◤諏訪泉 - 純米吟醸「満天星 (まんてんせい) 」ホワイトラベル 2016 (H28BY) <鳥取> ── dಠಠb「熟成『諏訪泉』の入門瓶」#Well-Cured/Okan  




suwaizumi_mantensei_white28by1.jpg


ginjo_manten_09満天星白




 毎度「諏訪泉 (すわいずみ) 」です。


 他人から見れば、おそらくオレは「音楽好き」ということにはなるだろうが、邦と洋を問わず、前提として、ディストーション・ギター主体の楽曲は全く聴かないし、もちろん「サザン」も「ユーミン」も「ドリカム」も「ミスチル」も「星野源」も「ヒゲダン」も──キミらよりはそれらの細部を精緻に聴き分けられる音楽的分析能力はあるにせよ (もしもオレの耳を丸1日レンタルできたのなら、そのあまりの音楽の聴こえ方の広がりに目が眩むだろう) ──、真面目には聴かないわけであって、このロジックを「日本酒好き」のフィールドに置き換えた場合、むしろ彼らは「極めて幅広く様々なタイプの日本酒を嗜む生き物」であり、世に出回っている99.999%以上の音楽に興味のないオレからすると、その博愛主義ぶりに対しては畏怖の念すら抱くわけだが──なんと彼らは「ワイン」は飲まないくせに「ワイン酵母の日本酒」であれば喜んで飲むし買うのである!──、そんなモダンな博愛主義者たちの中で、とりわけ〝不人気〟なのが、これら「長期熟成の火入れ純米酒の燗」であることは、ここ何年かの「日本酒ブーム」にあっては非常に興味深い現象であり、長い前置きを抹殺するようにそろそろ「句点 (。) 」の準備に取り掛かるのであれば、もはや我々は「内臓に鉛を詰め込むような重い生原酒」や「風呂場でこいた屁よりも少ないガス量に (ただそれがあるだけで) 熱い羨望が注がれる直汲み」や「派手な香り (カプロン酸エチル) を放つ10/18号酵母系の吟醸造りの酒」や「日持ちしない日本酒度マイナスの虚弱酒」を好んで飲もうとしない「日本酒好き」なのである

 どうしてこうなったかの決定的な契機というのが実はオレには幾つかあるのだが、その話は次の機会を待とう。



suwaizumi2015by2b.jpg
 ▲「熟成量」には「積算温度」という概念を取り入れてるようで、一部の高級ライン以外は「蔵内常温熟成」で、その際、トータルで「何℃分の気温を積算したか」で「熟成具合を数値化している」ようです。[詳細

 ▼太陽系内に飛んで来たら生命は一瞬で消えます。いつどこから飛んで来るのか予測不可能だから、いつ人生が終わっても不思議じゃない。
suwaizumi_mantensei_white28by2.jpg
 bottle size:1800ml





【889】諏訪泉 -すわいずみ- 純米吟醸「満天星 (まんてんせい) 」ホワイトラベル 2016 (H28BY) <鳥取>

諏訪酒造 株式会社:http://suwaizumi.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:山田錦 (25%) 、玉栄 (75%) /50%
▪︎酵母:協会9号?
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3.5/1.4/─ (※お燗だと実際にはもう少し「酸」を感じ、むしろ温度が低いと少し甘めに感じます。)
▪︎ALC:15%
▪︎処理:加水の二回火入れ
▪︎酒造年度/出荷日:2016BY (H28BY) /2020年4月
▪︎備考:デフォで「熟成三夏 (三夏越え) 」なので、4月出荷ということは「約3年」の熟成期間を経てから出荷。ちなみに更に長期熟成の「満天星」はブラックラベルです。
▪︎管理状況:2020/4/9に着、室温 (18-20℃) で管理。
▪︎試飲日時:2020年5月21日 (木) / 黒澤の次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




suwaizumi_mantensei_white28by3.jpg



 立ち香──いつものスワ臭、つまり〝おはぎな米感〟がある (笑) 。ちょっと酒造年度 (ヴィンテージ) が不明なんだけど (※たぶんH28BYです。) 、フツーに最近飲んで来た「2015 (H27BY) 」の酒くらいの熟香はあるかな。相対的に香りの肉はスリムだけど、この段階で「精米歩合50」を露骨に感じることはヌワイです。強いて言えば、米の甘みや旨みのニュアンスよりも酸が少し前に出てる程度。気になる老ねや劣化は皆無なので、今回も美味しく頂けそうです。

