もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤風の森 - 純米 山田錦80 笊籬採り 27BY ──dಠಠb「雄町80の方が遥かに旨いです」 




 先日、我が家としては極めて珍しいことに、友人 (普段はボストン在住の♀) が遊びに来てたんだけど、その彼女、実は20年以上も日本酒を日常的に飲んでるんだって。大学を卒業してからずっとアメリカ在住だから、向こうで買える日本酒は火入れの限られた銘柄──八海山とか鬼ころしとか──に偏るみたいだけど、だからこそ、うちに来たときにはモダンな味わいの生酒を飲ませてあげたかったんだ。美味しい生酒はいろいろあるけれど、安定感と信頼感を考えたとき、まっ先に頭に浮かんだのが風の森だった。

 DE、笊籬採り雄町80を飲ませたんだけど、案の定「╭( ・ㅂ・)و ̑̑:日本酒にもこういう味があるんだー」と感動してたよ。なにが言いたいかというと、20年以上も日本酒を愛飲していても、誰もがここに辿り着けるわけではないということ。ワインだって、好きなくせに一生ブドウの品種や醸造家の名前を覚えないで死んでくヤツ、たくさんいるわけじゃん。うちら夫婦とて、日本酒に目覚めていなければ、ビールの原料とか造り方なんかを全く知らずに黙って同じ銘柄だけを死ぬまで飲んでいたわけだ──実に怖ろしいことだ・・・

 本当は雄町80と飲み比べたかったんだけど、彼女、異常なほど喋るんだよ。もちろん、酒についてじゃないぞ。女にありがちな身内ゴシップの話題で盛り上がる盛り上がる。そんなこんなで、飲むより喋るのに忙しくて山田錦まで辿り着けなかったっていう (笑) 。せっかく下書きしといたのになあ・・・。




 ▶︎【メガネ警察】-oo11- 藤井フミヤ
kazenomori_ikakitori_yamada80_27by1.jpg



 というわけDE、笊籬採り山田錦80、開けます。

 27BYから4合瓶 (720ml) ONLYの展開になってしまった笊籬採り (いかきとり) ──それはちょっと手間の掛かった、贅沢で特別な風の森。愛山80が思ってた以上に酸っぱかったので、久々にドゥワっと甘旨な風の森を飲んでみたいと思うのだけれど、このスペックの山田錦は初めてなので、どうだろうか。

 風の森のまとめサイト
 注目度上昇中!!日本酒「風の森」の紹介 (Author:風のオタクこと、まるめち氏) 笑




 ▼眼鏡センス的には凄まじい男です。神ならぬ死神。
kazenomori_ikakitori_yamada80_27by2.jpg
 bottle size:720ml






【145】風の森 -かぜのもり- 純米 山田錦80 笊籬採り 27BY <奈良>

油長酒造 株式会社:http://www.yucho-sake.jp


Moukan's tag:




 ▼フミヤ、まさかのティアドロップ・・・。
kazenomori_ikakitori_yamada80_27by3.jpg
 立ち香──雄町に比べると香りの彩度はかなり低め。全体には似たようなニュアンスだけど、それぞれのパラメーター数値が雄町80より2割3割小さい感じ。少し青々しいタッチもある。ブドウはブドウでも赤じゃなくて白いブドウだね。セメダイン香のトーンはほんのり明るめで甘やか。

 うん、雄町80の方が遥かに旨いです

 ガスも雄町より全然弱いし、開けるときのプシュ〜からして少し心配だったんだけど、うん、あんま良くない。最後、オレの嫌いな水っぽい苦みがある。ちゃんと発酵してない感じだな。酸もキッカリ出てないような気がする。全体には十分に「風の森を飲んでる」感じはするけど、味も出てないよ、全然。なんか炭酸の抜けた甘くないサイダーみたい。

 これは開けるタイミングの問題じゃないよ。仮に3ヶ月とか半年とか引っ張っても、こういう酒質の場合、特に酒が育ったりはしないと思う。そこまで元気じゃないんだよ、酒が。なんか疲れてる (笑) 。明日は甘苦いシロップになるな、たぶん。

 27BYは買わなくていいよ〜

 冷たいと誤魔化せるけど、温度が上がってくるとダメ。よく言えば「清涼感のある酒質」──悪く言えば「爽やかなだけで退屈な酒質」──客観的に言えば「飲んだ瞬間の感動の薄い風の森」──そういうことじゃないかな。酸が出てないね。だから甘さも少し泳いじゃうし、最後も渋みがないから、水っぽく苦くなっちゃう。

 不味いかと言われるとそこまででもないけど、最初から求めてるものが大きい銘柄だからね。この程度じゃ満足はしないでしょ。簡単に言うと、ハズレです




── 2日目。


 昨日は少し厳しいこと書いちゃったけど、さて、今日はどうだろう。



kazenomori_ikakitori_yamada80_27by4.jpg
 ▲必ずしもNonではないが、買わなくってもよかった程度にはNon。



 酸の伸びは増してるな。雄町なんかと比べると青いニュアンスだけど。香りそのものはキレイなんだよ。風の森としては爽やかで清々しいタッチ。バニラリーなクリーミイさにおいては少し見劣りするけど、ラベルカラーを香りが体現してる感じだよ。

 うん、やっぱハズレだと思う

 最初の一口目は一瞬「いいかも?」と思える時間帯もあるんだけど、やっぱ最後がベチャっと苦い。甘みも全然膨らまない。飲む前の香りはいいんだけどね。まるで化粧を取ったらエラいブスでした状態──もしくは抱いてみたら意外に退屈だったみたいな。

 普通、風の森って、温度が上がってくると甘みがふくよかになって、それこそ熟れたフルーツみたいに旨みがファットに膨らむはずなんだけど、これはダメね。アフターにボワ〜ンとした煙のような、湯気のようなアルコール感が浮いて来ちゃう。これ、お燗にしたらかなり辛くなると思うよ。

 雄町80とは異なり、昨日よりも良くないよ。ていうか、飲んでて「こりゃうめえ!」と感じる時間帯が全くないもの。鷹長よろしくギャグみたいに酸っぱいとか、そういうカマってちゃんな味や香りがあれば、「旨い/不味い」は別にしてワイワイ楽しめるんだけど、これはホント退屈な酒。銘酒としての輪郭を一応は残してる分、逆にバランスの崩れをより一層意識してしまうというか、素直に楽しめないんだよ。鍋島とか而今なんかもそうだけど、MAX旨い状態を常に求めちゃうから、そこに至らないと、途端にどうでもいい酒に思えて来ちゃう。

 ある意味、これは実力銘柄の勲章じゃないの?

 オレの買ったロットがハズレだった可能性もあるけど、一部のオタや物好き以外は、素直に雄町80にしとけと、そう言っておく。




moukan1972♂






日本酒 風の森 鷹長 メガネと酒

Comment

Add your comment