブログに辿り着くもんだから、もう面倒だからコメントしてネット上で知り合いになっちゃおうかな〜ということで今に至る、と。

 オレも人よりは筆の立つ方だけど、彼もなかなかだよ。いや、常にリスペクトしてますよ、マジで。オレがこういうブログを始める決断ができたのも、少なからず彼の影響があるはずだと思う。こう見えてオレ、滅多に人の影響、受けないんだけどなあ (笑) 。歳を重ねて、自分より一回りも下の誰かの影響を自分が素直に受けれたことが何より嬉しい。若い頃は人に影響を与えることばかりに夢中だったけど、オレにもようやく逆のターンが回ってきたんだなと思う。

 つうわけDE、ありがとう!

 日本酒においては遥か彼方に先輩なので、今後ともヨロシク頼みまっせ〜。いつか杜氏でも招いて読者を集めてオフ会なんか開催できたら楽しそうだ。

 ♡☺♡に返します。



kamikokoro_fuyunotsuki1.jpg

kamikokoro_fuyunotsuki2.jpg
 bottle size:720ml



【018】嘉美心 -かみこころ- 純米吟醸 無濾過生酒 冬の月 27BY <岡山>

嘉美心酒造:http://www.kamikokoro.co.jp


Moukan's tag:




 へえ〜。そういう経緯があったのかー。確かに我が家の冷蔵庫にも彼が紹介したお酒、いっぱいあるじゃん (笑) 。いつも美味しいお酒の情報ありがとうー。

 さて、話を戻します。

 マトモな地酒屋で「純米吟醸 無濾過生酒 (生原酒) 」を買っておけば、まあハズしません。

 裏のラベルを見ると、「白桃酵母」を使用しているようです。通常の日本酒用酵母以外にも、花酵母や果物酵母やワイン酵母を使ったものも、最近では多くなりました。

 香りは控えめながら、それでも上質で甘やかなニュアンスがウットリとエレガントにそよぎます。飲む前から〝美酒〟を感じさせる風格に満ちていて、否応なく期待が膨らみます。TV CMバンバンの大手ゴミ酒とは、まるで別の飲み物です。(←当たり前)

 含みます。

 トロ〜り、甘ぁ〜く、ポヨ〜んとまろやかで、エレガントに甘ポチャい旨口です。リリースに若干の渋みも感じますが、ノイズにはなりません。ズバリ、ストレートな美酒です。仕方なく入った和食屋で、何も知らずに頼んだ日本酒がこれだったら、必ず感動するレベルです。

 冷たすぎると味が潜りますので、飲む20分くらい前に冷蔵庫から出したほうがいいですね。明日以降の味の膨らみにも期待できる仕上がりです。

 新酒ですが、すでに一廉 (ひとかど) の熟感もあり、決して若々しい酒質ではありません。この時期にしては珍しく、とても〝こなれた風味〟の新酒です。




── 3日目。


 まろみが増しました。まるで蜜のように、トロっトロです。これは女子ウケ良さそうですね。ラベルもオシャレだし、上手いことブランディングできたら、もう少しミーハーな売れ方すると思います。

 旦那が「獺祭とかと一緒にされちゃ困る」ということなので、あえてフルーティーの検索からは除外した模様。甘いは甘いですが、舌触りで感じて欲しいので、当ブログでは旨口カテゴリーです。


moukan1973








嘉美心

Comment

Add your comment