もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Lucien Crochet (リュシアン・クロシェ) AOC Sancerre「Les Calcaires」Blanc 2016 




2020_2_7Lucien_Crochet9829.jpg
 ▲信濃屋のスポット商品 (今のところ楽天・信濃屋では未扱い) に写真右の「Jean Fournie “Cuvée Saint-Urbain” 」の「2017」が240本限定で2,999円 (税抜) で登場。これはアホ安です。「2016」はフィッチでも4,000円くらいしたので、この安さは異常。「2017」は未飲だけど、コート・ドール全体では割りと良いヴィンテージみたいですね。[参考








 毎度アクセスありがとうございます。


 ロワール地方の東の果て──というより中央フランスに位置するCentre Nivernais (サントル・ニヴェルネ) 地区のアペラシオン「Sancerre (サンセール) 」の白です。白は「Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン) 」、赤とロゼは「Pinot Noir (ピノ・ノワール) 」で仕込まれます。

 近年はNZやチリ産の安価なソーヴィニヨン・ブランが世界の食卓で定番化してるようだけど、正直、少なくとも2,000円前後のNZ産のソーヴィニヨンなんか、もはや〝ただでも〟要らないですね。ロワール・ワインはどこの酒屋でも (「不自然派」以外は) 主力商品として推されてはいないですが、出回ってる種類が少ない分、逆に2〜3年で網羅的に全容を押さえることができそうなので、実はモチベーションそのものは高いです。これも特に何も考えずに (下手すりゃ商品説明も読まずに) フィッチで適当に同梱したんだけど、久々に非常に質の高いエッセンシャルなサンセールを飲んだという感じで、大満足でした。


Lucien_CrocheLES_CALCAIRES.jpg


 ちなみに蔵のサイトによると、この「Les Calcaires (レ・カルケール) 」というキュヴェは「Caillottes (カイヨット) 」と「Griottes (グリオット) 」の土壌で獲れたブドウのブレンドのようです。





 


 サンセールを代表する遣り手であるリュシアン・クロシェはビュエ村に本拠を置き、200年5世代に亘って代々ワインを造ってきました。今日では、AOCサンセール域内の"ビュエ"、"サンセール"、"クレザンシイ"、"ヴイノン"の優良なコミューンに35haの葡萄畑を所有し、当主リュシアンと彼の息子でドメーヌの醸造責任者を務めジルが共同で、葡萄栽培とワイン醸造を行っています。ジルはディジョン大学で醸造学を学び、ブルゴーニュのモレ・サン・ドニの「ドメーヌ・デュジャック」で研鑽を積み、その後、家業に参画しました。

 ドメーヌが生み出すサンセールのスタイルは至って現代的です。フレッシュ&フルーティーなワインを産むことで知られ、立地条件に恵まれた畑を所有していることはもとより、葡萄の成熟状況を見計らい、さらに慎重に収穫は全て手摘みで行い、同時に選果作業にも厳しい姿勢で臨んでいます。

 代々伝えられる醸造技術に加え、近年近代的な設備を整え、品質を重視したワイン造りに拘っています。ワインの醸造技術を向上させることは大事ですが、質の良い葡萄を栽培し、さらに葡萄の質を見極めることが、すなわち良いワインを産むことに繋がると考えています。畑で良い仕事を行い、良い葡萄を育む姿に、本来あるべきヴイニュロンの姿勢を伺うことができます。

 フランス最高のワイン評論家ミッシェル・ペタンヌも「2010年版ル・グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス」の中で「クロシェはブルゴーニュにおけるクリストフ・ルーミエと断言できる」と絶賛。このドメーヌの絶好調ぶりを手放しで称賛しています。


白ワイン及びロゼワインの醸造について
 収穫した葡萄は直ちに空気圧圧搾機で圧搾。18~48時間かけて低温でデブルパージュ(澱下げ)を行い、その後、温度調節機能付きのステンレスタンクで発酵を行う。発酵終了後、引き続きステンレスタンクで熟成を行い、収穫翌年の7~9月にかけて瓶詰め。マロラクティツク発酵は行わない。

赤ワインの醸造について
 収穫した葡萄のうち、80%を除梗。発酵期間は15~20日間で、50%が新樽、40%は1年樽、残りの10%はタンクで行う。新樽はアリエ産のものとベルトランジェ産の2種類の樽で、16~18ケ月間寝かせたキュヴェをアッサンブラージュし、清澄、及び軽くフィルターにかけた後、さらにアッサンブラージュされる。

(輸入元資料より引用)



フランスワイン_ロワール地方1
フランスワイン_ロワール地方2
 photo: enoteca.co.jp



〈サンセールの主な土壌〉

 サンセールでは土壌を大きく4つに分類しているが、実際にはもっと複雑で15種類に分けられるという。また、表土と下層土の組み合わせによってもワインの特徴は異なるが、以下が大きな4つの分類となる。


Les Caillottes (カイヨット) 」小石の多い石灰質土壌で白く、粘土は含まない。サンセールの中間地帯にある層で、全体の40%を占める。カイヨットのソーヴィニヨンは、白桃、洋梨、白い花といったアロマティックでフローラルな芳香が魅力的。若いうちから華やかで飲みやすい傾向にある。


