◤東洋美人 - 一歩 (IPPO) 槽垂れ 直汲み生 27BY ── ♡☺♡「もうこれ、女子は絶対に好きな味ですね! なんの引っ掛かりもなくスイスイ飲めちゃいます! 果汁か!っていう感じです!」#Fresh, Fruity, Women 




 まずはオレdಠಠbから──。山口の東洋美人です。2013年の7月28日の大水害 (Wikipedia) で蔵が甚大な被害を受け──人気だった「番地シリーズ」の米を作っていた田圃も被害を受け、25BYからは商品数を絞り、「原点」という銘柄を、26BYからはその原点からの第一歩という意味を込めて「一歩 (IPPO) 」という銘柄を主軸に、米違いで (麹米は全て山田錦40で) リリースしてます。そのへんの苦労や葛藤や感動秘話は『日本酒ドラマチック 〜進化と熱狂の時代〜 山同敦子 著』という本の中で熱く書かれています。

 前回の酒未来を飲んだとき、「新酒シーズンにリリースされた直汲みを買っときゃよかっな・・・」と少し後悔していたところ、池袋の升新商店の新着情報になぜか直汲みおりがらみが上がり、慌てて店に行くと、ぬわんと3月出荷の瓶じゃありまへんか。たぶん裏に残ってた分を出してきたんでしょう。こりゃイイ具合に呑み頃に育ってそうだというわけDE、木曜に買ってきたばかりだけど、さっそく開けちゃいましょう。

 使用米だけど、麹米は共通の山田錦だとして、掛米についてはわかりません。通常、無印の一歩は西都の雫なんだけど、ネット上では山田錦と書いてる店もあったり、正しい情報は確認できなかった。





 ▼澄川酒造場 (東洋美人)

 photo: 山口県酒造組合/山口県酒造協同組合


toyobijin_ippo_jikagumi27by1.jpg

toyobijin_ippo_jikagumi27by2.jpg

toyobijin_ippo_jikagumi27by3.jpg
 bottle size:1800ml





【159】東洋美人 一歩 (IPPO) 槽垂れ 直汲み生 27BY <山口>

株式会社 澄川酒造場 (by 山口県酒造組合/山口県酒造協同組合):http://y-shuzo.com


Moukan's tag:




 ここからは久々に♡☺♡わたしが行きまーす。杜氏の澄川さんはわたしと同い年なんですよねー。旦那が言うところの「世の中に掃いて捨てるほどいる昭和48年組」です (笑) 。

 山口の女子ウケ抜群の日本酒と言えば「ダッサイ (獺祭) 」が有名ですが、女子だけでなく、うちの会社のボスも、わたしが日本酒好きということを知ってか、いちいち「ダッサイ (獺祭) 旨いよな!」と話を振ってくるのがウザいんですが (苦笑) 、我が家的に山口の地酒と言えば、「長陽福娘」、そしてこの「東洋美人」なわけで、とはいえ日本酒好きを公言しているうちのボスも、当然にしてこの2銘柄は知らないという有り様なのです。ハア...(o´д`o)=3


 立ち香はメロン様の甘やかさ。柔らかな酸に導かれてうっすらマスカットも感じます。旦那は「裏篠峯ろくまる八反26BY」とか「而今山田錦火入れ」のような香りを思い出すと言ってます。色もうっすら付いてますね。


toyobijin_ippo_jikagumi27by4.jpg ガスはほとんどありません──この点には少しガッカリですが──文句ナシに美味しいです! 酒未来とは全く違った表情を見せてくれたことが嬉しいですね。なんだかんだ言って、同一銘柄のスペック違いのお酒を飲んでも、わたし的には、よくその違いがわからないケースが多いんです──バカ舌ですから (笑) 。そういう意味では、この直汲生は一回火入れの酒未来とは全く異なる酒質なので得した気分になります。もうこれ、女子は絶対に好きな味ですね! なんの引っ掛かりもなくスイスイ飲めちゃいます! 果汁か!っていう感じです!

 dಠಠbここからオレが書くぞ──個人的な味覚アーカイヴを紐解くと、飲み口は「裏篠峯ろくまる八反26BY」から酸とガスを削いだ感じ。メロン様の甘やかさに重なるミルキーな旨み、それを酸で切らせる流れではなく、ジュっとした渋苦で切らせるミネラリーなアクセント。細グラマラスなボディ感ながら、それぞれの五味がエネルギッシュにダイヤグラフ数値を外縁に押し広げる華々しさに満ちてる。一つ一つの味要素は清楚で控えめながら、それぞれが活き活きと楽しそうにその役割を謳歌してる感じだ。

