◤本日の1曲♪【VOCAL HOUSE】Sounds Of Blackness - I Believe (Classic Gospel Mix) 1994 

genre tag:VOCAL HOUSE, R&B
▪︎この際だからSounds Of Blacknessの名曲 (名リミックス) を短期集中で紹介。JAM & LEWISプロデュースとしての2ndアルバム『Africa To America; The Journey Of The Drum』からのシングルで、当時リミキサーとして絶頂期を迎えつつあったDEF MIX所属のDavid Moralesが完璧なHOUSEに仕上げてます。もちろん、これだけの完成度でありながら、所詮はClub DJユースのVerなので、PVやTV出演時などには使用されません。というのも、当時のHOUSEリミックスの主な手法は、ボーカル部分のアカペラをリミキサーに渡して、〝タイム・ストレッチ〟という処理を施してボーカル部分のBPM (テンポ) を変え、それをTrackに同期させるものだったから、アーティスト本人はリミックス制作現場に立ち会うことはなく、下手をすれば、Sounds Of Blackness本人たちも、このHOUSEリミックスを聴いていない可能性すらある。

 David Morales
▪︎たとえば日本の商業用音楽でもMAXI SINGLEに別ヴァージョンのリミックスなんかが入ってることがあるけど、この時代のHOUSEリミックス作品は「原曲越えは当たり前」であって、しかしそれでも一般リスナーの耳に触れる機会は極めて限定的という、ちょっとおかしな時代だったわけ。変な話、AKBの出すシングルがどれもこれもオリジナルよりもリミックスの方が完成度高いとか、想像できないでしょ? だけど、この時代のHOUSEリミックスは単なるオマケじゃなくて、むしろDJ連中はしばらく経ってから「オリジナルってこんな感じだったんだ」とか言い出すことも普通だったんだよ。オレも然りで、この「I Believe」のAlubm Versionなんか、最初から最後まで通して聴いたことなんか一度もないから (笑) 。DEF MIXの「名リミックス集」とか本気でやったら100や200じゃ効かないから、おいおいね。実は以前に取り上げたコレもDEF MIX (David Morales) 作品。












 ▶︎Classic Gospel Mix (この完成度で世間的にはオマケ扱い)
 

 ▶︎David Morales(こう見えて〝オネエ〟です・笑)
music_david_morales1.jpg

 ▶︎Lead VoのAnn Nesby
music_ann_nesby1.jpg

 ▶︎大所帯でメンバーは時代ごとに入れ替わる。ま、サークルみたいなもん。
music_sounds_of_blackness1.jpg

 ▶︎Believe In Da Quiet Storm (これも軽くオリジナル越え)
 

 ▶︎Album Version (ごめん、記憶にない。マトモに聴いたのはじめてかも・笑)
 


VOCAL_HOUSE R&B

Comment

Add your comment