◤Domaine de la Denante (ラ・ドゥナンテ) AOC Bourgogne「Chardonnay」 2017 




2020_2_13Denante9298.jpg
 ▲ガーナ娘の来年度の更新はヌワイと思ってるんだけど、コレが最後の仕事か。他の二人は招集されず。画像クリックで別カット。[動画

 ▼昨年末に🐷化 (誰?) したけど、ようやく戻って来たよ。主演クラスの女優は太っちゃダメダメ。『アリバイ崩し承ります』も「第6話」「最終話」あたりはベスト・コンディションじゃないかな。🐷Verのオープニングを撮り直して欲しいわ (笑) 。主演の自覚足りねえぞ。どんな美人でも太ると〝顔センター〟になって幼く見えるのな。[ザテレビジョン
EQjz-8oUYAANI1V.jpg

 ▼仮にもプロフェッショナルが「飲みやすい」言うな。せめて「ニュートラルな飲み口」くらい言っとけよ。





 毎度アクセスありがとうございます。


 フィラディスで同梱。オレにとっての〝鬼門〟である「2,000円前後のブルゴーニュ白」ですが、正直、時間の無駄 、でした。まだ「金の無駄」だけならマシな方で、なにせオレの場合「記事を書く手間」があるので、それで「時間の無駄」というわけです。まあいいさ。マコネについて少し整理できたし。

 ブルゴーニュの南は「Mâconnais (マコネ)」地区にある「Saint-Véran (サン・ヴェラン) 」のドメーヌみたいです。今回は地域名アペラシオン (AOC Bourgogne) なので、それで値段も安いわけだけど、同じサン・ヴェランでも「Daniel et Julien Barraud (ダニエル・エ・ジュリアン・バロー) AOC Saint-Véran “En Creches” 2013」は (コレに比べれば) つくづく旨かったカナート。「2013」はヴェリタスで2,565円で買えたけど「2016」は3,260円まで値上がってますね。そりゃそうか。ちなみに「Mâconnais (マコネ) 」は、アペラシオン表記の際には「Mâcon (マコン) 」になります。

 そして、遂に同じマコネ地区の「Pouilly-Fusse (プイィ・フュイッセ) 」が「1er Cru (プルミエ・クリュ/1級) 」に昇格するので──どのクリマが認定されるのかはまだ分からない模様──、このエリアに多くの畑を持つDaniel et Julien Barraud (ダニエル・エ・ジュリアン・バロー) は今後ますます値上がるでしょうね。今でも上級キュヴェは4,000〜5,000円しますが。




Bourgogne_Mâconnais_map1
 photo: anyway-grapes.jp

 ▼南のお隣さんは「Beaujolais (ボジョレー) 」地区です。
Mâcon_Saint-Véran1
 photo: bourgogne-wines.jp


2020_2_13Denante9308.jpg
 ▲用意された原稿を読んでます。





◤ドメーヌ・ド・ラ・ドゥナンテ AOCブルゴーニュ「シャルドネ」20172,178 円

Tag Link



2020_2_13Denante9314.jpg

 



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。ややパイナップル的なベトっとした甘やかさを感じるものの、何もかもが想像通りの細部。なんか美味しそうな味濃いめのフルーツ・ゼリーという感じ。高級ラインのジェネリックというよりは、1,500円の安物にワンコイン・オプションというようなニュアンス。樽リッチな表情もガシっとしたミネラル香もほどほどなレベル。どうせこれマコネ地区のシャルドネだろ (※その通りです) 。ほんのりシャブリっぽい火打石のアロマ。数時間後には密度のあるシトラス要素も出て来ました。

 グラスに注いで──ちょいフローラルな華やかさも伸びて来た。なんか清楚で麗しい、お上品で退屈なシャルドネです。



2020_2_13Denante9331.jpg
 ▲用意された原稿を読んでます2。



 飲んでみる──。

 含むと〝シャブリっぽさ〟は皆無。サンタリーヌ (酸、足りなてない) 。これ言ったら身も蓋もないけど、要するに「週末までの暇潰しワイン」の域は出ないです。やはり、この価格帯ならイタリア白 (ソアーヴェ・クラシコ) の方が満足度は高いですね。

 ただ、安物にありがちな不快な苦みや澱みはヌワイです。軽やかにジューシイで、酸も円く、フルーティネスの輝度も控えめで、良く言えば「はんなり&まろやか」、悪く言えば「やる気の感じられない」ブルゴーニュ白ですね



2020_2_13Denante9345.jpg
 ▲せっかく美波ちゃんが仕事で描いてくれた「似てない似顔絵」を「70点」とか言いやがって。マジでコイツ (佐々木朗希) はツマラナイ男だな。そこは自分の記録に掛けて「163点以上です!」くらい言っとけよ。



 今日、ここに宣言します。もう二度と2,000円前後のブルゴーニュ白 (AOC Bourgogne) は買いません時間と肝臓の無駄ですね。これだったら「Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) “Chardonnay” 」を1,000円で買って、残りの金で焼き鳥を10本買った方が綾瀬はるかにシアワセです。

 薄っすいなー。限界までキンキンに冷やしてMAX酸っぱい状態で飲まないとやってられないです。何も詳細を知らないmoukan1973♀も、♡☺♡「ちょっと甘かったな」と言ってました。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ブルゴーニュ白 浜辺美波 マコン

Comment

Add your comment