もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤メガネ警察 - EYEWEAR PATROL -oo10- d۝۝b「テカテカツルツルの黒縁に金パーツの丸メガネ、街で日に何度も掛けてる人を見るけれど、未だに似合ってる人に出会ったことは一度もナシ」 




 っアヤッてまフかァーーーっ!(流行ってますかーーーっ!)

 みんなが掛ければ、恐怖も消える。
 やめとけッ!

 1、2、3、ダサァァァーーーいっ!




アントニオ猪木2
 original photo: The Huffington Post



 d◎◎bメガネ警察とは、主に芸能人やモデルやハリウッドスターや過去の偉人たちにおける、顔とメガネのコンビネーションについて、慈善行為の観点から勝手にアドバイスしたり、賞賛したりする、単なる私的なメガネ・レビューの総称です。

 ▶︎About メガネ警察
 http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-123.html
 ▶︎THEO meets Matali Crasset "WIDE OPEN"
 https://www.theo.be/ja/collections/theo-plus-matali-crasset





【EYEWEAR PATROL -oo10-】向井理 (俳優・34歳)

▪︎周囲に流され自分に似合ってないメガネを掛けてしまう初心者特有の悲哀。


Moukan's tag:




 ▼Clickで全ての写真が拡大▼
メガネ警察_向井理2メガネ警察_向井理1


 ▼金曜ドラマ『神の舌を持つ男』より
メガネ警察_向井理3 とあるTV番組内で「ドラマでメガネをいつも掛けていたら、普段素顔でいるのが恥ずかしく感じるようになってしまって、今まであまりメガネを掛けたことはなかったんですが、最近ではドラマ以外でもメガネを掛けるようになってしまいました」というような趣旨のことを語っていた向井くん。この言葉を真に受けるなら、彼はメガネ初心者ということなんでしょう。

 悪いのは取り巻きのスタッフ──つまり無能でノーセンスなスタイリスト連中ということになります──もしくは「衣装協力」という形で業界にダサい自社メガネを捻じ込んできた、ある意味で有能な──だがしかしメガネ偏差値的には笑っちゃうくらいヘボな広報担当者ということになる。

 決して信じてもらえないだろうけど、こんなオレだって、極々稀に悩んだり内省したりすることはある。そんなオレの切なる吐露──これ、本当にイケてるの?──という疑問。

 ま、ドラマの小道具としてデッカイ眼鏡を当てがって、コミカルなの?──よくわからんけど、まあいいさ、デカくて丸ければコミカルという、その記号的で思考停止気味のセンスがスタイリストとしての限界と哀愁感を指し示している事実については、わかった、この際、オレなりの聖なる優しさで一旦保留するとしようじゃないか。

 で、何がしたいの?──このイケメン捕まえて

 いいんだよ別に、ドラマの小道具なんでしょ? でもさ、彼ってば、すっかりデカ丸メガネは正義だと勘違いしちゃってるじゃん。ドラマを離れても、プライベートで黒縁金パーツのダサダサ眼鏡を掛けちゃってるよ。どうせ誰かが仕込んだんだろーよ。ああ、可哀想。おい、周囲の関係者ども! メガネ初心者に恥をかかせるなよ。責任取れよ、マジで。

 巷でヘドが出るほどよく見かけるこのタイプのメガネ──そもそも誰も似合ってないんですけど (笑) !



 ▼サイズはともかく、このあまりにも絶望的な異物感。
メガネ警察_宮迫博之
 あのね、このメガネはね、いわゆる「CLASSICタイプ」なんだけど、ビシっとスーツで決めた大人の男がダンディーにキメるという前提で成り立つデザインなの。だからね、普段着で突飛に掛けても全然似合わないしダサいだけだから、せめてここを見てる人は絶対に掛けちゃダメ。特に向井くんはサイズも合ってないし、格好にも合ってないし、そもそも似合ってすらいないし、カッコよくも可愛くもないし、つうか、なんでそんなにこのメガネが好きなの

 強いて言えば、まあ、ゲスの極み乙女。の休日課長は似合ってるっちゃ似合ってる (笑) 。このことについてはいずれ書く予定ですが、失礼を覚悟で言えば、この手の丸、もしくは丸っこいボストンタイプのメガネは、男女を問わず、容姿で他人を圧することのできない人の方が似合うんです



 ▼突飛な感じもなく、自然にフィットしてます。




 宮迫氏と休日課長、見比べればどっちのコンビネーションが気持ちいいか明白でしょ? 要は「どっちが自然か」という話なんです。

 この手のメガネが似合うと言えば、あとは普通のおじさんね。お天気の森田さんなんかも、お世辞抜きでスゲえ似合ってます (笑) 。軽く画像検索したら、この人、いろんなメガネを持ってますね。最近はもっぱらこの形ですが、タレ目の森田さんには無理なく自然に収まってます。ミリ単位で少し大きい感じもしますが、まあ、ギリ許容範囲でしょう。


メガネ警察_堂本剛1 流行という珍現象の中で、しばしばオーバーサイズが引き起こす悲劇というのは、これまでにも何度も繰り返されてきた──ねえ剛くん、それわざとでしょ? わざとだよね? お願いだからそうだと言って!

 だけど、正しくないサイズは、必ず短い期間の根拠なき享受を経て、すぐに廃れ、目を覆いたくなるような黒歴史という沈殿物に成り下がる。悲しいけど、これは事実。

 それでもオレの言ってることが信じられないというなら、黙って下の動画を観てみろよ。こんなものだって、当時は誰一人疑いなく受け入れてたんだから。マジかよ。もはやギャグ以外の効能を何も見つけることができないんだけど。


 ▼57秒からの原田芳雄の肩パットに注目。誰もが我が目を疑います。
 
  (ドラマ『親にはナイショで…』<1986年>より)


 ▼伝説級の肩パット。ある意味、シュールの極みです。



 ▼オリジナル。




 だからいつも言ってるけど、サイズ感のおかしいメガネだけは絶対に掛けちゃダメ! オレがおじさんでアナタが若者で、それゆえの価値観や審美眼における世代間格差という話で片付けようとしちゃダメよ。こちとらメガネ上級者やで。そもそもアナタだって、鏡に映った自分を見てそこまでイケてるとは思ってないでしょうが。でも、メガネそれ自体は流行りのデザインだから、なんとなく安心──違う、ただの思考停止という放棄──を手にしているだけ。だから、マジでやめとけ。このタイプのメガネは2〜3年後には廃れて、掛けていたことがどうしようもなく恥ずかしくなるだけだから──まるで原田芳雄の肩パットのように。



 ▶︎Original Page (梵 - 純米大吟醸 山田錦50 中取り 無濾過生原酒 26BY)
 http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-291.html


moukan1972♂




👓 関連サイト

リュネット・ジュラ

dಠಠb「我々夫婦が日頃お世話になってるメガネ屋。Hand-Madeのヨーロッパ産のメガネが大集結。特にTRACTION PRODUCTIONSやTHEOの在庫は圧倒的。」



メガネ警察

Comment

Add your comment