もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Domaine Bruno Clair (ブリュノ・クレール) AOC Chambolle-Musigny「Les Véroilles」2013 




2019_12_7Bruno_Clair9271.jpg
 ▲英語表記にすると微妙 (笑) 。[TVer - アナザースカイII]※12月13日 (金) 23:44 配信終了

 ▼「6本3万コース」だと、だいたい税込43,000〜45,000円分くらいのセットになる。部分的なリクエスト (商品指定) も可能。今だと「新春福袋」の方がバリエが多い。

2019_4_4ウメムラ6本set6946





 毎度アクセスありがとうございます。


 いつだったかの「ウメムラの3万コース・ブルゴーニュ6本」の中の「お任せボトル」です。ここのセットは、常識の範囲内であれば、自ら指定 (リクエスト) もできるので、たとえば1本10,000円以上する欲しいワインがあって、それだけ単品で買うのはどうも気が引けるという場合、その1本をリクエストして、残りの5本を「お任せ」にすると、3万コースだとトータルで税込43,000〜45,000円分くらいにはなるので、残りの33,000〜35,000円で5本ということになり、平均すると7,000円前後のワインが詰められて、結局、それでも簡単には開けられないワインばかりという状況になります (笑) 。

 なので、何ならもっとメリハリを付けて「豪華一点主義」で攻めてみるのもアリ。20,000円のワインをリクエストして、残りは3,000円くらいの標準ワインを5本みたいな。




Bourgogne_Chambolle-Musigny_map1.jpg
 photo: bourgogne-wines.jp



 村名ワインのくせに随分と素敵な値段じゃないか──と思っていたら、グラン・クリュ「Les Bonnes-Mares (レ・ボンヌ・マール) 」のお隣さん「Les Véroilles (レ・ヴェロワイユ) 」の単一畑モノということで、それで高いみたいです。

 あと3〜4年ほど寝かせても良かった気がするけど、まあ普通には美味しかったです。



2019_12_7Bruno_Clair9327.jpg





◤ドメーヌ・ブリュノ・クレール AOCシャンボール・ミュジニー「レ・ヴェロワイユ」201310,098 円

Tag Link



2019_12_7Bruno_Clair9360.jpg



 誤って「下書き」を消しちゃったな。アナスカを観ながらだったから、マトモには書いてないけど。

 立ち香──まずは開けたての瓶口から。そこまで派手な芳香はヌワイです。どちらかと言うと、静かに湿った感じ (笑) 。土や草に覆われつつ、細い線で描かれた精緻で小さな果実のデッサンが、ただ静かにそこに佇んでいる雰囲気。

 グラスに注いで──徐々にフローラルな表情を見せつつ、割りとカチっと樽香のアタックは強め。しなやかな中にも一定の緊張感があるあたりが高級ワインたる所以か。



2019_12_7Bruno_Clair9369.jpg



 というわけDE、土日に分けて飲んでますが、初日の写真はありません。タマタマなのかヒツゼンなのか、ちょうど先日飲んだ「Frédéric Magnien Chambolle-Musigny 2013」と同様の〝芯のある強さ〟を感じる。ややオレには硬直気味に感じるんだけど、これを〝張り詰めたエレガンス〟と言うのなら、あっそう、としか言えない (笑) 。

 まあ、問題なく旨いですよ──値段さえ見なければ。酒もある程度のラインまでイクと、単純に味が値段に比例しなくなる──「3,000円のワインが1,500円のより倍旨いことはあっても6,000円のワインが3,000円のより倍旨いということにはならない」──ということは、よぉーく理解してるつもりだけど、うーん、単純にFrédéric Magnienの倍かあ。

 まあ、深夜に夫婦でアナスカ美波ちゃん回を観ながら飲むにはコイサーのワインだった──ということに今回はしておこう。翌日は残りのJTBうなぎに合わせて飲んだけど、イイ方向で甘やか&フルーティーに感じたな。一般的に言われてることだけど、うなピノはお薦めのマリアージュなので、機会があれば是非。

 しかし、今こうして書いていると、どうにも飲みたくなるのがシャンパーニュとピノ・ノワールだな (笑) 。今月はワインを少し買い過ぎたので、たぶん日本酒の新酒はしばらく買わない。飲みたい酒が家に山ほどあるのに、わざわざ当たりにイク必要もないわけで。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ウメムラお任せ赤 Bruno_Clair ブルゴーニュ赤 シャンボール・ミュジニー 浜辺美波

Comment

Add your comment