ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「新年あけましておめでとございます。」#米鶴/冩樂/黒澤/八海山/MIYASAKA (みやさか/真澄) /2020年の意気込み等 




 新年あけましておめでとございます。


 ちょっと前に買っていた「米鶴」と「冩樂」もついでに。今年は〝いちいち新酒を味見するようなこと〟は致しません - すでに買ってある酒の場合は「推定飲み頃時期」に開栓する、 - いつでも買えそうな酒はその時期にまで売れ残っていたら拾う──そういうスタンスで行けたら、と思ってます。

 つまり、もはや「アタリ瓶を買い逃すかもしれないことへのオブセッション (強迫観念) 」は一切ヌワイということです。日本酒に関しては、世のマニア連中が及びもつかないレベルの旨い酒を自分で育ててもうさんざ飲んだし、それにセラーには旨そうな酒がワンサカ待機しているし──というわけです。

 もちろん、それら以上の日本酒が此の世のどこかに隠れているであろうことは、この広い宇宙のどこかに我々ホモサピエンスのような知的生命体が必ず存在しているということを疑いもなく信じれるのと同様に夢見ているけれど、もうオレにはそれらが一体どこにあるのか、皆目見当もつかない。

 捜す手立てがヌワイ以上、捜し求めても、生姜はあるけれどショウガナイというわけです。これはさんざ書いて来たことだけど、日本酒は、 - 旨い酒の入手方法に関して金で解決できない、 - 仮に旨い酒を引いても〝アペラシオン買い〟ができない──コレに尽きます。①も相当にシビアな状況だけど、②は更にシビアで、たとえば「あべ ☆シリーズ “REGULUS” 」が旨いと思っても、生産地や品種を頼りに似たような味わいの酒を捜すことができないわけで、御当地グルメの「富士宮焼きそば」や「喜多方ラーメン」における店舗ごとの味クラーヴェは誰にとっても容易であっても、REGULUS味の酒のそれは、容易どころか、それ相当のマニアであっても不可能レベルに困難というわけです。

 この、様々な味わいの酒がテロワールという概念に縛られることなく無差別に並べられているという自由さこそが日本酒最大のアドバンテージだと思っていた時期が、確かにオレにもあった。だがしかし、一度〝本当に旨い酒〟を知ってしまうと、もう後が大変だ。それらと並ぶ──もしくはそれらを超える酒を捜し出すことが、絶望的なまでに困難になるからだ。



202-_1_1Chenin_Blanc.jpeg



 というわけDE、2020年は、もうこの手の絶望の種とはシリアスに向き合わないことを目標にしたいと思います。酒で言えば、今年は「Chenin Blanc (シュナン・ブラン) 」という白ブドウ品種を深掘りすることを一昨日 (トンデモナイ白に出会って) 決めましたので、日本酒への比重を下げないと、泡や赤を飲む回数を確保できないんですよ。



2019_12_31転入生1




ტ 本日までの転入生


◤米鶴 生酛 純米大吟醸 一度火入「なめろうLOVER」2018BY <山形>
◤冩樂 純米酒 一回火入 2018BY <福島>
◤黒澤 生酛 純米「Type 7」仕込16 直汲み生原酒 2019BY <長野>
◤黒澤 生酛 純米「Type 9」仕込17 直汲み生原酒 2019BY <長野>
◤黒澤 生酛 純米大吟醸 金紋錦 2018BY <長野>
◤八海山 特別本醸造 2018BY <新潟>
◤MIYASAKA (みやさか) 純米吟醸 美山錦 2018BY <長野>



2019_12_31転入生3 米鶴 (よねつる) の「なめろうLOVER」はウソかホントか〝なめろうに合う味わいをイメージして〟醸されたという商品 (笑) 。出羽燦々50の生酛一回火入れ。特に期待はしてヌワイ。

 冩樂 (しゃらく) の「純米」は通年の「一回火入れヴァージョン」です。一緒に拾った「なごしざけ」はRSだと渋くて苦いのでレンジ燗にして飲んでます。残り1合くらいだけど、徐々に香りも開いて来て、なんか甘酸っぱさも顔を出して来た。なんとか捨てずに飲み切れそう。

2019_12_31転入生2 黒澤 (くろさわ) の両タイプは4年連続。ジャストな飲み頃で開けるのが意外に難しい酒なんだけど、これまでの経験だと、おそらく4〜6月の2ヶ月のどこかで最初のピークが訪れるはずなので、今時期の味見はせず、そこで720mlを開ける。

 生酛純米大吟醸 (2018) の数値が少し振り切れていて、この日本酒度だと、酸度は「2.4以上」は必要な気もするけど、さてどうか。



2019_12_31転入生4



 八海山 (はっかいさん) は保険。今夜、日本酒 (冩樂か米鶴) を開けるので、もしもハズレだったら、明日 (寿司を食いに) 実家に顔を出すmoukan1973♀にはコレを持たせる。「11月28日」出荷の瓶なので、酒米は「2019BY」なのかな。

 MIYASAKA (みやさか=真澄のモダンライン) は通年商品の「美山錦」の一回火入れ。ALC.15%だから加水してるのかな。むしろ「寿司」ならコッチか?

 というわけDEチヨメン (篠峯・ろくまる・櫛羅) へのエントリーは今時期は行いません。適当なタイミングでドカっとまとめて買う予定です。買い逃したら買い逃したで別に。

 それでは皆さま、酔いお正月を。


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 米鶴 冩樂 黒澤 八海山 MIYASAKA 真澄

Comment

Add your comment