◤王祿 - 超王祿 ☆☆☆☆ 直汲み 無濾過生 27BY ── ♡☺♡「温度が上がってくると酸味が引っ込んで甘みが出て旨い、複雑な味、今日みたいに暑い日にさっぱり飲めて美味しいお酒」#Fresh 




 ここからはdಠಠbオレが書く。

 今日は1日中、台所を大掃除してました。もう、隅々にまで新政の残骸が染み渡ってまして、それを辛抱強く雑巾掛けしてました。アイスピック、買います

 休肝から一夜明け、もうガツンと行きますよ。というわけDE、王祿。同じ「超王祿」銘柄でも明確に存在するヒエラルキー。これを蔵元が細かく説明することは極めて珍しい事象だと言える。だって、自分たちの酒の優劣 (レア度) をアケスケに消費者に提示するわけだから (笑) 。

 DE、今回は王祿ヒエラルキーのNo.2である「直汲み」を買ってきた。以前に最下層の加水Ver「本生」を300mlのミニサイズで飲んだことがあって、これはこれで普通に旨かったんだけど、さて、直汲みステイタスのクオリティは如何に。ちなみに王祿は氷温熟成にもこだわりのある蔵で、そのへんの意気込みについては蔵元HPに詳しく書いてあります。




ouroku_jikagumi27by1.jpg

ouroku_jikagumi27by2.jpg
 bottle size:1800ml





【148】王祿 -おうろく- 超王祿 ☆☆☆☆ 直汲み 無濾過生 27BY

王祿酒造 有限会社:http://www.ouroku.com





ouroku_jikagumi27by3.jpg 瓶口からはやや青い香り。穀物由来のニリニリした酸も力強く感じる。量産タイプの本生とはこの時点で全く異なる。

 グラスに注ぐ過程の中で、少しの粘度が液体としてのプロポーションにビジュアル上ハッキリと確認できる。さすがに寝かせてから出荷してるだけあって、液体としてサラサラした質感は見た目にもないようだ。

 立ち香──おう。わりとしっかりブドウ。ベリー系として赤いニュアンスもあるが、透き通った酸には白いニュアンスもある。チェリーやプラム様の濃ゆい酸もしっかり。そのへんは風の森なんかにも通じるかも。風の森の雄町80をさらに研ぎ澄ませた感じ。五百万石の酒でここまでサワーなタッチは個人的には初めて。

 含みます──

 ガスはそこまで強くないけど、まあ、直汲としては平均的なレベル。ワオ、かなり酸っぱいな。とはいえ、奥で甘みもちゃんと感じる。凝縮感のある、小粒だけど味の濃いフルーツみたいだ。バカ舌のmoukan1973♀曰く♡☺♡「見た目よりオシャレな味!」だってさ (笑) 。今日は珍しく喋るよ彼女、つづいて♡☺♡「温度が上がってくると酸味が引っ込んで甘みが出て旨い。複雑な味。今日みたいに暑い日にさっぱり飲めて美味しいお酒」だとさ。

 常温に近づくと、赤ワイン的な収斂性もジリっと顔を出す。熟成させてるわりにはまだまだ硬い酒質だけど、明日が本番かな。もう少し穀物的なミネラル感があればお燗も旨そうだけど、全然フレッシュだし、むしろ酸っぱさに宿る濃醇なフルーティネスを楽しむお酒。量産タイプの本生の方がお燗向きなフェイス、あったよ。

 食中はガッシリと濃醇な苦み。ようやく五百万らしいホロ苦いクリーミイさも出てきた。砂糖をほとんど使用していないチョコムースのようなタッチ。フルーツを煮詰めたような艶やかな渋み。ズバっと切れるので、渋みや苦みはベチャっと泳がない。とはいえ、まだまだ硬いし青い。蕾から花が顔を出して尚、まだ開いてはいない感じ。

 moukan1973♀は「旨い旨い」言って飲んでたから、おばさんウケは悪くないんじゃない (笑) ? ブレない硬派な雰囲気が伝わって来る酒だよね。中取りならもっとフルーティネスを感じれるのかな。次はこれにしよう




── 2日目。


ouroku_jikagumi27by4.jpg
 ▲増田候補の我が家でのアダ名は「水道局のおじさん」もしくは「市役所の土木課の係長」。



 昨日よりブライトにブドウ。フルーティーだよ。でもやっぱ、まだまだ青いな。

 一口目はわかりやすく旨い。フルーティネスもある。ただ、食中は激烈なミネラル感が押し寄せてくる。苦いとか渋いとか辛いとかじゃなくて、余韻が舌を締め付ける感じ。最近飲んだ中だと、竹泉の雄町生なんかと張る攻撃的なミネラル感。超王祿ヒエラルキー最下層である本生には穀物由来の香ばしいタッチのミネラル感があったんだけど、これは果実のアクを搾り込んだような攻撃性のあるミネラル感。ちょっと酒の強さが大仰だなあ。

 温度が上がってきた方が飲みやすいかな。これ、常温放置の生熟状態にした方がよくねえか? 冷酒はダメな酒だろ。

 おかわりはお燗で──40℃手前で引き上げて冷ましながら飲む感じで。

 麹由来のニュワっとした酸。遠くで果実の蜜のような滑らか&立体感のある甘やかさもほんのり。夏のお祭りの杏 (with モナカ&水飴) みたいなニュアンスも。

 頭の甘みが少しファットに膨らむものの、激烈なミネラル感は相変わらず。まあ、どうだろうね。超王祿を飲んだのは二度目だし、直汲は初めてだし、偉そうなことは言えないけど、この仕込み17号が蔵元自画自賛の傑作とは思えないな。青いんだよ、まだまだ。元々甘い酒ではないけれど、それでも花はまだ咲いてない

 燗冷ましの酸っぱい感じは嫌いじゃないけど、いちいち気を使わせる酒は飲み手にとって面倒でもあるわけで、ここは心を鬼にしてUntitledに格下げします。




── 3日目。


 毎日そうなんだけど、最初の一口目はイイ感じのフルーティネスがあるものの、すぐに激烈ミネラリーなタッチになる。今日はもはやスピリッツ的な辛さ。レモンサワーで割りたい気分だぜ (笑) 。



moukan1972♂






日本酒 王祿

Comment

Add your comment