◤メガネ警察 - EYEWEAR PATROL -番外編- d۝۝b「二日酔いの中、リュネット・ジュラを3店舗ハシゴ <後編>」#TRACTION PRODUCTIONS, ic! berlin, theo 




 っュあんシあシタかァーーーっ!(休肝しましたかーーーっ!)

 お酒が消えると頭も冴える。
 書くぞッ!

 1、2、3、トラクショぉぉぉーーーんっ!




アントニオ猪木2
 original photo: The Huffington Post



 d◎◎bメガネ警察とは、主に芸能人やモデルやハリウッドスターや過去の偉人たちにおける、顔とメガネのコンビネーションについて、慈善行為の観点から勝手にアドバイスしたり、賞賛したりする、単なる私的なメガネ・レビューの総称です。

 ▶︎About メガネ警察
 http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
 ▶︎THEO meets Matali Crasset "WIDE OPEN"
 https://www.theo.be/ja/collections/theo-plus-matali-crasset





【EYEWEAR PATROL -番外編-】個人的に気になったメガネなんぞを軽く紹介。

▪︎モデル名や型番などをMEMOする気力はありませんでした。


Moukan's tag:




 引き続き<後編>をお届けします。

 昨日は二日酔いで頭が冴えず、経験と技術だけでマシンのように書いてましたので、肝心な事もチラホラ抜けてしまいましたが、

ic! berlinのメガネはフィット感が最高です!


▶︎<前編>の記事はコチラ



 あと、オレは眼鏡ジャーナリストでもなんでもないただの素人なので、自分目線でしか記事を書くことができないし──また、そういう記事しか書く気もないゆえ、イベントやブランド全体の雰囲気や内容は実際に各人が各人の感性で肌で感じてね。当然、ここでオススメするメガネも一般的な傾向からは少し外れることしばしばです。

 昨日は夫婦で、毎度お馴染みリュネット・ジュラを六本木店STARTで、グラン店 (外苑前/青山一丁目) 、表参道ヒルズ店と、徒歩で巡回して来ました。3連休ということもあり、グラン店と表参道ヒルズ店では連休最終日までイベントを開催中です。


 というわけDE、最後は表参道ヒルズ店のTRACTIONの新作トランクショーです。なんと言ってもカラーバリエーションをすべて試せるのが新作トランクショー最大の魅力。各店も、さすがにすべてのモデルのすべてのカラーを仕入れるわけではないので、こういう機会は貴重です。実際、

「カラー違いはデザイン違いに等しい違い」──メガネ警察

であることも多く、たとえ同じモデルでも、カラーが変わるだけで似合ったり似合わなかったりの差が非常に大きいものです。なので、その色が似合わなくても、めげずに別の色を試すことも重要。思わぬ発見があるし、昨日も実際にありました。




DSCN4130.jpg
 ▲同じモデルでも人によって似合うカラーはまちまち。




▼写真CLICKでお店のブログにJUMP▼




-o-o- 圧巻のカラーヴァリエーション!
DSCN4127.jpg

DSCN4128.jpg

DSCN4129.jpg

DSCN4133.jpg

DSCN4135.jpg
 ▲これは新作じゃありません。



 これだけあると普通の人は目移りして困るかと思うが、オレに迷いはない、気に入ったのは3つ!



No.3 -o-o- ARCHIMEDE
DSCN4153.jpg

DSCN4155.jpg
 ▲左上の薄いブロンズカラーがオススメ。似合えばの話だけど。


 先ずは、近頃のワキャイ (若い) 女のコたちに大人気の丸メガネの先の先の先の先を行く、TRACTIONらしい少しヒネリの効いた絶妙な丸メガネをご紹介。これはmoukan1973♀も似合ってました。彼女、丸いメガネはことごとくギャグになって似合わないんだけど、まあ、オレのセレクトに掛かればこんなもんよ。顔は出せないけど、フツーに似合ってた。ただ、似合うカラーは1つだけだったけどね。ここ重要です! ちなみにmoukan1973♀が似合ったのは薄いブロンズカラーのタイプだけ。黒はギャグ、シルバーはおばさん、赤は赤い人になっちゃう。男性は黒でも締まるかもね。若いコはどうかね。まだ早いか、このへんは。

 この、何かになろうとしている進化の途中みたいな独特のフォルム、これが面白いんだよ。ここから真ん丸になるかもしれないし、ティアドロップになるかもしれないし、なかなかに絶妙なバランスです。サイズ感もイイしね。上級者向けですが、似合ったら迷わずイケよ。センス的には間違いないから、そこはオレが保証する──信用できない?

 じゃあ、するなよ!




