◤Domaine Jean-Marc Toussaint (ジャン=マルク・トゥーサン) AOC Vouvray Brut「Cuvée Tradition」NV 




2020_2_11Toussaint9211.jpg
 ▲ネガキャン阻止なのか、第2話の視聴率 (5.2%→4.5%) の情報はYahoo!ニュースに上がらず。まあ、第1話は御祝儀ですから。もはや「長澤まさみ」ばりの (6年7年スパンの) 暗黒期は視野。安易なアイドル路線は──世間的には──長続きせんよ。10代キャリアで「家族話」の印象に残る作品がなかったことは彼女にとって「美人リスク」ならではの弊害。JA共済のCMノリでそのままホームドラマを撮ってればそれなりに爪痕を残せたのに残念。[保障点検・見直し - スペシャルムービー][第2話 (TVer) ]







 毎度アクセスありがとうございます。


 信濃屋のスポット商品。フランスはロワール地方の「Vouvray (ヴーヴレ) 」のスパークリングです。「Crémant de Loire (クレマン・ド・ロワール) 」には含まれない地区らしく、スパークリングとしてはAOCワインを名乗ることができません。一応、シャンパーニュと同じく「瓶内二次発酵」で造られ、瓶熟期間は12カ月以上あるみたいです。セパージュは「Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 」100%です。




フランスワイン_ロワール地方2
 photo: enoteca.co.jp

2020_2_11Toussaint9223.jpg
 ▲盛り過ぎ。





◤ジャン=マルク・トゥーサン AOCヴーヴレ ブリュット「キュヴェ・トラディション」NV1,869 円

Tag Link



2020_2_11Toussaint9244.jpg
2020_2_11Toussaint9242.jpg
 ▲日本で一番可愛いヤクルトおばさん (or ガス検針のおばさん) 。



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。明からにシャンパーニュではない香り (笑) 。確かにアプリコットや、まるで蜂蜜入りの梅干しのような甘酸っぱいアロマ。

 グラスに注いで──なんか甘めの茶葉を感じるんだよね。



2020_2_11Toussaint9248.jpg



 ♡☺♡「そんな嫌いじゃない。下手なクレマンよりマシ。アタシみたいなバカ舌が言うのもなんだけど (笑) 、もしも一般人に黙って飲ませたら『美味しい、美味しい!』って言うよ。かりに『これ、シャンパンだよ』とウソを吐いても『シャンパン美味しい!』って言うと思う。飲んじゃうな。ジュースみたい。」

 泡は弱めだけど、安物の割りにはキメは細かい方。ネットリとジャミーなテクスチャーで、酸は厳しくなく、果実味はやや甘めながら、ポチャっとしたカニッキー (果肉ライク) な量感もあり、意外に悪くない──つまり、この価格帯のスパークリング・ワインとしては、決して「味気ない」ということはなく、しっかり味の出てる人懐こい白ワインが清く正しく泡立ったという感じで、端的に言って「好ましい」です。



2020_2_11Toussaint9250.jpg



 味も香りも酸やミネラルの強さもChampagne (シャンパーニュ) とは全く違うので、イイ意味でCrémant (クレマン) を飲んだ時の〝残念感〟とは無縁で、まあ、これはこれという感じ。少なくとも同じ値段のシュワシュワ日本酒よりはマシなんじゃないのかね──甘党の日本酒ラヴァーが「発泡ニゴリ」を飲んだ時に不満に感じることの多い「もうちょっと甘くてもいいんじゃね?」がヌワイ──という意味で。





── 2日目。

2020_2_11Toussaint9272.jpg
 ▲ホンダ製菓『さっぱり塩味 ゆず胡椒味』は無駄にピリリと辛い割りには酸の立ちが弱く、結果的には脂っこく甘やかなクドい歌舞伎揚げ。すぐに終売して忘れ去られる、誰も得しない、やっつけの新商品。



 泡属性を「オマケ (無料オプション) 」と考えることができれば、安価な白ワインとしては決して悪くない。ホント緑茶みたいな甘みで、この地方のスティルワインにおける「Demi-Sec (ドゥミ・セック=半辛口/半甘口=中辛口/中甘口=やや甘口) 」ほどではないにせよ、それでもバキバキの辛口シュナン・ブランよりは酸も柔らかで、全体にはほんのり甘めの仕上がり。

 ミネラル感もそれほど強くは感じないけど、多少のザラついた塩気は果実味の表面に振り巻かれていて、とどのつまり「ないと困る」程度にはミネラリー。



2020_2_11Toussaint9280.jpg
 ▲さっそく第2話の後半から痩せ始めてる。オープニングの🐷ぶりがヒドい。女優は〝少し痩せてる〟くらいで丁度いい。そこらのブスが共感する「健康美」なんか要らない。



 フランス産の1,000円台のスパークリングなんて、どれも風呂場でコいた屁よりも無価値で味気ないモノばかりだと思っていたけれど、このレベルなら〝ジュース〟としては前向きに許容。それこそキンキンに冷やして、風呂上がりの缶ビール代わりとして夏場にガブガブ飲みたい感じです。何もかもが薄いし弱いけど、身分相応な収まりの良さがあって、要するに不快じゃないバランス感です。

 何より、白ワインとして、ちゃんとアペラシオンならではの個性がある点が好印象。つまり、泡である前にキチンと「Vouvrayの白ワイン」である点に惹かれるというわけです。3,000円だったら罵声も飛び交うけど、2,000円未満ならアリとギリギリス


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ロワール シュナン・ブラン スパークリング 浜辺美波

Comment

Add your comment