 まずはJOで──少し冷やしたから18℃前後かな。

 ちょうど「田中農場」と「山廃モモンガ」の中間な感じ。速醸らしい厚みのある米の旨み&甘みもシッカリありつつ、精米歩合50ライクな軽やかさもあり、これまで飲んで来たスワちゃんのJO (常温) の中では一番イイです。というより、他が全てJOで活きないタイプだったことを思えば、これはJOでも燗冷ましライクな仕上がり感がある。余韻もキレイだし、味もシッカリ乗ってるし、とにかく「冷や (そのままの温度) 」で飲めるというのは、楽でいいや。

suwaizumi_mantensei_white28by4b.jpeg あと、何度も言うけど「冷や=冷酒」という意味じゃないないからな。「冷や=常温」も少し違う。そんなこと言ったら「真夏の冷や=30℃=日向燗」になっちゃうし (笑) 。なので「冷や=そのままの (燗にしない) 温度」と理解するのが本質的。もともと日本酒は燗にして飲むのが一般的で、たとえば時代劇に出て来る蕎麦屋の客が女将に「オカミ、酒を冷やで頼むわ!」と言えば、それはすなわち「燗にしないでそのまま出してくれや!」という意味であり、そう考えると、現在は冷蔵管理されている酒が一般的なので、ある意味では「冷や=冷酒 (管理しているそのままの温度) 」という理解も可能ではある。なので、整理すると「冷や=温めずに出す酒」という意味が最も正確で、温度そのものは〝店の管理状況や季節 (室温) に左右される〟と考えておくといいだろう。



suwaizumi_mantensei_white28by4.jpg
 ▲「レンジで牛肉コロッケ」はどこでも売ってるが、この「レンジでメンチカツ」は相対的にはレア。見たことないけど「デミソースのチーズメンチ」や「タンドリー風チキン」や「レンジで焼きなす」まで存在するのか・・・。



 レンジ燗 (500Wで20秒) ──「ぬる燗」くらいから始めるか?

 スワビターな焦げみもありつつ、適度に甘みも膨らみ、酸もシッカリあるので、精米歩合50になった途端、いきなり華やかになる「旭興 たまか」とは異なり、なんというか「諏訪泉」の場合は、磨いた分だけ〝素直で自然な味わい〟になる感じ。これはレトリックでも誇張でもヌワイけど、えーと「黒澤 Type-9」を飲むくらいなら、断然こっちを飲んでいたいです。いやあ~、純米酒の燗って、和みますね (最近寒いし) 。

 500Wで30秒──「飛び切り燗 (55℃以上) 」クラス。

 いいね。これぞ「全温度対応酒のエース」という感じ。たとえば「菊姫 鶴乃里」とか、あれはあれで凄くイイ酒なんだけど、結局「JOだけが突出して旨い」からね。そういう意味では、これは万能。さすがにRSで飲む気はしないけれど、JOOKも旨いJJM (熟成純米) というのは、今のオレにとっては最強の日常酒ですね。加水してALC.15%に整えられてるし、何もする必要がヌワイので、ホント便利。こういう1800mlが常に1本あれば、マジで助かるわ。

 とりあえず「初めてのスワちゃん」なら、コレをオススメしておきます。これが「旨い!」と感じられなかったら、他はダメだから。嗚呼、つくづくイイ酒。昨日からイキナリ寒いし、コレ牛 (モウ) 、止まらんわ (笑) 。



suwaizumi_mantensei_white28by5.jpg



 少なくとも、アツアツのメンチカツ (セブンイレブン産) には熱めの温度帯が合いますね。どうせ冷めるし、スタートは「飛び切り燗」クラスでいいんじゃないでしょうか。冗談きで「生酒卒業」の日は近い

 つか、セブンの「レンジでメンチカツ」が普通に旨くてビビるな (笑) 。レンジでも意外にサクサクしてるのよ。もはや「ニチレイ」や「Ajinomoto」を技術的に超えつつあるのでは?

 実はセブンは「レンジで牛肉コロッケ」もそこそこ良くて、なぜか「メンチ」の方がレアなんだけど、この2つで言えば、オレ的には「メンチ」の方がだな。あと、世間的には超絶マイナーだけど、オレの母親は昔よく「メンチ丼 (メンチカツの甘辛煮=柳川) 」を作ってくれて、理屈 (作り方) は「カツ丼」とか「親子丼」と全く同じなんだけど、むしろ「メンチ」は「挽き肉」を使ってるので、タレの染み込み度に関しては、実はこの3兄弟の中では最強なんだよな。試しに作ってみ? キミが思ってる以上に旨いよ。moukan1973♀も好物だし。