No.2 -o-o- ELIANOR (写真中央)
DSCN4138.jpg

DSCN4140.jpg

DSCN4142.jpg


 残念ながら、moukan1973♀にはサイズが少し大きかったけど、そういう時の裏技としてはサングランスにしちゃえばいいんだよ。サングラスならワンサイズ、ツーサイズ大きくても問題ないし、むしろその方がキマることも多い。

 これはオレがフツーに似合ってたけど、フツーに似合う程度じゃ購入の決め手にはならないんです。でも、モデルとしてはこのメガネは好きです。テンプルがフレームの下から伸びてるタイプで、装飾もそれほど華美ではなく、このくらいならビジネスユースでもギリギリ行けるかな。スーツ系お仕事のビジネスユースの基準としてオレが重視しているのは、テンプルの太さと装飾なのよ。

 1)テンプルが太すぎる。
 2)テンプルに派手な装飾がある。


 この条件が重なるとバカンスっぽくなるので、そこさえ注意すれば、別に形とか色は大した問題じゃないと思うわけだ。ま、あくまでも個人的な判断基準だから、メガネ屋がどう考えてるかはわからないけど。

 カラーは紫が圧倒的にCOOL。女のコはサイズが大きくなりやすいので、試着時にそこは注意しましょう。逆にウルトラ小顔のコならデカめ眼鏡としてジャストする場合もあるから、そこは難しいんだけど。




ダントツのNo.1 -o-o- LEDOSKY
DSCN4130.jpg
 ▲moukan1973♀はオレンジ、高橋一男氏は黒を目下LOCK ON中。


DSCN4131.jpg
 ▲丸みのあるブロウと直線的なアンダーとのコントラストがレトロだけどモダン。


DSCN4143.jpg
 ▲サイドの紫がアクセントとして重要な役割を果たしてる。



 まず、オレが店に入って新作をババっと軽く見渡して真っ先に目に入ったのが、このLEDOSKYのオレンジ。さっそくmoukan1973♀に試着させようとしたら、彼女は「えええーーーっ!?」と少しビビり気味。「大丈夫、イケるから」──はい、完璧〜。近くにいたスタッフの久保田さんにも感想を求めたら、「確定だぁ。これを買わないで何を買うの?」という最上級の殺し文句をいただきました (笑) 。


 ▼メガネ界の生ける伝説・高橋一男氏
 しばらく他のメガネなんかを見ていると、ちょうど手隙になった高橋一男さんに軽く御挨拶。オレのfacebook (ブログ記事のシェア用) を目にしたらしく、グラン店の小山店長に「モウカンって誰?」と電話をかけてきたそう。さすがはカリスマ経営者です。自分の知らないヤツが近くにいることが気持ち悪かったんでしょう (笑) 。

 ヒルズ店に来る前にそんな前振りもあったので、話が早くて助かりました。いやー、こういう流れを事前に用意してくれるとは、さすがはカリスマ経営者 (今は元なのかな?) です。オレも約20年ぶりにお会いしましたが、なんか記憶の中の一男さんとはだいぶ印象が違ってたなあ。昔はオレが掛けてるメガネをいきなり取り上げて「うわあ〜これ懐かしいなあー!」とか、店に入るなりガガっと顔を近づけて来て「カッコイイねー! 目が見えない感じが怪しくてイイよ!」とか、もう2秒で人をたらしこむ奇才ぶりを放ちまくってたんですが、今では素敵な老紳士でした。ま、酒を飲めば元に戻るんだろうけど (笑) 。あとは、ゲストとして脇役に徹してたのかな。ともあれ、お会いできて軽くお話しできてよかったです。

 すると、高橋氏、おもむろに「今、これとこれでどっちを買うか迷ってるんです」と話しはじめ、それがこのLEDOSKYの黒と──おい、もう一つのモデルの写真、撮ってねえじゃねーかオレのバカ!──、これと同じテーブルにあった、ブロウが個性的な少しレトロなモデルだったという、どうだ、オレは一男目線の持ち主だぜ! わーいわーい!

 冗談はさておき、このLEDOSKYは高橋一男氏も買うかどうか迷ってるモデルであるくらい、今期の中では傑出した完成度ということで間違いない。オレも同意見。 昨日見た中ではダントツのNo.1でした。オレ? オレはさ、なかなか買うまで行くようなメガネはないんだよ。普通に似合うだけじゃ周囲が納得しないから。でも、theoの古いモデルで1つ気になってるのあるんだよ。スタッフのツッチー (土田くん) に奥から出してもらって、ひとまず撮影だけさせてもらいました。



-o-o- theo - STETSON
DSCN4147.jpg
 ▲カラーは濃いめの紫。


DSCN4150.jpg
 ▲サングラスにしても激COOL。


DSCN4152.jpg
 ▲テンプルにtheoらしい茶目っ気のある細工。




 というわけDE、おかげさまで二日酔いも治り、治ったら治ったで文章が長くなるので、読む方には酔ってるくらいがちょうどいいかもしれないという話は脇に置いておいて、今回はこのへんで。

 最後に「和装のお客様にオリジナル手拭いプレゼント」という企画があったんだけど、ツチ (土田くん) に説明したら「自分じゃジャッジできないんでゴニョゴニョ」とか塩っぱい感じだったので、久保田さんを口説いて無事にもらえました。オレ、和服は持ってないから、ビンテージのアロハシャツと頭に手拭い巻いて行って、「アロハは着物が発祥!」と屁理屈こねて無理矢理もらいましたが、この記事で手拭い分くらいは仕事したと勝手に思ってますんで、そこは御容赦 (笑) 。


moukan1972♂







-o-o- MICHEL HENAU - HEXAFORTE (オレの私物)
DSCN4158.jpg


メガネ警察

Comment

Add your comment