もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Fabien Duveau (ファビアン・デュヴォー) AOC Saumur Champigny 2014 




2020_2_18Fabien_Duveau9488.jpg


 ▲「ロワールにも偉大なグラン・ヴァンは存在しますが、私は、家庭やビストロで気軽に美味しく楽しんでいただけるワインを造ることに、仕事の意義を感じています。この〝気軽に美味しく楽しんでいただけるワイン〟というのが、実は一番難しい。樽のバリエーションや熟成期間といった醸造技術の介在が少ない分、ぶどうの実そのものの品質が、くっきりとワインに反映されます。畑での仕事量だけは、誰にも負けません。── Fabien Duveau 」(輸入元のページより)






 毎度アクセスありがとうございます。


 フランスはロワール地方の中流エリア「Anjou & Saumur (アンジュー&ソーミュール) 」地区のアペラシオン「Saumur Champigny (ソミュール・シャンピニ) 」です。「Touraine (トゥーレーヌ) 」地区の「Bourgueil (ブルグイユ) 」や「Chinon (シノン) 」とは御近所さんというわけで、こちらも赤に使われる品種は「Cabernet Franc (カベルネ・フラン) 」がメインになります。ちなみに「Saumur Champigny」というアペラシオンは〝赤のみ〟なので、白の場合は「Saumur Blanc」になり、主要品種は「Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 」です。

 この価格帯のカベルネ・フラン100%は「もういいや」とか思ってはいたんですが、結構イイ出来だったので、近所の酒屋でまだ残っていれば──記事を書く手間が1つ (死ぬまでに開けるクソ酒の数が1本) 減るので──リピートしてしまうかも。さっき知ったけど、どうやら「パリのビストロで爆発的な人気ワイン」みたいですね。




フランスワイン_ロワール地方2
 photo: enoteca.co.jp


2020_2_18Fabien_Duveau9493.jpg





◤ファビアン・デュヴォー AOCソミュール・シャンピニ 20141,980 円

Tag Link



2020_2_18Fabien_Duveau9494.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。まあ、いつもの「蚊取り線香」なカベフラ臭 (笑) 。さすがに「2014」だけあって、チョコ感もそれなりにはあるけど、全体には淑やかにフローラルな黒ずみ感。クセのあるエキゾチックな紅茶という表情も。

 グラスに注いで──色は濃いめ。出汁っぽい旨みの連なり。そこまでフローラルでもないのは好材料。ここが過度になると、どうにも「蚊取り線香」──白粉、白檀、扇子、襖──を感じてしまう (笑) 。



2020_2_18Fabien_Duveau9512.jpg



 不自然なデザインのエチケットに比して、味わいは「正統派アペラシオン・ワイン」な表情 (よかった・・・) 。ちゃんと果実味に凝縮感があって、タンニンの目詰まり感もシッカリめではあるけれど、総体としては軽やかにジューシイ。花びら茶なニュアンスがありつつも、果実酒としての瑞々しさもあって、なんというか、清く正しく〝ブドウのお酒〟という、非常に素直でストレートなカベルネ・フランです。香りや味わいの要素のそれぞれが「出過ぎず引っ込み過ぎず」で、バランスが頗る良いです。

2014」という少し古い「売れ残りヴィンテージ」に一抹の不安があったけれど、イヤな熟味は皆無で、むしろまだまだ若々しくフルーティー。



2020_2_18Fabien_Duveau9515.jpg



 ちょっと冷やしめの方がいいかな。たまたま安く (1,980円で) 買えたけど──楽天最安値は「2016」が2,299円──、フィラディスのシノンよりはコスパいいかな。酸がシッカリあるので、食事にも合わせやすいし、カジュアルなデイリーワインとしてはニャカニャカに便利。





── 2日目。

2020_2_18Fabien_Duveau9554.jpg



 いいですね。なんか今日の方が酸の輝度がアガって瑞々しくフルーティー。〝味の濃いブドウジュースが清く正しく酒になった感〟が満載で、非常に素直でカジュアルな味筋ではあるものの、品質はシッカリ。

 このアペラシオンには3,000〜6,000円クラスのキュヴェもちょいちょいあるみたいだけど、買うには少し勇気がいるな (笑) 。ただ、ロワール・ワインは (不自然系を除けば) 日本国内で扱われる種類がブルゴーニュやボルドーより綾瀬はるかに少ないので、モチベーションはタカマールな。たぶん2年後くらいにはそこそこロワール・ワインについて詳しくなってると思います。

 ますます「日本酒」を飲んでる暇がなくなりつつあるけど、あっちは「勉強が報われない世界 (先を追い求めることが困難な酒ジャンル) 」──詳しくなればなるほど飲むべき酒が減って行くという不思議な世界 (笑) ──だからな。ま、だからこそ「らーめん」同様にマニアになるための敷居が低いわけだけど。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


Fabien_Duveau ロワール ロワール赤

Comment

Add your comment