 熟成具合の立ち現れ方だけど、フレッシュな状態を知らないので正しくは比較できないけど、おそらくはフレッシュ・コンディションにおける硬い酸がほどけて、甘みの上に軽やかに被さるホロ苦さ、ここに活きてるのかな。これは好きな方向性の熟感。チョコ系のベクトルではなく、煮詰めたフルーツのような、苦みにチャーミングさが宿るベクトル上の熟感。オレが言うところの茶色くなったフルーツというか。

 温度が上がってくると甘さが伸びぃ〜る。加えて、やや粘度のある旨み。渋みの力みも取れて、そこから酸がスゥーと浮き上がり、メロン様からマスカット様へと果実としての表情を変える。旨い。少なくとも「而今/山田錦火入れ27BY」よりは確実に上。

 今日はこのへんで。明日も美味しく呑めそうだ




── 2日目。



 ▼大年増の作家崩れの老害がいるんだよ。
toyobijin_ippo_jikagumi27by5.jpg


 dಠಠb──オレが書く。

 最初に言っておくと、政治には興味ありません。ただ、どこのTV解説もアホばかり。小池百合子の戦略勝ち? ご冗談を (笑) 。

 本人やる気満々の海千山千の大物議員 (小池百合子) vs 本人やる気イマイチの担がれた地味男 (増す増す増田広めて寛也) vs よくわからん流れで突如現れた喋ると全く面白くないフェロモン老人 (鳥越俊太郎) vs TV報道で黙殺された以下18人、この構図で勝つの誰ですか? 休日に酔っ払って寝るのだけが生き甲斐のmoukan1973♀ですら、3週間前から「どうせ小池百合子が勝つんでしょ?」と言ってたくらいだから (笑) 。戦略も屁もないよ。他の二人が雑魚過ぎただけ。ま、うちでは鳥越俊太郎の「わたしは聞く耳を持ってイイイぃぃぃ〜〜〜るぅッ!」というモノマネをオレが連呼して盛り上がってたけど (笑) 。ま、百合子たんはイケ好かない女だけど、他が雑魚過ぎたわな。それにしても、石原親子のバカさが影のMVPでしょ (笑) 。出来の悪い長男がパパに助っ人を求めたら親バカ慎太郎がしゃしゃり出て来て暴言吐いて結果的に敵を支援。このミラクル馬鹿なコンビネーションが都知事選2016最大のハイライトというのは都民として情けない限りだが、あまりにアホなことやってるようなら、2020年はオレが出るぞバカヤロウ (冗談) 。

 肝話休題──

 相変わらずメロンもあるが、酸化が進んだことで、白ブドウ様の香りも出てきた。マスカットほど甘やかじゃない。

 最後、少し渋苦──特に苦み──が強くなったものの、まあ旨いっす。この苦みの進み方は町田酒造の雄町に近い。つか、2日目の町田酒造の雄町にそっくりだな。

 んんん?──苦いぞ。もっと酸っぱければ苦みが引っ込むんだけど、流れちゃうんだよ、酸が。酒未来は2日目の方が圧倒的に旨かったんだけど、日本酒は難しい・・・。

 温度が上がってくると甘みが膨らむものの、酸はますます引っ込んで、甘苦さだけが残る感じだ。う〜ん、これは初日の旨さとの差が激しいなあ。moukan1973♀が京都で東洋美人を飲んで「あんまり旨くなかった」と言ってたのがわかるような気がする。この直汲みも外で2日目以降の瓶を飲んだらオレも旨いとは思わなかっただろう。

 おかわりで温度を冷酒ゾーンに戻す──

 んんん、冷たい方がいいかな。ちょいイチゴも出てきたな。このへんも町田酒造の雄町に似てる。熟感はどこかに消えちゃった。まあでも、最後が苦スギ。あと、もはや記憶の中の町田酒造の雄町と区別がつかん (笑) 。

 食べながら飲んでもこの苦みは引っ込まんよ。町田酒造は4合瓶があるからいいけど、これは一升瓶だけだからな、Untitledに格下げしておきます




── 3日目。


 1口目、2口目は甘みも膨らんで悪くはないんだよ。でも、3口目あたりから途端に苦くなる。ホームパーティーに持参して、みんなで一瞬で空けちゃうペースで飲むならオススメだけど、2日目に持ち越す条件で飲む場合には声高にオススメはできない。初日の旨さが翌日に継続されない酒質。理由はわからんけど、これは事実。


moukan1973moukan1972♂






日本酒 東洋美人

Comment

Add your comment