 そういや、最近は作ってないな。近々セブンので「メンチ柳川 (和風醤油出汁の卵閉じ) 」でも久々に作るか。これもまた、弔い。





 1973チャレンジ!!!
suwaizumi_mantensei_white28by6.jpg



 dಠಠb「これまでの3本とは異なり、これはJOでもフツーに旨い。」
 ♡☺♡「あああ、滑らか。たしかにJOでも旨い。」

 dಠಠb「もちろん、熱めの燗でも旨い。500Wで30秒。」
 ♡☺♡「アチっ。旨い。アタシはこっちの方が好きかな。これいいわ。ブっちゃけ、さっきまで飲んでた『黒澤 Type-9』より旨い (笑) 。これ止まんね。」





── 2日目。

suwaizumi_mantensei_white28by7.jpg



 まずはJOで──。

 これ、飲んじゃうヤツだねえ (moukan1973♀調) ~。つか、レトリックや逆説的な物言いを抜きにして、こっちの方が「黒澤 Type-9 R1BY 1800ml」より旨いよ (笑) 。ブドウなお酒はワインを飲めば事足りるので、わざわざ日本酒の生酒の中から優れた瓶を探す必要も理由も今の我々には全くヌワイ。

 まあ、そんな我々を「保守的だ」と揶揄したとしても、大いに結構。ようやく分かって来た。結局、イマドキの生酒メインで「日本酒大好き!」とか言ってる連中は、ワインで言ったら1年中「ボジョレーヌーヴォー」や「サンスフル (酸化防止剤ZERO) の自然派ワイン」を飲んでいるようなもので、もちろん、そういう楽しみ方も正しいよね。スタンプラリー的に「はい、次!」という飲み方 (選び方) が楽しいというか、日々〝新鮮な気持ち〟を〝感覚的には〟得やすい。いつも言ってるけど、ラーメンの食べ歩き (日々のラーメン屋めぐり) と同じというか。



suwaizumi_mantensei_white28by8.jpg



 レンジ燗 (500Wで30秒) ──。

 ビターで酸が立ってストラクチャーがムキっと筋肉質になる。オレはJOも結構好きだけど、もちろん、燗でも旨い。極論を言えば、別に日本酒は──うちのマンションの住人の誰かが日々「富乃宝山」の空き瓶だけを捨て続けるのと同じように──これだけ飲み続けることも、今のオレには可能侍。たとえば、タマに買う大福がいつも決まった御用達の老舗オンリーという金持ちライクな行動と同じエモーションに満ちているというか (笑) 。「八海山 特別本醸造」だけをひたすら死ぬまで飲み続けるどっかのジジイの気持ちが、ようやく今になってわかった。

 酒単体だとビターで辛みの強い表情も際立つんだけど、焼き鳥を食べながらだと、柔らかな旨みと、優しい甘みがツマミを〝はんなり〟とラッピングして、余韻には、姿の見えない、だがしかし確かにそこにある、旨みの立体がフワっと立ち上がり、スワちゃんライクな酸と相俟って、キレは十分に良し。

 嗚呼、旨いなー。全く疲れ知らずで、マジで止まらんよ。そうね、温度帯は55℃ (飛び切り燗) くらいから始めるのがベターでしょうね。「ぬる燗」や「上燗」くらいでは少し物足りない。ちょっとビターに感じるくらいの、少し甘みが潜るくらいの温度帯の方がこの酒の良さが出ます。



suwaizumi_mantensei_white28by8b.jpg



 昨日 (5日目) はワイングラスでJOを飲んだけど、さすがにココまで仕上がってる酒なので、全くギスギスせず、味も好き勝手に暴れない。若い荒々しい生酒をワイングラスで飲むヤツは漏れなく素人。昭和のヤンキーがシンナー吸ってるのとやってることは同じ (笑) 。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 諏訪泉 on_list_excellent

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

「辰泉」の火入れは飲んだことないので、ちょっと気にはなってるんですよね。近場で買える火入れを一通り飲んだら、久々に「こだま」で「お任せ」でも頼もうカナートという感じです。

あと、福島地酒ではないですが、宮城の「日輪田 (萩の鶴) 山廃雄町45 H27BY (一回火入れ?) 」とか、ちょっと当たりにイキたい感じではあります。

https://takahashi-sake.ocnk.net/product/1329


「満天星」は今日カラになりましたが、流石にこの段階まで仕上がっていると、最後の一合まで著しい劣化はないですね。今日の東京はそこそこ暑かったですが、フツーに燗で飲んでました。


2020.06.03 Wed 22:18
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

応援ハラスメント(笑)