Les Terres Blanches (テール・ブランシュ) 」 西側一帯に層を成すのがこの粘土石灰質土壌で、造り手によっては「キンメリジャン」と呼んでいる。全体の40%を占める。ブドウの成熟もワインの熟成もゆっくりで、骨組みがしっかりとしたワインが生まれる。フローラルなアロマから、カリンやマンゴーに似た果実の香りも。


Les Silex (シレックス) 」サンセールの15%がこのシレックス土壌で、ロワール河に面した東側の斜面 に集中している。粘土石灰質にシレックス (火打石) が混じっている。ちなみに、サンセールで見かけるシレックスは真っ白なのに対し、プイィで見るものは赤らんでいる。ここから生まれるワインは、若いうちはとてもタイトで硬質で、全体的にエレガント。熟成にも時間がかかる。


Les Griottes (グリオット) 」サンセールで5%未満しかないため、しばしば説明を省略されることがある。カイヨットによく似た石灰質土壌で、こちらは粘土を少量含み、少し黄色がかった柔らかな石灰で、 さくらんぼ (グリオット) 大の小石から命名された (グリオット・シャンベルタンやクリオ・バタールも同 様の土壌で命名の理由も同じ) 。ワインは樹齢によって性格が異なる。また、この土壌は一番ピピ・ド・シャ (pipi de chat=猫のオシッコ) が出やすい。

winepressjapan.comより)



2020_2_7Lucien_Croche9841.jpg





◤リュシアン・クロシェ AOCサンセール「レ・カルケール」ブラン 20162,618 円

Tag Link



2020_2_7Lucien_Croche9850.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。うーん、タイプとしては、トゥーレーヌなんかのカジュアル・ソーヴィニヨン的なフルーツ感で、求めるべき草感は少ないです。トロピカル系ではないものの、割りと甘やかに明るく蜜っぽくフルーティーで、シトラス度はヨワーメ。悪くはないけど、特に高級感もヌワイような。正直、この段階だと「サンセール」とは思えないです。そこそこ上質にカジュアルな名も無き2,000円前後のロワール産ソーヴィニヨンという印象。徐々にパウダリーな粉雪なミネラル香が舞い始め、なんというか、これが「サンセール」としてどうなのかは別にして、非常に清楚で品行方正なソーヴィニヨンではあります。

 グラスに注いで──ようやくクサラス (草&シトラス) が伸びて来た。高密度なジューシイ感。そこまで酸は強くなさそうだけど、さて。



2020_2_7Lucien_Croche9868.jpg



 久々の初呑みサンセール銘柄だな──。

 旨いじゃねえか。やはり、ヤンチャではなく、折り目の正しいエレガントな「Sancerre (サンセール) 」だけど、オレの苦手なトロピカル系のそれではなく、好ましいニュアンスで素っ気なく酸っぱいソーヴィニヨン。さすがは名門。手堅さの中に高貴なフィネスが宿る。この値段なら大満足だな。ごめん、2,000円前後のロワールじゃ、このエレガンスは体現不可能。



2020_2_7Lucien_Croche9874.jpg



 非常に塩気のあるミネラリティで、思いの外、余韻も長く──低空飛行が長く続くニュアンス──、香りで感じるよりも、含んでちゃんとサンセールな、1、2、3セール、2、2、4セール。酸の役目も、果実味を握り締めるような力強いジューシネスを形成するために活躍していて、嗚呼、もう「澤屋まつもと “no title” 2018」には戻りたくはないし戻らないと決意するに至るのは自然な生体反応ではあるだろう。

 いやー、これ旨いな。特筆すべき何かがあるわけじゃないけど、ある意味、ノンマロ&ステンレスタンク醸造の、素っ気なヴィニヨンの音叉 (440Hz) という感じ。つまり、これが基準。



2020_2_7Lucien_Croche9880.jpg
 ▲はい、出ました、ウソの驚き顔 (笑) 〜。



 逆に少し温度が上がった方が〝The サンセールな表情〟に出会えます。時間と共にグイグイと〝サン度 (サンセール度) 〟が増してます。力強くも伸びやかな、集中力のある酸、グレープフルーツの皮のような苦みを伴う余韻の中には塩気豊かなミネラル感、透明感のある果実味に対して、細マッチョな干物ライクな旨みの柱、素っ気ない直線的でシャープな味筋──これは好きだ!

 エントリークラスのキュヴェでコレということは、上級ラインへの期待は激しくタカマール。





── 3日目。

2020_2_7Lucien_Croche9987.jpg
 ▲『大奥』以前に『浪花探偵少年団』で木村文乃と共演済みだったのか。しかし木村文乃はロングが似合わんな。


2019_3_9大奥_浜辺美波_木村文乃



 ♡☺♡「ノーストレスで滑らか。サラサラしてる。美味しい。」

 初日よりカニッキーにジューシイ。そして、完璧なまでに「Sancerre (サンセール) 」という味わい。透明感がありつつも、飲み応え豊かなコクもあり、薄いのに濃いという、不思議な量感。2日目は飲まずに300mlくらいを残しての3日目だけど、全くヘタることなく、むしろ個々の香りの要素もいよいよ緊密な連携を伴って、断然、今日の方が旨いです

 いやー、旨いです。タイプとしては「Michel Thomas (ミッシェル・トマ) 2014」なんかに近いけど、アロマカラーはLucien Crochet (リュシアン・クロシェ) の方が多層的で芳しいかもしれない。

 フィッチ以外だと3,000円くらいするのか。そりゃそうか。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


Lucien_Crochet サンセール ロワール 浜辺美波

Comment

Add your comment