◤Domaine Viticole de la Ville de Colmar (ヴィティコール・ド・ラ・ヴィル・ド・コルマール) AOC Alsace Grand Cru「Florimont」Riesling 2015 




2020_1_22Ville_de_Colmar9318.jpg
 ▲ドラマ『ピュア!〜一日アイドル署長の事件簿〜<第2話>』より。さすがにDVDは「2月19日」に予定通り発売されるみたいだけど、これで完全に「続篇」の可能性は潰えたわけか。共演者リスク、あるよねえ〜。成田凌もクワナリ危険な存在。北村くんも実は危ない。


EATHEPkU0AE0IQu.jpg







 毎度アクセスありがとうございます。


 この時は月替わりの「送料込み商品」だったので、Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) を一気に取り寄せる際に同梱してみました。セパージュは「Riesling (リースリング) 」100%です。

Alsace Grand Cru」はアルザス全体の4%ほどしかなく、ブルゴーニュとは異なり、区画単位ではなく、51の「Lieux-dits (リュー・ディ/命名畑・小区画) 」という更に狭い範囲に対して制定されていて、ラベルでの表記が義務付けられてます。ちなみにシャンパーニュ地方は (土壌や標高や日照条件に関係なく) 村単位なので、実は極めてザックリです。



2020_1_22Ville_de_Colmar9324.jpg





◤ドメーヌ・ヴィティコール・ド・ラ・ヴィル・ド・コルマール AOCアルザス・グラン・クリュ「フロリモン」リースリング 20152,552 円

Tag Link



2020_1_22Ville_de_Colmar9335.jpg
 ▲まさかの『浪花少年探偵団 (2012) 』がBS-TBSで1月21日 (火) から再放送。月〜金で全13回 (全12話で1話だけ前後半の2回) 。この時で小6 (11才) か。仕上がってんなー。これじゃ子役として人気は出ないわな。世間から求められる〝子供っぽさ〟が皆無。



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。おおお、そこそこ華やかジャーナイカ。なんか日本酒換算だと「明利系酵母」という感じだな。トロっと&トゥワンとした蜜感。フローラルだけど、瑞々しい果実感の中に溶け込んでるニュアンス。今のところそれほどスパイシーでもなく、何とも「飲みやすぅ~い!」な表情のリースリング。

 グラスに注いで──薄紫色の花のアロマにフワっとした粉雪なミネラル感と、いわゆる一つの〝白コショウ〟なスパイシネスが優しく重なり、全体としては清楚で控えめなリースリングという印象。酸は大人しめ。



2020_1_22Ville_de_Colmar9348.jpg
 ▲このオカッパのコがネイティヴ関西弁でオモロイ。今じゃ美波ちゃんよりデカくなってる (笑) 。身長168cmだって。逆転。

 ▼同年代の中で一番背の高い美波ちゃんというのは映像として非常に新鮮。今と違って腕も長いじゃん。中学に入って背が伸びなかったパターン。ま、身体がデカいと主演級の女優は役柄がジャンル化しやすいから──医者・弁護士/検事・刑事/捜査官 ・キャリアウーマン・シングルマザー=男社会で闘うフェミニズムの権化としての強い女性の役が増えるから──、結果的にデカくならなくて良かったですね。それに、背の低さは構図やアングルで隠せるけど、デカい身体は隠しようがヌワイしね。しかしまあ、まさかこの中で美波ちゃんが将来一番売れっ子になるとは、当時は誰も思わなかっただろうな。演技も他の子はみんなヲトナ顔負けに達者なのに一人だけ素人臭く拙いし下手 (笑) 。放送時のスター子役は圧倒的に濱田龍臣くんだったけど、僅か5年後 (2017年) にこれほどまでの逆転劇が待っていようとは、まさに人生はどこで何があるかわからんな。ま、最後に勝てばいいんですよ。
EO5G9JdU8AAS7nC.jpg



 どうでしょう?──。

 好き嫌いは別にして、今まで飲んだ「リースリング」の中では最も円やか&柔らかで清楚。舌先には微かなガス感。酸はそれなりに引き締まってるけど、ちょい甘かな。それでも、まるで〝すべり止め〟のように甘みが流れるのを堰き止めるミネラリティがあって、ストラクチャーには適度な緊張感がある。含むと香りほどには「お花畑」でもなく、基本的に「飲みやすいの権化のようなリースリング」ではあるものの、さすがにこれで1,500円はヌワイわな。佇まいは極めてエレガント。そうかと言って2,500円も出してリピートする気にもならないけど。



2020_1_22Ville_de_Colmar9349.jpg
 ▲このコ (伊澤柾樹くん) の〝泣き演技〟スゴい。美波ちゃん以外、みんな達者やなあ。



 やっぱ甘過ぎるかなー先日のヴーヴレも (下手すりゃコレより) 甘かったわけだけど、あっちは酸も強く、果実味の輪郭線もパキっとしてるんだよな。やはり「リースリング」は香り系の品種ということで、甘いと〝はんなり〟しちゃうかな。

 なんつうか、午後3時のティータイムにオープンカフェで飲むような女子ウケ抜群の白ワインで、口うるさいオッサン (=moukan1972♂) が五感を研ぎ澄ませて飲むような酒ではありません。それこそ、東出くんみいたいな下心博覧会のイケメンが、歳下の何も知らない若い女の子 (のフリをしてるだけかもしれないホンワカビッチな蛇オンナ) を口説く時に素敵なカフェで昼下がりにサラっとボトルで入れてこそ活きるワインです。

 飲みやすぅ〜い ♡──「だろ?」←みたいな。





── 2日目。

2020_1_22Ville_de_Colmar9379.jpg



 さっきまで割りと〝💩な日本酒〟を飲んでいたせいもあって (写真の「長珍」ではヌワイ) 、なんだか今はコレが頗るハイレベルな酒に感じるものの、それでもやはり、食事に合わせるリースリングとしては甘いです。

 なので、あと2ヶ月もすれば花見の季節だし、今から仕込んでおいて職場の花見に持ち込めば、もしかしたら、女の子や元女の子たちに「◯◯さん、センスいいですね〜」くらいは言われる可能性大納言。あまりに旨い酒を飲ませても、素人には「豚に真珠」だし、ソフトタッチな素人ウケを狙うならコレくらいが丁度イイです。決して酸っぱ過ぎず、ふんわり甘やかで、香りも清楚に華やか、そして飲みやすく、ボトルもアルザス仕様の縦長なのでオサレさん。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


アルザス リースリング

Comment

Add your comment