もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) DOC Sicilia「Chardonnay」2018 




2019_12_10Feudo_Arancio9440.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 Feudo Arancio (フェウド・アランチョ) は、イタリアはシチリア州のトレンティーノに拠点を置く「Mezzacorona (メッツァコロナ) 」グループ (※1904年に創業、グループ全体でイタリア国内第6位の規模を持つ) が2001年に新天地を求めて新たに創業した旨安ワイナリーですね。




 photo: イタリアワイン専門店 トスカニー



 この「な品種違いシリーズ」はそのへんのスーパーや酒屋でもよく見掛け、しかも値段が1,000円前後とアホ安ながら、そのクオリティはデイリーユースのカジュアル・ワインとしては十分過ぎるほどハイレベルです。例えば「花見」みたいな気軽な場に持ち込むなら、チリのCono Sur (コノスル) よりも断然オススメです。

 ここまで来たら「全制覇!」というわけで、楽天最安値 (915円) のフェリシティーで「Chardonnay (シャルドネ/白) 」「Grillo (グリッロ/白) 」「Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン/赤) 」「Syrah (シラー/赤) 」「Rosato (ロゼ) 」と、少し高い (1,408円)「Cantodoro (カントドーロ/ネロ・ダーヴォラ主体の赤) 」を一気に取り寄せました。



2019_12_10Feudo_Arancio9451.jpg





◤フェウド・アランチョ DOCシチリア「シャルドネ」2018915 円

Tag Link



2019_12_10Feudo_Arancio9459.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。イタリアの白らしい、コクのあるアプリコットやソアーヴェっぽい甘香ばしいアップルパイやハチミツ感もある。正直、まるで期待してなかったので、この段階では割りとヨサーゲ。少し青梅ライクな酸も感じるので、甘すぎるということはなさそう。

 グラスに注いで──グイっと一段階フローラル。徐々に「どうしてオマエは毎度そうなる!?」と言わんばかりにイタリアンなアロマに (笑) 。



2019_12_10Feudo_Arancio9540.jpg
 ▲今まで神木くんのことはよく知らなかったんだけど、今回の一連の番宣で、想像を超えてガキ臭くオモロイ奴ということを知った。「女心がわからない (女子は男子をどう思っている!) 」と本気で熱く語るあたりも中学生ノリで──恋愛指南書とか雑誌のモテテク特集とか普通に読んでそうで──ウケる。さすが芸歴24年の大ベテラン。いろいろとピュアに拗らせてる (笑) 。

2019_12_10Feudo_Arancio9543.jpg
2019_12_10Feudo_Arancio9547.jpg



 この値段で「旨すぎる」ということはヌワイだろうけど──。

 1,800円なら微妙だが1,000円なら文句は言えないレベルのシャルドネ。さすがに果実味の濃さを楽しむようなワインではなく、何となくシャルドネの面影を感じながら、程良い塩気と苦みに包まれたミネラルの幻影を追う味筋。僅かに香ばしいタッチもあるので、後で調べたら──「醗酵:100%ステンレスタンク、熟成:15%オーク樽6ヶ月 (225L、新樽15%、アメリカ産) 、85%ステンレスタンク6ヶ月/瓶3カ月」──ということで、この値段の割にはそこそこ手間が掛かってました。



2019_12_10Feudo_Arancio9549.jpg



 やや〝サイゼリヤの想ひ出〟にコネクトする瞬間もそれなりにはあるけれど、まあ、こんなもんか。日頃これの5~6倍のシャルドネ・ワイン (シャンパーニュ) を飲んでるので、そこと比較する気はアリマセシェン。少なくとも2,000円のブルゴーニュ白を飲んで微妙な気持ちになるよりは綾瀬はるかにマシですね。薄いながらも、時折ギラっとテロっとコクみ豊かに粘度をまき散らすところが「The イタリアワイン」ということです。

 しかし、やはり「Chardonnay (シャルドネ) 」は鬼門。スティルワインの場合、最低でも3,000〜4,000円くらいは用意しないと、まず楽しめないし、適当に買ってアタリが頻発するようになるのは6,000円を超えてから。「だったらシャンパン買うよ」ということになりますよね。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


シチリア Feudo_Arancio イタリア白 浜辺美波

Comment

Add your comment