リモートで見ると芸能人オーラが消えてる人が多くて、それを肴に飲んでました。

夢の香が増えてきてるので、モウカンさんも分かってらっしゃるように甘めの香る感じが多くなってます。

会津娘純米、会津中将純米、弥右衛門辛口純米、大七の普通酒、純米きもと、人気一の黄人気などなど。ひや、お燗でいただくのですが、好みの温度帯が分かれます。

あとは辰泉の純米系は、どれも安定してるかなーと思います。
辰泉といえば先月久しぶりに生酒を飲んだのですが、辰泉の超辛口。これが口の中が痛いくらいに暴れまわる辛口で面白かったです。

花泉の上げ桶直詰めの二夏越え。それから弥右衛門のかな?野恩という酒。花泉は19度あるので一気に酔っぱらいますけどね(笑)モウカンさんも体験済みですね。

こちらでは二夏越えはなかなか見かけないので、地酒屋こだまの品揃えは、かなり魅力的ですね。





2020.06.03 Wed 10:20
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

ご無沙汰でしたが、お元気そうで何よりです。
僕らも日に日に歳を取って行くこと以外は変わりなく過ごしています。

特に「緊急事態宣言」以降の「自粛生活」が、僕の場合〝あまりにも〟普段と変わらない生活パターンだったため、有名スポーツ選手や芸能人たちの「励まし動画」が「冷やかし」にしか見えないという〝応援ハラスメント〟を感じるほどで──困ってもいないのに励まされ、入院もしていないのに千羽鶴が送られて来るかのような気分を味わされ (笑) ──、旬な芸能ニュースがなく、せいぜいブログ用写真のネタに困るくらいでしたね。


──昭和のヤンキーがシンナー吸ってるのとやってることは同じ。by積木くずし。

若い生酒ハンター連中を小馬鹿し過ぎか?」とも1秒だけ反省したんですが、99人が不快に感じたとしても、たった1人が大爆笑する方を選ぶのがアーティスト流儀だと思うので、結果的に喜んでくれる人がいて良かったです (笑) 。ま、息するように (信じられない頭の回転の速さで) 書いてるので、気づいた時には「昭和 ヤンキー シンナー」で画像検索してましたが。


──これは買ってきて飲まないと。

僕は「蔵直」で買いましたが、標高もあり、年の平均気温も低めの場所に蔵があるようなので、常温熟成の割りにコンディションはどれも良かったです。

「田中農場」は「山田錦」なので、やはり、それなりの奥行きは感じますが、JOでクイクイやるには少し内気なので、この「満天星」がそれぞれの良いところがダイジェストに詰まってると思います。「山廃モモンガ」は少し物足りないですね。

ま、夏でも料理や味噌汁は暖かいので、喉を潤したければビールでも飲みますよ。というわけDE、「田中農場」も味わいの方向性は「満天星」と同じなので、燗にすることを条件にオススメです。

「阿波山田錦2015」は店の管理状態に左右されるかもです。これだけ近所の酒屋で買ったんですが、捉え方によっちゃ、少しクセのある熟香はあります。もしかしたら「蔵直」経由だと、これがないのかも?と思ってもみたり。

「福島地酒」も軟水スベスベの〝優しく甘やかな火入れ純米〟が多そうなので、ぼちぼち手を伸ばして行こうカナートと思っていた矢先のマイルドさんだったので、何かあれば是非。

「会津娘」とか「会津中将」とか「磐城壽」とか「国権」とか「あぶくま」とか、純吟はそこそこ華やかそうではありますが、二夏越えの純米なら、これからの季節も少しだけ冷やしてJOでスイスイ飲めそうな予感が。

そういや「大七」もありましたね。「こだま (東京・大塚の酒屋) 」で扱ってる「彌右衛門」の熟成火入れ酒とか、今こそ、という感じです。まだ扱ってるか、最近全然チェックしてないですが。

ちなみに最近は西荻に行ったついでに「扶桑鶴 特別純米 29BY」を1800mlで買いました。次の開ける火入純米はコレになると思います。


2020.06.01 Mon 12:44
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。

お久しぶりです。

昭和のヤンキーがシンナー吸ってるのとやってることは同じ。by積木くずし。

コロナ一段落で飲み会してましたが、皆一様に暗かったのがモウカンさんのこれで大爆笑でした。
最高ですねー相変わらず。
ありがとうございます。

生酒は全く買ってないのですが、相変わらずで、火入れのアタリに辿り着けずにいます。
これは買ってきて飲まないと。
郡山市の酒屋で置いてあったかなと思ったので明日行ってみます。
なかったら楽天でもなんでも取り寄せて飲みますね。

2020.05.31 Sun 23:40
Edit | Reply |  

Add your comment